タグ:マンガ ( 71 ) タグの人気記事

Ⅿarch comes in like a lion

昨年からどハマりしている「3月のライオン」。

先月、映画の前編を母と観に行き、
早く後編が観たいね~と話していましたら、
a0105396_01590541.jpg
後編のペアチケットが当たりました(≧▽≦)

ラッキー☆

最近、試写会がことごとくハズレまくっているので、
余計に嬉しいです。

でも、公開は22日。
まだまだだな・・・。

[PR]

by kyonmo | 2017-04-13 01:00 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

小学館さん、ありがとう☆

愛読している月刊flowersの懸賞で、
久々に大物が当たりました☆

a0105396_0545939.jpg

エルメスの香水。
「地中海の庭」だったかな?

とっても爽やかな香りです。

ダンナさんが喜んで使っています。
[PR]

by kyonmo | 2014-07-31 23:59 | まんが  とか | Trackback | Comments(2)

小学館さん、ありがとう☆

愛読書「月刊flowers」の懸賞が当たりました☆

今回も外れた方の中から再抽選、の方ですが、
それでもかなりの確率で選んでいただいて、ありがとうございます。

今回は、
a0105396_15493030.jpg

可愛いマッチ箱に入った、スタンプ2個セット(●^o^●)

これからもどしどし感想書いて送りますので、
どしどしプレゼントください(笑)

そうそう、今日は清水玲子の「秘密」の発売日ですね!
(ここは辺境の地なので、都会より1~2日遅れて発売です)

めっきりでないので、作者が入院でもしてるのかと思ったら、
2巻同時発売ですって!

一応12巻で本編完結のようなので、
一気にファンに2冊買わせてしまおう的な発想でしょうか?
別々に出したとしても、買ってましたけどねえ。

おっと!
小学館さんありがとうページに、白泉社コミックスの宣伝を書いてしまった(^^ゞ
[PR]

by kyonmo | 2012-10-30 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

小学館さん、ありがとう☆

愛読書:月刊flowersの懸賞が当たりました☆
a0105396_21584728.jpg

いつもありがとうございます<(_ _)>

中身は~、
a0105396_21594243.jpg

ハンカチタオル!しかも結構デカい♪

ハズれた人の中から再抽選で~ってやつです。
それでも嬉しいです(^-^)

こういう雑誌って、1~2割は好みに合わない話や画があるものですが、
フラワーズは不思議と私好みの漫画家さんばかりで、有難い。

私、週刊誌も好きなんですが、無駄な特集や広告が多すぎて、
なかなか「買おう」とは思えないんですよね。

隅から隅まで読めるフラワーズは、とってもお得だと思います。

送料無料なら、絶対定期購読にするんだけどなー(笑)
[PR]

by kyonmo | 2012-10-01 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

小学館さん、ありがとう☆

毎月楽しみにしている『月刊flowers』の懸賞で、
エッフェル塔のカードスタンドが当たりました❤
a0105396_1134086.jpg

可愛い外見ですが、それなりに重い。

月刊『flowers』は毎月28日発売なのですが、
先月28日の午後、買いだしのついでにイオン内の本屋に寄ったら、
13時の時点で売り切れ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

っていうか、入荷が2冊ってどうよ?(怒)
そりゃ売り切れるわ!!

翌日、家庭教師の帰りに、市内で1番大きい本屋さんに寄ってみると、
そこも売り切れ(-"-)

支店に問い合わせてもらい、取り置きしてもらって、ようやくゲット。

今までこんなことなかったのにー。

人気が出てきたのか、人気がなくて入荷数を見合わせているのか、
どっちだ?

この雑誌は私好みの作家さんが多いので、
廃刊にならないで欲しいよ。
(懸賞の当選率も高いし)
[PR]

by kyonmo | 2012-06-01 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

パグブームの予感。

『宇宙兄弟』ってご存知ですか?

