人気ブログランキング |

そらさんと「蛋白漏出性腸炎」11

今日は2週間ぶりの検査の日でした。

前回のT先生に引き続き、なんと今日もお初の先生。
…まさか、そらさん、先生方に避けられてる?(まさかね)

さて、今日のM先生。
診察しながら、そらさんのカラーについてる鑑札入れに興味シンシン。
法律で決められてるけど、鑑札着けてない飼い主が多いので、
こういうホルダーがあるんだねえと感心しておられました。

さて気軽におしゃべりができていたのはここまで。
検査結果は。
a0105396_15184997.jpg

また過去最低を更新…orz
ついにALBが2.0を下回ってしまいました。

またしても開腹検査や内視鏡を勧められましたが、
珍しくこのM先生、麻酔のリスクも同時に話されました。

そうでしょ?だから手術も内視鏡も嫌なんだって!

再度、「手術も内視鏡もしません。」とお伝えすると、
「費用も決して安くないですしね。分かりました。」とのこと。

コラ!!M先生!!
そのタイミングでそれを言われると、
ウチがお金をケチって手術しないっぽいじゃないか。

だから病院で先生の勧める診療方法に異を唱えるのは嫌いなんだよなあ。
「貧乏人に飼われて可哀そうに」って思われてそうで。
これって被害妄想かなー。

いや、腫瘍があって取らなきゃいけないとか、
手術したら治るんならいくらでもお願いするけどね、
「ただ検査のため。見れない部分もあるから確実ではない。麻酔で死ぬ可能性もある」
って言われたら、断る人もいるでしょ、普通。

とにかくALBが2.0をきると、腹水・胸水が出始めるということで、
追加の血液検査の結果、肝・腎機能に問題ないので、
ステロイドを飲むことになりました。
1日1回3錠\(゜ロ\)(/ロ゜)/
一粒5mgだから小さいけど、1回3錠って…。

それにいつもの抗生剤(粉)。
そうそう、また体重が増えて7.04kgになってたので、
それに伴い薬も増量(-"-)
なんてこったい。

ステロイドと言えば。
副作用の悪いイメージがあるお薬です。
私は喘息治療に毎日ステロイドを吸入してて欠かせないので、
そこまで悪いイメージはないのですが。

そらさんに起こりうる副作用は。

喉の渇き、食欲増進、失禁、筋肉虚弱、免疫抑制、膵炎、
無気力、あえぎ症、肝・腎機能の低下、吐き気、下痢、胃潰瘍、脱毛
などなど。

ううう、確かに嫌過ぎる(-"-)
でも、そらさんのALBをあげるにはこのステロイドを飲むか、
副作用は少ないけど効果が出るのに時間がかかり、
非常に高価(1日分が500円はする)な免疫抑制剤を毎日飲むか、
どちらかしかないそうです。

ステロイド…効いてくれー!!!

******************************
今日の診察
再診料 840円
血液検査 2100円
血液化学検査A 2100円
血液化学検査B 630円
薬料(抗生剤) 1260円
薬料(ステロイド錠剤) 1260円
調剤料 420円

合計8610円

by kyonmo | 2012-05-22 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/15406666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]