2017年 08月 08日 ( 1 )

鷹匠体験をする。

旦那さんがチケットをもらってきてくれたので、
今日は動物園に行ってきました。

といっても、デパートのイベントスペースに作られた、
小さな出張動物園なんですけどね。

我が辺境の地には、動物園も遊園地も水族館もございませんから(-_-)

この動物園は、「白い動物」ばかりを集めたもので、
ウサギ、ヒツジ、ヤギといった、おなじみのものから、
白いヤマアラシ、白いクジャク、白いフクロウなど、珍しい動物にも会えました。

スタッフのおばさんが、白ヤマアラシの珍しさをガンガン語っていたけど、
ヤマアラシは横になってお休み中だったので、残念ながら、そのすごさが分かりませんでした。
でも、
a0105396_00514564.jpg
白いクジャクは美しかった(*´▽`*)
羽を広げた姿も見たかったなあ~。

この動物園には、珍しい動物と一緒に写真を撮ろうというコーナーがあり、
私が行った時間帯は、「ハリスホーク」と一緒に写真が撮れる時だったので、
お言葉に甘えて、お願いしました。
a0105396_00520336.jpg
ハリスホークのリンちゃんです。
思ったより軽かった!毛も柔らかくてふわふわだった!
そして、カメラ目線が完璧(^◇^)

すごいなあ。
顔に賢いって書いてあるよ。

数分ですが、鷹匠の気分を味わえました。


私がリンちゃんに心を奪われているころ、
鷹が怖くて近寄れなかった旦那さんは、
a0105396_00521532.jpg
ひよこのふれ合いコーナーにいました。
鷹もいいけど、ヒヨコもいいね!
a0105396_00522729.jpg
旦那さんの手にすり寄っていくヒヨコ。
なぜ、旦那さんは動物にすぐ好かれるんだろう?

と思っていたら、
手を伸ばしたら、私にも寄ってきてくれました、ヒヨコ☆


私たち以外にも、小さな子供が数人、ひよこに群がっていましたが、
手に乗せたヒヨコを「かわいー!」と言っては、ポイッ!を繰り返していて、
「こんなに小さくてか弱い生き物を投げるな!」
と、私がその幼児をぶん投げたくなりました。

いったい、親は何をしているんだ。
スタッフもちゃんと指導してから、触らせればいいのに。

と、心の中で叫びました。
これでも一応、愛玩動物飼養管理士なので。

でも、動物愛護の精神から見たら、
そもそも動物園自体、虐待だよなあ・・・。

[PR]

by kyonmo | 2017-08-08 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)