4月からアニメが放送開始し、5月には実写映画化もされるという、
今注目の漫画なのですが。

宇宙兄弟(2) (モーニングKC)

小山 宙哉 / 講談社



2巻の表紙からも分かる通り、
パグがでます!

マルモのせいおかげで、ミニチュア・シュナウザーが世に溢れましたからね、
次はパグの時代ですよ!

これで散歩中に「ブルドッグですか?」と聞かれる回数が激減するに違いない^m^

ちなみに幼児や小学校低学年に人気の絵本「こびとづかん」のおかげで、
その年代の子どもたちは、エルそらを見て「パグだ!」と言う率が高いです。

こびとづかん [2012年 カレンダー]

エンスカイ (株式会社 ハゴロモ)



ありがとうガルシア(←こびとづかんのパグの名前)。

しかし、パグブームが来るということは、
同時に、可哀そうなパグが増えることでもあるわけで。

やっぱり「マイナー」で良いかと思ってしまう今日この頃でした。
[PR]

by kyonmo | 2012-04-03 23:59 | まんが  とか | Trackback | Comments(0)

小学館さん、ありがとう☆

久しぶりに懸賞が当たりました(*^^)v
a0105396_15535527.jpg

愛読している「月刊flowers」という雑誌の懸賞、
毎月買いだしてまだ1年くらいしか経ってないと思うんですが、
すでに4回目の当選です♪
(前3回は残念賞だったけど)

あ、こんなこと書いたら、
今後「コイツ当たりすぎだったな」って当たらなくなっちゃうかしら(^^ゞ

今回は第1希望のアニエスベーの時計。
携帯もあることだし、「時計=自分では買わないもの」なkyonmo。
ここ10数年は、
高校時代の彼が誕生日にくれたやつをずっと使ってました。
別れたって、モノに罪はないからね♪

で、それがシルバーの時計だったので、
ゴールド系のもあったら良いな~と思いダメもとで応募。

ありがたやありがたや。

送料がかかるから定期購読にはしないけど、
これからも毎月買うぜ!flowers☆
[PR]

by kyonmo | 2011-09-30 15:52 | シゴト | Trackback | Comments(2)

アフタヌーンさん、ありがとう。

最近、天気予報を見まくるのが日課になったkyonmoです。
こんばんは。
辺境の地には、また大寒波が来てますよ(-"-)

昨年応募してた、卓上カレンダーセットが当たりました☆
a0105396_1027268.jpg

200名様のうちに入れたようです。
応募者全員サービスのアフタヌーン特製年賀状も昨日届きました。
郵便屋さんの苦笑いが目に浮かぶような年賀状でした(笑)

さて。
3個もあるけど、どこに置こうか…。
[PR]

by kyonmo | 2011-01-29 23:59 | まんが  とか | Trackback | Comments(0)

最近読んだ本たち。

とりぱん(9) (ワイドKCモーニング)

とりの なん子 / 講談社


待望の9巻が出ました。
半年に1冊の割合なので、待ち時間が長いんですよね~。
それなのに、面白いから読むのは一瞬だったりする(-"-)
最近は野鳥以外のネタも増えてきた「とりぱん」ですが、
今回巻末に載ってる犬のジョンの話は、滝のような涙なくしては読めませぬ!
犬と死別したことある人なら、間違いなく大泣きです。

野鳥ネタが尽きたら、ぜひ犬猫漫画を描いてほしいと思う今日この頃です。

名探偵コナン 68 (少年サンデーコミックス)

青山 剛昌 / 小学館


あああ、今年の映画を見ぬまま、もう6月になろうとしている…。
こりゃもう、来年のTV化待ちになりそうだ。

で、68巻の話ですが。
最近、怪盗キッドが弱すぎる気がするのは私だけだろうか?

