するでしょ。

日常生活でも、お芝居するときって多々あり。

でも、舞台に立つお芝居って、
もう何とも言えない快感の経験なんですよ。。。

辺境の地なので、演劇環境はホントに悪くて、
見るにもやるにも適してない。

あえて飛び込んでいけないのは・・・。
楽しかった過去が現実の厳しさにツブサレナイヨウニ。

お芝居、やりたいんだけどなあ。
[PR]

# by kyonmo | 2007-08-20 11:40 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

人生いろいろ

家を建てたので、シゴトを辞めました。。。矛盾してるし。

現在、ある意味大きなシゴトを抱えてるため、
社会から離れています。

ダンナさんにはホントに苦労をかけているとオモイマス。。。

前のシゴトは365日働くシゴトでした。
いろいろあって、ほんとにいろいろあって、
ちょっと人間不信になりそうでした。

その前のシゴトでも、人というものの裏を見続けました。
そんなシゴトに縁があるようデス。

いや、シゴトって全部そうなんだろうね。
[PR]

# by kyonmo | 2007-08-20 11:31 | シゴト | Trackback | Comments(0)

まんが文化万歳!

まんがとアニメ、日本で生きる上で得したジャンル。

基本的に小説もまんがも映画も、怖いものが大好きです。ふふ。
子どもが生まれたら、見せたくないブツが山ほどありです。。。
世の中のお父さん、お母さん、
ジャンルの違いはあれど、そーゆーの、どうやって隠してるンデショ。

辺境の地に住んでるので、本の発売が遅れます。
ゲームも注文しないとありません。
映画もこっちではしないものの方が多いでしょう。
民放3局しかないし・・・。

東京行くより韓国行く方が近いもんね。

そういう面だけ都会ってイイナ・・・絶対住まんけど。
きれいな空気と水があるとこでしか、いきられないのサ。マジデ。
[PR]

# by kyonmo | 2007-08-20 11:23 | まんが  とか | Trackback | Comments(0)

げーむ、好き?

私はげーむ好きです。
げーまーぢゃありません。
好きジャンルが限られているから。

昔、私の大好きな「ししょー」が、
そのようにげーまーを否定してまシタ。

基本的に赤い三角まーくがついたげーむしかしません。。
バイオハザードや鬼武者とか。
カプコンさまさまです。。。

ホラーと謎ときがあれば、寝食すてて取り組みマス。
かまいたちの夜、次はいつ出るの???

いつか事件を起こすのでは、と周りからは心配されてます(T_T)
[PR]

# by kyonmo | 2007-08-20 11:12 | げーむ | Trackback | Comments(0)

きょんは家猫

きょんは完全家猫です。
一歩たりとも外へは出しません。

昔は脱走を企てたりしましたが、
今では厳重な設備・警護がそれを許しません。。

きょんはいろんな病気にかかりました。
100匹中1匹かかるかかからないかの病気もしました。

外は病原菌だらけなのです。
土を踏むだけで、感染するかもです。
病院嫌いの彼女に、病気になることは耐えられません。
年1回のワクチン接種も・・・そりゃあ戦いです。

狭い家に閉じ込めるんだから、と考えた結果、
きょんのために新しく家を建てることにしました。
休まず働き、お金をため、先月完成しましたよ、きょんの家。

この子は天国へ旅立つ日まで、
ずっと。
ずう~~っと。
この家だけが、世界のすべて。
a0105396_10591289.jpg

[PR]

# by kyonmo | 2007-08-20 10:58 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

名前の由来

「きょん」はもともと「きょう」でした。。

小さかった彼女を、私は最初男の子だと思い込み。。
当時大ヒット中の漫画の中で、
異性に抱きつかれると干支に変身する一族の話がありまして、
干支らに仲間外れにされている「猫」の
人間時の名前が「きょう」くんだったので。。。

で、その人物が周りから「キョン吉」と呼ばれていたので、
自動的にこちらも「きょん」に。

女の子だと気づいた時には既に、
キョンにゃん、と呼べば振り返る子になっていたのよ。。。

あああ、悔やまれる過去
[PR]

# by kyonmo | 2007-08-19 20:06 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

出会い

きょんとの出会いですが、
もともときょんは近所で評判のステネコでした。

私が拉致監禁するまでは、
近所を渡り歩いて生き抜いていました。

若干3ヶ月くらいかな・・・親の顔が見てみたいものです。

10月も終わりで、コタツがいるかと思われる気温の中。
ご飯はもらえど、寝床はもらえない小さな猫を、
ええ! 拉致りましたとも!!

外猫・地域猫・・・のほうが、幸せかとも考えましたよ。
でも。
あらゆる危険を遠ざけて、長生きしてほしかったのです。

みがきあげ、ミガキアゲ、はや4年。
愛情たっぷりの体になりました。

私の視線の先には、
いつも「きょん」がいるのです。
[PR]

# by kyonmo | 2007-08-19 19:28 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

きょんとは

「お嬢きょん」は、ねこです。

初めて見た人は、一瞬止まります。

そんな魅力たっぷりの彼女は、現在4歳。

体重は7.6キロ。

レディーなのに、レディなのに、体重公開
a0105396_17125823.jpg


誰もがみな、彼女の前にひざまずく・・・
[PR]

# by kyonmo | 2007-08-19 17:14 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)