タグ:そら ( 156 ) タグの人気記事

そらの命日。

今日は忠犬そらさんの、4回目の命日です。
早いなあ、もう4年も経ったのか。

そらさんと暮らしたのは2年ちょっとだったから、
もう倍以上の時間が経ってるのに、
寂しさはちっともなくならないよ。

4年前の今日は、爽やかな風が吹く良い天気だったけど、
今日はむしむしした、暑い日でした。
a0105396_144437.jpg

ドッグランでのシニア組、顔がヘロヘロです。
1人だけ元気なそらまめも、
a0105396_1445085.jpg

日陰を選んで走ってます。

暑ければ体を冷やす!な、賢いこんぶちゃん。
a0105396_1452114.jpg

可愛すぎる!
今、そらさんに1番近い賢さがあるのは、こんぶちゃんだね。

あ、邪魔が入った。
a0105396_1471095.jpg

自分が休んでる時に邪魔されるのは嫌なくせに、
人が休んでると邪魔したくなる、天邪鬼そらまめ。
a0105396_1475456.jpg


きっと、今の我が家の現状を見たら、
「そんなにワガママに生きて、いいんですか?」って、
愕然とするだろうな、そらさん。

賢くて、忠実で、私のことが大好きだったそらさん。

この日が来るといつも、
早く虹の橋に迎えに行ってあげなきゃ、と思う。

でも、
今、私が死んだら、4姉妹が今の生活レベルを維持できなくなるし、

世話しきれなくなった旦那さんは、
きっとそらまめとこんぶを手放してしまうだろうから、
それを防ぐためにも、私はまだ、そらさんを迎えには行けない。

長く待たせることになりそうだね。
ごめんね。

そらさんのお骨の一部が眠ってる、合同墓地にお参りに行ったら、
葬儀場の窓から、コチラを見てる人がいた。
そこにいるってことは・・・。

心中、お察しします。

a0105396_14202296.jpg

そらさん、安らかにお眠り。
[PR]

by kyonmo | 2016-06-30 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

覚えている日と、忘れてしまう日。2

今日は父の祥月命日でした。

なななんと!
すっかり忘れていました。
先月末までは覚えていたのになあ。
なんて薄情な娘だ。

別件で実家に行って気付きました。
その「別件」は、別に今日じゃなくても良かったんだけど、
突然思い立って、実家に向かいました。

お父さんが呼んだのかな。


先月の祖父の祥月命日も忘れ、
父の祥月命日も忘れ、
物忘れが増えてるなー。


そらさんの命日だけは忘れないんだけど・・・。
[PR]

by kyonmo | 2015-07-13 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

ペットロスと闘う 15

今日は忠犬そらさんの3回目の命日。

午後から雨になるというので、
3パグを連れてドッグランに行きました。

朝から曇りだからか、久しぶりに過ごしやすい気温。
あの日も、これくらい涼しければ、
発作が起きても、熱中症にはつながらなかっただろうな。

涼しかったけど、今日は常連さんの大型犬姉妹がいたので、
a0105396_23142498.jpg

そらまめだけは、ビクビク。

あの子たちは優しい子なんだけどねえ。




おかげで、
a0105396_23155419.jpg

ルンルンなおだやかシニア組。


しばらく遊んでいたら、外国の方に声をかけられました。
オーストラリアから来たというご夫婦。

彼らもオーストラリアでパグを飼っているそうで、
パグを見ると黙ってはいられない、ということでした。

人は誰でも大歓迎☆な3パグ。
国籍などまったく関係ないようで、それはもう遠慮なく、甘えておりました(笑)

彼らの愛犬は16歳で亡くなったそうで、
奥さまの首には、その子のタトゥーがありました。

すげー!!
外国の方らしい愛の表現だっ!!
で、現在飼っているという8歳のパグくんの写真も見せてくれました。

私が英語が話せたら、もっとアツイパグトークができたのになあ(-"-)
残念だ。

そのご夫婦も、保護パグを飼っておられるそうで、
海外にも恵まれないパグを救おうとしている人がいるということを、
(いて当たり前なんだけど)
知ることができて、嬉しくなりました。

