膀胱炎と緊張性頭痛。

抗生剤の効果は絶大で、
昨日の夜から朝にかけて、1回も「トイレ!」と起こされませんでした。
ありがとう、抗生剤。

当然、薬を飲むのは全力で拒否されるので、
旦那さんが後ろから羽交い絞めしつつ、女帝の頭の左側を固定。
私が左手で女帝の頭の右側を固定しつつ、口をこじ開け、スポイトで投薬。
飲んだら、速攻で「美味しいオヤツ」を鼻先に。

昨日の夜と、今日の朝晩、投薬しましたが、
錠剤の時に比べたら、まだ楽かな。



2週間抗生剤飲んでも変化がなければ、
膀胱の中に完全に石ができてる可能性が出てくるので、
レントゲンとかエコー、するそうです。

石がいたら、手術。
サイアクです(-_-)


寝不足と、精神的ダメージで、
昨日からヒドイ頭痛に襲われています。

主に後頭部で、
誰かが髪の毛をつかんで、思いっきり引っ張ってる系の痛み。
ズキーンよりもするどい、ツキーーーンッという痛みが、断続的に。

愛用のロキソニンで何とか夜は乗り切ったものの、
日中、全然薬が効かなくなり、
「これは、あれだ!三叉神経痛だ!」
と思い、かかりつけの病院に行こうと思ったら、今日は休診日( ゚Д゚)

仕方ないので、ぜんそくでお世話になってる病院に行くと、
「そこは三叉神経痛が出る場所じゃないねえ。たぶん、緊張性の頭痛かな。」
と、痛み止めを処方される。

頭が痛くて、ヘロヘロな私は、心の中で、
「なんやそれ!こりゃ絶対三叉神経だって」と叫びつつ、帰宅。

でも、あれだけのたうち回った割には、
病院からの薬で、ちゃらっと痛みが引きました(笑)

マージーかー。
先生、ごめんよ。疑って。


その後、痛みはぶり返しましたが、
薬飲めば、落ち着いてくれるんで、まあ、後は「日にち薬」でしょう。

女帝の膀胱炎が治れば、私の頭痛もたぶん、治る。

[PR]

by kyonmo | 2017-11-15 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/238073236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]