そらさんと「蛋白漏出性腸炎」13

ステロイドが3錠から2錠に減ったというのに、
飲水量は前より増え、下痢も続いているそらさん。

珍しく今朝は部屋トイレでウンをし、踏み荒らしておりました。
やっぱり寝る前に1度、外に出してあげなきゃダメだな(-"-)

もうどんなにグチャグチャで部屋が異臭に侵されてても、
以前のように怒る気にはなれません。

気晴らしに、大山の豪円山ドッグランに行きました。
やっぱり今日も涼しくて、半袖で行ったダンナさんが風邪ひきそうになるくらい。

なのに、そらさんは最初だけ走ったものの、休んでる時間が長くて。
オヤツを食べる時は元気いっぱいですが、
その他は、水を飲むか、ちょこんと座っているか。

さらに朝だしたばかりなのに、ランでも下痢(-"-)
お腹がグルグルいってたら、そりゃ走れないよねぇ。

1時間くらいして、何とも元気なラブラドールがやってきたので、
突進されたらかなわない、と、帰る準備を始めました。
その時!

急にそらさんが悲鳴をあげて走り出しました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
人間でも息があがる急斜面をあっという間に駆け上がり、
今度は左右に走り続けます。

パグオーナーならよくご存じの「パグ走り」。
あれの3倍狂気じみた感じ。
とにかく大声で悲鳴を上げ続けるので、こちらもパニック。

回りこんで、ちょっとスピードが落ちたところを捕まえて、
急いでリードを付けます。
そらさん、目を思い切りひん剥いて、心ここにあらず。
私が名前を呼んでも落ち着かないので、大好きなオヤツを見せて気をひきます。

実は31日にドッグランに行った時も、同じようなことがあったんです。

帰ろうとして、駐車場の車まで行き、鍵を開けようとしたところで、
突然悲鳴を上げ、走りだしました。

ただ、その時はもうリードをつけていたし、私の足にからみついて首が苦しくなったのか、
ほんの1分くらいで治まって、おやつも食べたので、
私が、他の犬がいたからランでオヤツをださなかったから、
「いつも食べれるのに、なんで今日はないんだ!」って腹が立ったのかなと
勝手に思い込んでいたのです。

そして今日のこの異常行動。

これはおかしい、と、すぐ片付けてドッグランを出ました。

駐車場に向かって歩いていたところで、また再発!

リードを振りきらんとするほど暴れ、グイグイと引っ張って走るそらさん。
しかもずっと大声で悲鳴をあげ続けます。
ドッグランの人も何事かとコチラを見ています。

ちょうどそこで、駐車場から先週会ったまるちゃんが、
ママさんと歩いて来られたのですが、
そらさんがこんな状態なので、「すいません、ちょっと気が立ってて」と、
そらさんを抱えあげました。

するとそらさん、空中を走るように足を回転させ、さらに強く暴れます。
悲鳴も大きくなったので、周りの人は私が虐待してるとでも思ったんじゃないでしょうか。

とりあえず車まで行こうと思うのですが、
そらさん、下痢状のウンをダラダラ垂れ流しながら、なお暴れ。

私はとにかく声をかけ続け、なだめることしかできません。

なんとか車について、おやつで気を引こうとするも、見向きもせず。
飛び出しそうなくらい目をひん剥いたまま、トランク内で暴れ、
後部座席を乗り越え、エルのドライブボックスに落ちました。

しばらくジタバタしてましたが、エルのボックスは背が高く、
飛び出せる高さではないため、大人しくなりました。
怪我はないかと私が手を伸ばすと、思いっきり避けられ。
水を飲まそうと給水器を出しても、無視。

さすがのエルも遠巻きに様子を見ています。

どう見ても「異常」なので、すぐに山をおり、病院に直行。
服がウンで汚れてるし、お金もあんまり持ってきてなかったけど、
家に帰ってる時間はありません!

ところが。

病院の先生(今日はM先生)、私が必死に「異常行動」の説明をするのに、
「うーん、なんでかな?草でもチクッとしたのかな?」的な反応。
え?
草でチクッとしたくらいであんなに大暴れするわけないじゃん!
悲鳴をあげ続けて!

こいつ、絶対「パグ走り」だと思ってる。

そう思って、いつものパグ走りとどれだけ違うかを説明し、
31日も短いけど同じことがあったと訴える。

私達夫婦は絶対ステロイドの影響だと思ってたんだけど、
「薬の副作用に、そういう症状はありません」
と断言されちゃいました。

それよりも下痢が続く方が心配だ、と、血液検査に加えて便検査も。

いや、確かに下痢も心配だけど、
今日はいつもの経過診察をしに来たんじゃなくて、異常行動があったから来たの!!