そらさんが繋いでくれた縁、かな?
a0105396_2323062.jpg

余談ですが、奥さまのお気に入りはこんぶでした。

1番「私、可愛いよ!」アピールをしていたのは、
そらまめだったんですけどね(笑)


午後からは珍しく昼に仕事があったので、それを済ませ、
そらさんのお墓参りに行くときには土砂降りの大雨。

そらさんが亡くなった日も雨だったな。

雨だから、誰もいなかったので、
思う存分泣いてから、帰りました。

とはいえ、お墓(合同墓地)には、
骨壺に収まりきらなかったお骨が眠っているわけで、
そらさん本体は、わが家のリビングの仏壇にいます。

なので、仏壇にもお花を。
a0105396_2326587.jpg

これを見た旦那さんが、
「そらさんには花じゃなくてご飯だろ?」
と、言ってました。

確かにね。

そらさん、安らかにお眠り。
[PR]

by kyonmo | 2015-06-30 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

ペットロスと闘う 14

明日は忠犬そらさんの命日です。

毎年思うけど、
早いなあ・・・。
もう3年も経つのか。

そらさんが亡くなって、
すぐそらまめを飼い始めたので、
「そらまめの年齢=そらさんが亡くなってからの年月」ということになり、
5月19日にそらまめの誕生日を祝うと、
ああ、もうすぐそらさんの命日か・・・と気分が沈む。


これはあと数十回繰り返される「恒例行事」になっていくんだろうな。


そらさんがいなくなって、そらまめが来て、こんぶが来て、
でも、年間でやることって、そう変わらないから、

今年も暑くなったなあとか、
今年も空梅雨だなあとか、

春のフィラリアの検査とか、
ドッグランに行くとか、
そういう毎年恒例なこと、ひとつひとつに、

そらさんに病気が見つかり、
闘病し、
あっという間に旅立った、
私の消せない「罪」を思い出す。


3年経っても、
エルとそらがどんなに仲良しだったかとか、
そらさんがいつも私のあとをついてきてたとか、
離れても1回呼べばすぐ走って帰ってきてくれたこととか、
全然忘れられない。

だから今日。

ドッグランに行ったとき、
そらまめがエルをイジメ始めたとき、強く叩いてしまった。

帰ろうとして、3パグの名前を呼んだけど、
すぐ来てくれたのは、こんぶだけで。
ついこんぶをぎゅーっと抱きしめたんだけど、
「嫌だー、はなせー」とジタバタされて、悲しくなったり。

自分がいまだどっぷりペットロスだという事実を思い知る。

6月は、怖い。
[PR]

by kyonmo | 2015-06-29 23:16 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

ペットロスと闘う 13

今日は忠犬そらさんの3回忌です。

早いなあ、
もう2年経ったよ…。

1年のサイクルなんて、そう変わりはしないから、

気温が暑くなるとか、
フィラリアの検査に行くとか、
ドッグランに行くとか、
そういう毎年恒例なこと、ひとつひとつに、

そらさんに病気が見つかり、
闘病し、
あっという間にいなくなってしまった、
あの期間を思い出し、

特に6月に入ってからというもの、
ふとした拍子に、涙が出て、叫び出したくなる。


今日は病院に行く日でもあったので、
こんぶと一緒にそらさんのお参りに行った。

そらさんが亡くなった日とは、正反対の、澄み切った晴天で、
むしろ倒れそうなくらい暑い日だったので、
こんぶにはエアコンの効いた車内にいてもらい、
1人でお花を供えに行く。

そらさんは自宅供養なので、お骨は自宅にあるんだけど、
拾い切れなかった小さなお骨が、ペット葬儀場の合同供養墓地に埋葬されているので、
そこにお花を持って行くのです。


到着すると、職員さんが掃除中でした。

挨拶すると、
それはもう、ひまわりのような素敵な笑顔で、
「こんにちは!ご苦労様です!!」
と、挨拶されました。

ウジウジしてた気分が、その笑顔に圧倒され、なんだか拍子ぬけ。

きっとペットロスで苦しむ人のために、
ソウイウ応対をするように、マニュアルがあるのかな?

