父のこと。

退院が伸びてます(>_<)

前回と同じく、月曜日に抗がん剤の点滴を受けて退院する予定だったのですが、
2リットル抜いてもなお腹水でお腹がはってしまい、追加で1リットル抜くことに。
毎回針を刺すわけにはいかないので、父のお腹には針が刺しっぱになってるのですが、
感染症の恐れがあるので、ホントは早くふさぎたいのですけど、
なかなかそうもいかないようで…。

はいてきた靴がはけないほど、足がパンパンにむくみ、
口からの食事も吐き気のせいで思うようにいかず、
さらには熱も出てしまい、退院の日が決まりません(-"-)

病院にいればいるほど父が痩せていくので、看病する母は影で泣いてばかり。
今日母は「私に何かあっては一大事!」と人間ドッグへ行きました。
検査結果が問題なしでありますように。

母が「喪服の半そでは持っているのか」と聞いてきました。
長袖はあるけど、半袖はない、と答えると、「私のお古があるから着てみなさい」とのこと。
(ヤバめでしたか何とか着れました)
「喪服があるのか?」と聞かれたこともショックでしたが、
「半袖はあるのか?」と聞かれたことの方が大ショックでした。
聞いた母の気持ちを考えると、もっといたたまれませんが…。

明日、ダンナさんは広島へお義母さんのお見舞いに行きますが、
祖母に「広島に行かないなら、喪服を買いたいからお店に連れて行ってくれ」と頼まれました。
「kyonmoは色々と働いてもらわなきゃいけないから、
サイズの合わないお古じゃなくて、半袖喪服の1着くらい準備しなさい」とも言われ。
半袖の季節のうちに葬式があることが決定のようになっている現状が嫌になりました。

これが半袖の季節じゃなくて10年後でも。
亡くなるのが父じゃなくて祖父母であっても。
確かに要となるのは母と私なので、準備はしておかなきゃいけないのですがね。
葬式マニュアルなどをみて、手続きやら費用などを調べると、
手続きその他はなんとも面倒で、莫大なお金が必要なのですね(-"-)
結婚式の時にも思いましたけど、こういう産業に進出した人の着眼点はスゴイと思います。

私が死んだら。
勝手に成仏するので、とりあえず焼いて骨はどこかに処分してくれさえすれば、
坊主の読経も無駄な祭壇やセレモニーもなにひとついらないよと、思いました。
どうせ死んでるのに、お金かけられても…。
お金は生きてる人が使うからこそ意味があるのであって(相続税ってが難点ですが)、
死人にお金を掛けまくってどうする?と罰あたりなことを考えてしまいます。

世間体とかいろいろありますけどね。
なんだかんだいって、寺・業者の儲けに手を貸すだけなのですから。
立派な墓に入れて、高い戒名つけないと悪霊になるって誰が決めたのさ。

というわけで、私の葬儀にはお金をかけてほしくないというお話でした。
祖父母・父母の時にどうするかは、分かりません。
とりあえず業者その他の言いなりにはなるまい。

っていうか、葬式なんてまだまだ先でいいです。
[PR]

by kyonmo | 2009-07-08 17:35 | シゴト | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kyonmo.exblog.jp/tb/8591290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by asuka_ibuki at 2009-07-08 23:55
喪服・・・ですか。そういえば 私も父の時に きちんとした喪服を
買い揃えましたね・・・。私が32歳でしたょ。
うちは母が ちと困ったちゃんなので 私が葬儀一切を取り仕切った
んですけど そりゃもう大変でしたょ~!
泣く間もなく 財布も心も空っぽになったです。
私も 自分の葬式にはお金をかけず 家でしてほしいって言って
あります・・・家族のみに送ってもらったらそれでいいと^^
ちなみに墓には入れるなとも・・・姑と同じ墓なんてイヤだぁ~!
なのですょ( ・ˇノ_ˇ・ )ヒソヒソ  海に散骨希望なのです^^v
喪服はお父様の時にって感じじゃなく 必要なんだという気持ちで
いましょ^^ 帰ってきた時のことを 今は考えたいですものね^^
Commented by thepugetsound at 2009-07-09 14:03
あれは本当に大変です!
母が亡くなった時、葬儀屋さんが色々と教えてくれたんだけど
「お葬式って言ってもただの儀式だから、このマニュアルに
書いてあることを全てやらなくちゃいけないってワケじゃない
ですから」って言ってたわりに、
私が「湯灌はいらないのでは?」と言うと、
「最期はキレイな身体でお化粧をして旅立たせてあげるものです!」って言ったり、お花の数を最低限に抑えようかなと
言うと、「お花が少ないと葬儀がとても寂しく感じる!」
なんて言われちゃったので、カチンときて「なんだ。このマニュアルのほとんどはやらなくちゃいけないんですねっ」
と思わず言い放った記憶があります。
家族の葬式をあげた事のある人達は、
「自分が死んでも、葬式はあげなくていい」
と言うでしょうねー。私も強くそう思ったもの。
Commented by kyonmo at 2009-07-11 12:16
>asukaさん 私も10年前に「いつ必要になってもおかしくないから」と母に言われ、
喪服を買ったのですが、さ、サイズが…(爆)
で、2年前に突然友達が亡くなった時には母の喪服を借りたんですが、
それは冬用だったもので。
私も散骨希望です。海でも山でも川でもいいです。
火葬は必要でしょうけど、葬儀にお金をかけるってのが嫌で嫌で。
結婚式もお金かけたくなかったのに、見栄っ張りの両家の親のせいで、
まさに定番!的な式をする羽目になっちゃったし(T_T)
悲しみに暮れたい時に、変に金だなんだと心を痛めたくないものです。
Commented by kyonmo at 2009-07-11 12:20
>shokoさん ヤツらも商売ですからねぇ。
なんでも付けて、1円でも多く売り上げようって魂胆なんでしょうね(>_<)
とはいえ、イチから全部自分たちで用意するのも無理だし…。
でも交渉でダンナがキレるのは今から想像できますよ。
ヘタに大騒ぎしないよう、気をつけなきゃです(^^ゞ