人気ブログランキング |

生命保険の見直し。2

掛け捨ての医療保険は最小限にして、
死亡保障付きの積み立てメインの保険に入ろうという話ですが。

相談している保険選び会社(複数の保険から合うものを探してくれる)の、
担当さんの態度が悪くて、契約する気になりません。

すんげー上から目線で、超タメぐち。
用があって電話したら会議だとかで店にいなくて、
終了次第かけさせますと言われて待っていたのに、
かかってきたのは夜の8時。
どんだけ休憩のない会議してんだよ。

提案してくる保険も、
うちの希望に合うものではなく、向こうが進めたい保険ばかり。
だから、ここで探すのはもうやめました。

ココにお世話になるくらいなら、低金利でも定期預金した方がマシ。

とはいえ、金利の低さが半端ないので、
医療保険で引き続きお世話になる住友生命さんで、
個人年金は契約することになりました。

死亡保障はついてないけど、私が死んだら、
それまで払ってきた分がソックリ返してもらえるらしいし。

とはいえ、60歳までは遠いので、
月々は高くなるけど50歳までグッと払いこんで、
51歳から10年間、利息付けて返してくれるタイプにしました。

スミセイの担当さんは、年は10歳以上上ですが、
とっても丁寧(しかも美女!)で、話も分かりやすく、
うちがあれこれ注文付けても、すぐ直したプランを届けてくれるし、
季節の変わり目などにも、まめに顔出してくれるし、
この辺境の地において、珍しく「デキタ人」なのです。

住友生命は好きでもなんでもないけど、
この担当さんがいる限り、お世話になると思います。

そんな優しい担当さんが、貴重な情報を教えてくれました。

生命保険の「死亡保険金」は全額「指定受取人」に払われるけど、
入院や手術の「給付金」は「法定受取人」で分配しなきゃいけないんですって!!

つまり、ダンナさんが、「長期入院の結果亡くなった」とすると、
死亡保険金は私が受け取るけど、
給付金は前妻の子と私とで、「半々」にしなきゃいけないってことです。

ありえねえ!
入院中の世話とか一切しないヤツに、なんで半分も持って行かれなきゃいけないんだ。

っていうか、今現在ダンナさん死亡保険かけてないから、
保険で賄えない入院費を払ったあげく、保険金は半分持ってかれる計算に(-"-)

耐えられん…orz

保険の担当さんも、この規定のせいで各地で修羅場が起こってるって言ってた。
そりゃそうだろ。

こういうことまで考えず、
安易に「子ありバツイチ」の人と結婚してしまった私の、
アホさ加減が身にしみます。

私に知識さえあれば、
遺言とか遺産分配について、結婚前にしっかり話できたのに。
「遺産半分取られて、どうやって老後を送ろうか」と、頭を悩ますこともなかったのに。
土地・建物の名義、全部ダンナさんになんてしなかったのに。

以前、その件について話した時も、
そんなに簡単に人は死なないのに、死んだ時の話ばかりするなとか、
自分名義の資産が亡くなるのは嫌だとか、
すごく機嫌が悪くなって、あれ以来「遺産分配」の件はタブーみたいになってて。
あっちの子がダンナさんより早く死ねば良いのに、と、本気で考えたよ。
そしたら遺産あげなくていいから。

離婚とか前妻との子供とか、今さらどうしようもないことで責めたりはしないけど、
せめて今の家族(私)が不安にならないよう、
たかだか書類で片付くことなら、
1日でも早くやってあげようって気にはならないものかね?

私がそれだけ愛されてないというコトか。

全財産を私に譲ることに抵抗がある、ということは、
私が信用されてないか、
実は前妻の子にお金を残してやりたいのか。

1歳の時に別れたっきり、音信不通でも、
「血が繋がって」いさえすれば、我が子として、あれこれしてやりたい気になるのかな。

私はこの先、子どもを産むつもりがないので、
老後の面倒を見てくれる人は誰もいないから、
お金だけが頼り。
だから、たとえ1円でも、夫婦で稼いだお金が「他人」に行くのは嫌。

ダンナさんの血が半分受け継がれていようと、私には「他人」だから。

こうして私は年々守銭奴になっていくのである。

by kyonmo | 2012-09-06 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/16448052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]