人気ブログランキング |

去るものと来るもの。

どこから湧いてくるのか不思議ですが、
涙というものは枯れることがありませんね。

せっかくそらさんが家に帰って来てくれたのに、
家中のものにそらさんの思い出を見つけ、その都度大泣き。
TVやラジオで「熱中症」「死」という言葉を聞いたりすれば、
心臓がバクバク言い出し、息が出来なくなる。

リビングに座ってもいられないのに、台所に行っても、
トイレに行っても、お風呂に行っても、グジグジと泣いています。

酸欠で、喘息の発作も出る始末。

泣いてばかりいると成仏できない、という言葉をよく聞きますが、
成仏せずに私のそばにいてほしいとか、
そらさんは、虹の橋に行けばいいのに、律義に私を待ってるに違いないとか、

ちょっとしたことでも、
良いことがあれば「そらさんのおかげ」、
悪いことがあれば「そらさんを死なせた天罰」、
そんな考えに囚われています。

ダンナさんがご飯やおやつを買ってきてくれるのですが、
「そらさんはあれだけ食べたがってたのに、不味い物しか食べれずに死なせてしまった」
と思うと、ご飯が喉を通らない。

お腹は空くが、喉は通らない。

あれだけ好きだった甘い物も、申し訳ない気持ちから、食べる気が起こらない。

それでもダンナさんがせっせと買って来てくれるので、
押し込めるだけ胃に押し込む。
食べた物は吐かない、と心に言い聞かせる。

今日は例の新車の納車日でした。

そらさんが入院した際、そんなメデタイこととかやってる場合じゃないから、
納車日を延期しようかとダンナさんが言ってくれたんだけど、
面会や通院に車が1台しかないと不便だからと言って、変更しませんでした。

まさか、そらさんと入れ替わりになるとはね。

その販売店では、納車の際、記念撮影と花束贈呈をする習慣があるそうですが、
泣きはらしてグチャグチャの顔でピースなどできるはずもなく、
丁重にお断り。

お花も、昨日ダンナさんが断りの電話を入れていてくれてたんですが、
そらさんにと、百合のみの花束をくださいました。

お気遣い、身にしみます。

朝のうち、かなり降っていた雨も、
やはり、車を受け取る頃には小雨になっていて。

そらさんの優しさも身にしみます。

これが新車です。
a0105396_13401442.jpg

a0105396_13404364.jpg

そらさん、乗せてあげられなかったね。

日産さんからいただいたお花のおかげで、
ずいぶん豪華になりました。
a0105396_13421458.jpg

ユリを飾る前から、エルが祭壇をずっと見つめてて、
ジタバタしたりするので、そらさんを恋しがっているのかと思いきや、
お供えのフードが食べたかった様子。

缶詰に変えたら、反応しなくなりました。

さすがエルです。
そのはしゃぎっぷりに救われます。

by kyonmo | 2012-07-01 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/15747799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]