女子大生会計士の事件簿 DX.6 ラストダンスは私に (角川文庫)

山田 真哉 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


なんと、最終巻だそうで!
いろんな雑誌にのった短編を集めたらしく、微妙に一貫性がありませんが、
会計を楽しくお勉強するには問題ないと思います。
おバカな私ですが、株式上場は会社にとってそんなに意味がないってことは分かりました。

「簿記しりとり」は絶対やりたくないですね(笑)

そうそう、VOGUEの7月号に真央ちゃんが載ってるらしいのですが、
普段あの手のファッション雑誌にまったく興味のない私は、
真央ちゃんの数ページだけのために、あの雑誌を買う決断ができませんでした(T_T)
浅田真央ファンとしては失格ですわね…。
[PR]

by kyonmo | 2010-05-30 23:59 | まんが  とか | Trackback | Comments(2)

最近読んだ本たち。

さまよう刃 (角川文庫)

東野 圭吾 / 角川グループパブリッシング


気候が秋っぽくなってしまったからというワケではないですが、
最近小説率が高くなった気がします。
この「さまよう刃」は母が貸してくれたのですが、いやー、時間を忘れて読みました。
ダンナさんが話しかけてくるのも、上の空で読みふけりましたよ。
読書に熱中したい時って、独身に戻りたいと思いませんか?(笑)

これは、
男手ひとつで大事に大事に育ててきたのに、
アホな男どもに遊び半分で愛娘を強姦された上に殺されてしまった中年男性が、
復讐することだけを生きる支えにして、犯人を追っていく
というお話なのですが。

「人を殺すのはいけないコト」って誰もが分かっているのに、
「いけー長峰!そんなバカな若者、ブチ殺しちゃえ!!」と応援してしまいたくなる。
ラストで長峰は憎い少年を猟銃で撃とうとして、警察に射殺されちゃうんですが、
「いらんことすなー!バカ警察!」と、きっと誰もが思うでしょう。

人が守るべきものは何なのか。
警察は法律を守るだけで、人は守ってくれない。
そして警察の人間は、そのことに疑問を持っても破るわけにはいかない。

そんないろんなジレンマが絡みあった、非常に悲しいお話でした。
ただ…密告者が実は!っていう最後の章は、ちょいと納得がいきません。
第1の長峰への密告は、留守電の内容的に絶対「中井」のはず。
でも中井は長峰にはかけていないってことになってるし…。
うーん、読者をミスリードする表現だったのは分かるけど、納得いかないなあ。

ただ、映画は観ておけば良かったなと思いました(>_<)

水の通う回路 完全版 上 (角川文庫)

松岡 圭祐 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


水の通う回路 完全版 下 (角川文庫)

松岡 圭祐 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


「千里眼シリーズ」以外の松岡作品は久しぶりかも。
これはミステリの掟を破りながらも、そんなのルール違反じゃん!とは言えない、
なかなかにクセモノな逸品です。
当然「犯人は誰だ?コイツか?いや、違った。じゃあアイツか?」と、
考えながら読み進めるわけですが、最後の最後までその「予想」は裏切られるんです。
「うわー、そいつが犯人かあ~。って、誰だよそれ!」みたいな結末。

ゲーム会社が舞台になってるので、興味深いことがいろいろありました。
ゲームの制作など「超理系」なお話と、「人間は水の入った袋にすぎない」など哲学的なお話が
入り組んでる面白い作品です。
将棋のトリックは「明智警視の華麗なる事件簿」を読んだ人ならすぐ分かるね(笑)

とりぱん 8 (ワイドKCモーニング)

とりの なん子 / 講談社


大好きな「とりぱん」の8巻が出ました。
人が殺される話ばっかり読んでると、こういうほのぼの系がずいぶん癒しになります☆
冒頭からカラーページなのに「黒の話」なのには驚きましたが、
この人の詩的なセンスにはいつも感動させられます。
[PR]

by kyonmo | 2009-11-25 23:59 | まんが  とか | Trackback | Comments(2)