ところがM先生。
「真相はそらちゃんしか分からないから人間には分からない。
ストレスかもしれないですね」
とのこと。

ストレス?!

エルみたいにいっぱい走りたいのに、お腹がギュルギュルで、
思うように体に力が入らないから?

エルは美味しい匂いのクッキー食べてるのに、
自分はいつも同じ、かったいトリーツ(しかも少量)だから?

それがそらさんの心をあそこまで追いつめているとしたら。
この先もこの「爆発」は続くってこと?

納得しがたいので、通りすがりのN先生にも聞いてみたら、
やっぱり「原因は分からないけど、ステロイドのせいではない」とのこと。
「爆発」がまた起きたらどうしよう?と相談したら、
「分かりません。心配なら首輪ではなくハーネスに変えて外出してください」
だそうで。

くそー。
N先生も役に立たん。
あの状況を実際に見ないと、危機感が伝わらない!!

でもこれだけ「分からない」と言われると、引き下がるしかない悲しさよ(-"-)

今日の血液検査の結果。
a0105396_1218243.jpg

ALBは3.1をキープ。
白血球も正常値に戻りました。

じゃあステロイドを減らせるかというと、
2錠にしても前回より数値が上がってきたなら減らせるけど(本来もっと上がってもいいらしい)、
キープだったから、このまま2錠で行きましょう、とのこと(-"-)

でも肝臓の数値が跳ね上がってます!と訴えると、
これくらいなら、まだ肝臓の薬を使ったりしなきゃいけないレベルじゃないから、
大丈夫です、とのこと。

え?この先もっと肝臓の数値が悪くなったら、
ステロイド止めるんじゃなくて、肝臓の薬を飲むの?

どんだけ薬漬けだよ…(T_T)

便に変な菌や寄生虫はいませんでした。
ということは、下痢は病気かステロイドのせい。

私は100%ステロイドのせいだと思ってますけどね。

とにかく下痢を何とかしようということで、
朝晩2錠ずつ、ディアバスターという下痢止めを追加で飲むことに。

朝…抗生剤(粉)+副作用を抑える錠剤1個+下痢止め2錠
夜…抗生剤(粉)+副作用を抑える錠剤1個+ステロイド2錠+下痢止め2錠

これで肝臓の薬が加わったら地獄だ。

***********************************
今日の診察

再診料 840円
血液検査 2100円
血液化学検査A 2100円
血液化学検査B 1260円
糞便検査D 1050円
薬料(下痢止め) 720円

合計8070円

持ち合わせが少なかったので、とりあえずこれだけお支払い。

帰宅して2人を落ち着かせ、ダンナさんに見張っておいてもらい再度病院へ。

薬料(ステロイド) 840円
薬料(抗生剤) 1100円
薬料(下痢止め)2160円
薬料(副作用を抑える)330円
調剤料 360円

合計4790円

値段が今までと違うのは、開始時期の違いで薬の数がズレてきたため、
調整してもらいました。

家に帰って気付いたけど、ステロイドが1日分多いな(T_T)
来週調整してもらおう。

いつも病院ではルンルンして大騒ぎなエル。
ダンナさんがいたせいか、落ち着いてました。
そらさんが採血する時なんか、「私は嫌です」とばかりコソコソ逃げてましたし。

相方がなんか大変そう、ってのは分かるんだなー。
[PR]

by kyonmo | 2012-06-03 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/15485451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by thepugetsound at 2012-06-05 02:43
パグって癲癇持ってるコが多いって聞くけど、それとはまた違う?走り回ってた時、足元がふらついてたって事はない?一度癲癇を起こした犬を見た事あるけど(マルチーズ)、痙攣を起こしながら家中を走り回ってました。
そらさん、かわいそうに。
Commented by kyonmo at 2012-06-06 11:43
>shokoさん てんかん!
私、癲癇って「痙攣して倒れる」っていうものだと思いこんでました(-"-)
調べてみたら「走り回る」癲癇症状もあるんですね!
すぐ病院に電話して聞いてみたら、確かに癲癇の可能性もあるかも、とのこと。
先生、「下痢・排便の痛みで暴れてる」と思ってたみたいです(>_<)
話を聞く限りまだ緊急ではないから、動画を取れ次第、来院しなさいと言われました。
shokoさん、ありがとうございます<(_ _)>