開山1300年だって。

kyonmoが暮らしている辺境の地には、
伯耆富士と呼ばれる、まあまあ有名な山がありまして。
今年、開山1300年ということで、
観光客も増えております。

このあたりの小中学校の校歌の歌詞には、
必ず「大山」が出てくるくらい、お馴染みのお山です。

小学校5年生になると、学校行事で頂上まで登らされます。
強制参加です。
まあ、最近は学校権力が弱くなっているせいで、
何かと理由を付けてサボる子どもが増えているそうですがね。

1700mくらいあるし、まれに遭難者も出るので、
サボりたい気持ちは、とってもよく分かりますよ(^^;

でもね、
頂上小屋の売店のおばちゃんは、毎日登ってるんだよ!
それに比べたら、一生に1回くらい、楽なもんだ。
根性出して登れっ!

とか言いつつ、
私は38年ここで生きていて、1回しか登っていないのですが。

この辺境の地に来て、まだ15年ほどのダンナさん、
本日、3回目の大山登山です。
まあ、お仕事だから仕方がない(>_<)

昨日の雨の影響で、足場は悪かったものの、
いい感じの曇りで、登山の気候としてはまあまあのお天気。

でしたが。

午後から急に晴れまくり、
a0105396_02192841.jpg
滝のような汗をかきながら、下山したそうです。

お疲れさまでした<(_ _)>

夕方から夜にかけて、ものすごい雨が降り、
場所によってはヒョウも降ったので、
登山中じゃなくて、本当に良かったです。

私と違って、
天気に恵まれる男よ・・・。

[PR]

by kyonmo | 2018-05-30 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/238570413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]