おかげさまで手を合わせる間も、泣かずに済みました。

a0105396_16432897.jpg

そらさん、安らかにお眠り。
こんぶは、絶対に治すからね。



ちなみにこんぶの再診ですが、
シャンプーの効果は見られないけれど、
まだ2回しかやってないので、
もう2週間、このまま様子を見ることになりました。

ツメはもう問題ないので、抗生剤はなし。
同時に、ビオイムバスターも終わり。

抗真菌剤と、マラセブ薬用シャンプーで2週間過ごします。
[PR]

by kyonmo | 2014-06-30 22:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(2)

2012年の終わり。

今日は毎年恒例の、実家でおせち作り。
a0105396_1719233.jpg

はい、中身は去年とほぼ一緒(^^ゞ

毎年、配置が微妙に変わるだけー。
(昨年の配置を覚えていないから)


今年は厄年を甘く見たせいで、
大事な娘を亡くした最悪な年になりましたが、
まめちゃんのおかげで寝込む暇なく、
日々忙しく過ごせました。

来年はどんな1年になるでしょうか。

我が家にも、皆さまにも、1つでも多くの幸せが訪れますように。
a0105396_1731488.jpg

そらさん、みんなを守ってね。
[PR]

by kyonmo | 2012-12-31 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

エルまめ生活 53

いよいよ今日はまめちゃんの避妊手術の日。

朝から冷たい風が吹き荒れる、寒い寒い日でした。

寒かろうと暑かろうと、
6:30の目覚まし(人間用)がなった瞬間に、
「メシー!!メシ寄こせー!!」と飛び始めるパグ2匹。
その寝起きの良さを、低血圧の私に分けてほしいです(>_<)

今日はまめちゃん手術のため絶食。

しかし、エルが食べてるのに自分が食べられないなんて、
納得する訳がありません。
こういう時日本語が通じないというのは不便だなあ…。

朝までは水OK、とのことだったので、
超うっす~いヤギミルクを作って、「今日の朝食はこれですが、何か?」と、
強い態度で接してみました。

予想に反して、オカワリ要求もせず、あっさり諦めてくれました。
まめちゃん、本当にパグ?


11時までに連れて来てください、とのことだったので、
10時に家を出発。

オイッ!!チビだけドッグランか?!と、
勘違いしたエルが暴れるので、ダンナさんはお留守番。

もしかしたら今生の別れになるかもしれないので、ホントは一緒に行って欲しかったんだけど、
暴れエルを残すと、きょんサマがグロッキーになるので、仕方ない(T_T)

天気が悪すぎて、動物病院もガラガラ。

手術の手順と、麻酔のリスクの話を改めて聞く。
麻酔事故も避妊手術の失敗も、今までやった事はない、と先生。
ほほう、頼もしい!

「6月に亡くなった子は、避妊手術時静脈注射した瞬間に呼吸が止まったんですよ」
というと、
「ええっ!!その子とまめちゃんと血の繋がりは?」とビビる先生。
「まったくありません」
と答えたものの、そらさんの出生は謎なので、
もしかしたらどこかで繋がってるかもしれないですよねー。

ソウイウ体質は遺伝するらしいので、先生、ちょっと不安そう。
でも、前の病院みたいに、「死んでも訴えません」という誓約書は書かされませんでした。
手術代もすべて後払いでOKとのこと。

良心的で嬉しいけど、トラブルにならないのかしら?

