人気ブログランキング |

「SPEC~天~」

先日、FOXサマの懸賞で当たった「SPEC天」の鑑賞券。
有難く使わせていただきました♪

いつも映画と言えば母と行くのですが、
このSPEC、たぶんドラマ見てない母には分からんだろうなと、
珍しく友人Kさんと行ってまいりました。

そして映画終了後には、ランチで餃子を食べて帰りました(笑)
感化されてる?(^^ゞ

SPECを見ようかどうしようか、迷ってる皆さま。
「SPEC翔」を含め、ドラマシリーズを見ていないと話の展開についていけません。
特定の俳優さんのファンなら止めはしませんけど。



そして誰もいなくなった。
ではないけれど、「あ~みんな死んじゃったのかな?」と思わせるシーンから始まり、
過去に戻ります。

シンプルプランと呼ばれる、SPECホルダーを抹殺する計画を進める派と、
それを阻止しようとする派の戦いがメインです。

ドラマ翔でもちらっと出てましたが、今回本人役で出演の伊藤淳史さん。
SPECは、体を自在に変形させられること。
最初は金属のトゲトゲのように変形させて、敵をぶすぶす刺し殺してましたが、
途中からは大タコに変形し攻撃。

ま、どちらかっていうとタコの方が似合ってるかな?(笑)

もう1人新しいSPECホルダーのマダム陽&陰(マダムヤン&イン):浅野ゆう子(二役)
その名の通り、熱と冷気を自在に操り、人をミイラにすることができます。

さらにニューキャラの青池里子(栗山千明)。
瀬文(加瀬亮)がアメリカで訓練時代に付き合っていた女性らしい。
片言の日本語で、肝心なところでいつも言い間違えるのは、ボビーオロゴン並み。
瀬文との子ども?らしき女の子を連れてますが、
里子とも瀬文ともDNAが一致せず、さらに何かSPECを持っているようです。
にのまえ率いるSPEC派にさらわれたのに、最後は謎の男(向井理)と一緒にいましたし。
何か、重要な存在のようです。

そうそう、一十一(にのまえじゅういち):神木隆之介、生きてました。
前半は当麻紗綾(戸田恵梨香)の側で「お姉ちゃんの力になる」と助けていたのに、
実はクローンで、他のSPECホルダーを束ね、暗躍するという展開。
にのまえ、強いからねぇ。
クローン作った人の気持ちも分かります。
っていうか、誰が作ったのかしら?

影武者ではなく、本家本元の津田(椎名結平)は、
人質奪回作戦で自爆しましたが、はたして、本当に死んだのかしら?
死体は出ていなかったので、実はまた影武者だったのかも。

瀬文の同期の妹、志村美鈴(福田沙紀)も殺されたっぽく描かれましたが、
死体は出てないので、生きてるかもしれません。

うーん、そういう人が多すぎー(笑)

この戦いにおいて、当麻紗綾(戸田恵梨香)は、
せっかく封印したスペックを使うか否かで瀬文と撃ち合いまでやらかしますが、
結局、使わない方向で、ニノマエと戦います。

いつものバッグに釘を仕込み、さらに釘に糸をつけておき、それを爆破。
時間を止めたにのまえにその釘を触らせ、倒すという計画でした。

瀬文さんは死んでもおかしくない攻撃をうけまくりつつ、不死身。
ま、主人公はあっさり死にませんよね。
死んだと見せかけて、すがりついた当麻の餃子臭さに生き返るという、
ビックリな技も披露(笑)

それにしても、携帯のCMではあんなに優男なのに、
このSPECシリーズでは人が変わったかのような、ガナリっぷり。
血管が浮き出てます。

戸田恵梨香といい、役の幅が広い俳優さんは大好きです(^-^)


今回、ファティマ第3の予言とか、ソロモンの鍵とか、
ちょっと宗教チックな展開でしたけど、結局謎が増えただけでしたね。

次回の映画「結(欠?)」に期待します。

by kyonmo | 2012-04-25 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/15275549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]