2017年 09月 01日 ( 2 )

エルと肥満細胞腫。4

エル、無事生還いたしました!
さすがエル。
珍しく麻酔に強いパグ。
きっと、そらさんが守ってくれたんだ(*^^)v

16時に容態確認の電話をしたところ、
看護師さんもビックリの覚醒で、意識もしっかりしているので、
18時に迎えに来てください、とのこと。

迎えに行ったら、
先生が
「場所が良かったので、しっかり切り取れました。」
「かなり傷が大きくなってますが、しっかり縫ってあるから。」
と、傷が大きいことをしきりにおっしゃるので、どんなものかと思ったら、
a0105396_10154268.jpg
想像以上だった\(゜ロ\)(/ロ゜)/


これは帰宅してから撮った写真なので、右下にそらまめが飛んでますが、
お気になさらずに。

a0105396_10155559.jpg
「たった1cmの腫瘍を取るのに、こんなに切るの!?」
と、旦那さんが大ショックを受けています。

広く切っただけでなく、深く切っていて、
ちょうど腫瘍の真下が、肩のナントカ筋の端だったので、そこまで取り除いたとのこと。
筋肉を突き破って、その下の臓器まで根が伸びてる感じはなかったそうです。

あとは、検査結果待ち。


パグは鼻が短いので、この位置の傷は舐めれません。
だから、エリザベスはなし(^^♪
でも、服は着ておかないと、かゆくて後ろ足でガシガシ蹴っちゃうから、要注意。


約1時間おきに酷くえづいてゲボゲボ言ってますが、食欲もあるし、
足がふらつきながらも、21時に夕食をペロッと間食したので、ホッとしました。

1週間後に抜糸ですが、
それまではお散歩禁止。

がんばれエル(*^^*)

[PR]

by kyonmo | 2017-09-01 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

エルと肥満細胞腫。3

今日はエルの手術の日です。

朝から、
自分だけ朝ごはんが水だったので、超不機嫌なエル。

そらまめ&こんぶは、トリミングに行ったのに、
自分だけ車から出してもらえず、さらに不機嫌に。

でも、
動物病院の周辺を好きなだけクンクンしたら、
a0105396_09560703.jpg
ゴキゲンになりました(^^♪

ステロイドを飲んだけど、腫瘍は全然小さくならなくて、
ガッツリ切り取ることになる、とのこと。

可能な限り広く切って、
再発が起きないようにしてください。


内臓に転移してないかどうか、
レントゲンとかエコーとか、してくれるのかなと思ってたけど、
それなりの大きさにならないと見えないから、今日はやらないとのこと。

「それなりの大きさ」になってしまったら、手遅れなんじゃないだろうか・・・。

肝臓に転移したとしても、血液検査とかでは発見できないっていうし、
腫瘍マーカーは、犬には実用化されてないっていうし、
じゃあ、手遅れにならないうちに、内臓への転移を調べるのは、どうしたら?



とにかく、
切り取った皮膚のふちに、残念ながら顆粒が発見されたら、
抗がん剤で戦っていくことになる、とのことでした。

抗がん剤・・・。


いや、エルは強い子だから、
たぶん、ふちまで顆粒は飛んでない!

と、根拠のないことを心に言い聞かせながら、病院を出ました。


術後着用に、袖の長い薄手の服を用意しておいて、と言われたので、
ペットショップに行き、
長袖、7分袖、半袖と3枚購入。
我が家にある袖有の服は、冬用ばっかりだから。

暑さの盛りを超えたとはいえ、まだ日中はエアコン必須な室温なので、
新エアコンにしておいて本当に良かった。

薄手とはいえ、服着たら暑いしね。
パグだし。


帰宅して、
パグ部屋を大掃除して、
そらまめ&こんぶを迎えに行って、
と、バタバタしていたら、あっという間に夕方になりました。

急変を知らせる電話は、ありません。

[PR]

by kyonmo | 2017-09-01 16:00 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)