手術までまだ時間があるので、病院のケージで不安にならないように、
まめちゃんの手下B(手のひらサイズの犬のぬいぐるみ)を一緒に入れてもらいました。
ホントは手下A(カエルくん)を持たせたかったんですが、
大きすぎて絶対邪魔だろうと思い、我慢しました。

実際には血液検査とか事前処置あるし、麻酔から覚めてもいきなり遊べはしないから、
それほど必要はないと思うんだけど、
エルとそらでやったことは、まめにもしてやりたい親心。

っていうか、同じ手順でやれば、
きっとエルやそらさんのように、生きて帰って来てくれるような気がして。



預けて帰宅。
何かあったら飛んでいかなきゃいけないので、自宅待機。

14時頃携帯が鳴って、「うおー!!来たー\(゜ロ\)(/ロ゜)/」とパニックになりかけましたが、
全然関係ない母からの電話で、一安心。

「病院からの電話」が今、私が1番怖いモノです。
ゴキブリが飛んで向かってくるより怖い。
ユーロが大暴落するより怖い。



結局、電話がなかったので、約束通り18時に迎えに行きました。

相変わらず冷たい雨が降るひどい天気だったので、
やっぱり病院はガラガラ。

良かった、先生も手術に集中できたことでしょう(^-^)

診察室に呼ばれ、まず無事に手術が終了したことを告げられました。
ありがとう先生!信じてたよ!!

事前の血液検査にも、大きな異常はなかったそうです。
若干白血球と血糖値の数値が高かったらしいけど。
…血糖値はたぶん、朝ミルクを飲んだせいだな(^^ゞ

すると、とたんに歯切れの悪くなる先生。

何事かと思ったら、手術後、まめちゃんの歯の生え換わりをチェックしたら、
抜けずに残ってた乳歯が3本くらい見つかって、
せっかく麻酔かけたから、歯のトラブル防止に抜歯してしまおう!と、
飼い主の許可をとらずに、抜いてしまった、とのこと。

そう!それを頼もうと思ってたんですよ、先生!
でも朝は「生きるか死ぬか」の話をしてたから、歯のことなんて、すっかり忘れてました。

抜歯のために、また麻酔のリスクと闘いたくはなかったので、
いや~、助かりました。

代金が2100円かかるんですが…、と先生は気まずそう。
大丈夫!
それくらい余分に持ってきてますって。

っていうか、そんなに心配ならひと言、
抜歯しましょうかって電話くれたら良かったのにー。

そこでようやく、まめちゃん登場。

まだ麻酔からさめたばかりなのでボーっとしてます。
でも私達の姿を見て、声を聞いて、安心したのか、
視線はさまよいつつも、一生懸命尻尾を振っていて、涙が出ました。

大人しいまめちゃんなんて、ここ最近見たことなかったので、
ちょっとビックリです。

そらさんは麻酔からなかなか復活できず、水分補給も点滴でしなきゃいけないくらいでしたが、
エルは麻酔が切れた途端、ジタバタしはじめ、自力で水もガブ飲みするくらいだったらしいので、
まめちゃんもきっと、エルタイプだと思ってました。

中間どころでしたね。

まめちゃんをダンナさんに任せて、清算。

日帰りなので、
手術代は25000円(抗生剤1週間分・抜糸代込)。
抜歯代が2100円。

安いな。
前の病院は1泊入院が強制で、50000円だった気がする。

20:30以降なら飲食OK、明日1日元気がなく食欲もなければ連れて来て、とのこと。
しかし!
先生は明日学会に出席とかで、病院お休み!!
聞いてないよ~(T_T)
21時には帰りますから、何かあれば留守電入れておいてください、って言われたけど、
たぶん、待てないからよその病院に行きます。何かあれば。

大丈夫、そらさんがついてるから、「もしものこと」は起きない。
と自分に暗示をかけ、帰宅。

まめちゃんが予想以上にグッタリなので、
車内でもケージに入れずに私の膝の上に乗せていたら、
「マイカー」だと分かったのが、突然、暴れ出すまめちゃん。

でも体力の限界か、2~3分ジタバタして、またグッタリ。
そりゃそうでしょ、人間だってお腹切ったらグッタリだよ…。

必死でエルのドライブBOXを覗き込もうとしていたのには、感動しました。
今、まめちゃんが一緒にいてほしいのは、私でもダンナさんでもなくて、
きっとエルなんだ。

帰宅して、念のためエリザベスカラーを装着して、寝かせます。
エル・そらの時のプラスチックカラーはフェンスに当たるとガコガコうるさいし、
首も痛そうなので、
まめちゃんには新調した「柔らかいエリザベスカラー」を着けました。

そらさんがエリザベスした時は、ギャンギャン吠えて威嚇してたエルですが、
素材が違うからか、まめが自分よりまだ小さいからか、いつもより元気がないからか、
エルは吠えずに、自分から近寄って臭いを嗅いでました。

まめちゃんも起き上がって、エルをクンクンしてました。

麗しき姉妹愛(●^o^●)

それから21時過ぎまで、まめちゃん爆睡。
あまりにも静かなので、何度もこっそりお腹が上下してるか、
確かめに行っちゃいました。

21時すぎて、さすがにお腹が減って我慢できなくなったエルが、
「夕ご飯は?!」
と暴れ始めたので、お食事タイムに。

まめちゃん、しっかり完食。
エリザベスしたまま、水も飲めたし、トイレ(小)もできました。

念のため、今晩はリビングに寝て待機します。

まめちゃんが早く元気になりますように。
[PR]

by kyonmo | 2012-12-01 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

エルまめ生活 52

明日はまめちゃんの避妊手術の日です。
何やら天気も悪くなってきて、気温も下がってきたし、不穏な感じです(-"-)

今日はそらさんの月命日なので、提灯に灯を入れ、
「手術が無事に済みますように」
とお祈りする。
その辺の神様よりも頼りになるのが、そらさんです。

「どうか、まめちゃんがソチラに行きかけたら、噛みついてでも追い返してください。」
忠犬そらさんなら、きっと力になってくれるはず。

一方、なーんにも知らないまめちゃんは今日も暴れパグ。

21時以降は絶食だけど、最近は毎日夕食は20時半なので、特に問題なし。

問題は、明日の朝だな(T_T)
朝食抜きなうえ、水も飲めなくなる。

エルと違ってまめちゃんは水をガブ飲みする子だから心配…。


どうか、何事もなく済みますように。
[PR]

by kyonmo | 2012-11-30 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

ペットロスと闘う 12

今日、何かの話の流れで「厄年」の話になり、
実は自分が、今年は厄年で、しかも大厄だということに気付きました。

そういえば去年、友達(同級生)が、
前厄の御祓いに行ったって言ってたなあ。

私は、厄年とかそんなの迷信だって厄払いはしなかったんだけど、
今日ダンナさんが、
「そらさんが、kyonmoが受けるはずだった災厄を全部引き受けて死んだんだ」
って言いまして。

たぶんダンナさんは、
「そらは忠犬だったからkyonmoの役に立ちたかったんだ」っていう意味で言ったんだろうけど、
私には「お前のせいで死んだ」って言われた気がして、落ち込みました。

そらさんは、私の無知のせいで死んじゃったから、
私のせいで死んだというのは正しいのだけど。

時間が経って、そらさんがいないことには慣れてきたけど、
エルまめを見ていると、
いかにそらさんが賢い犬で、私の忠犬だったかが思い知らされます。

厄年中は新しいコトは始めない方が良いというけど、
忘れていたとはいえ「まめちゃんを飼い始めて」しまったので、
あらためて、大切に大切に、育てていこうと思ったのでした。
[PR]

by kyonmo | 2012-09-09 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

ペットロスと闘う 11

そらさんは四十九日がまだなので、今年は初盆ではないのだけど、
せめてもの慰めに、盆提灯を買いました。

a0105396_16153920.jpg

高さが20cmほどの小さい提灯。
いかにも「お盆!」という提灯だと、年中置けないので、
これにしました。
月命日にも使う予定です。
電池式なので、コードの始末に困らないのがいいです。

a0105396_1616639.jpg

小さいんだけど、お骨の隣に置くにはまだ大きいので、
仏壇の上に置いています。

ネットの「京仏壇はやし」さんで購入しましたが、
こんなに差し迫った時期にもかかわらず、
頼んだ翌日には届くという、有難い会社さんでした。

きっとそらさんのことだから、
虹の橋にも行かず、成仏もせず、
いつも私の後ろに控えてくれているんだろうけどね。
[PR]

by kyonmo | 2012-08-12 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)