人気ブログランキング |

仔犬と暮らす 54

「仔犬と暮らす53」に関連して。

今回、エル嬢の避妊手術を検討するにあたり、
この辺境の地にある動物病院にかたっぱしから電話しました。

というのも。
もともときょんサマの病院選びはダンナさんがしたのです。
「電話帳の1番最初に乗ってる病院に電話したら、対応がとても良かった。
ためしに覗いてみたら、患者がいっぱいで人気がありそうだった。」
というのが選んだ理由。
でも、残念ながらその病院は、お気に入りの先生が退職され、
次に担当になった院長の態度がムカつくため、通うのをやめました。

現在お嬢様Sがお世話になってる病院は。
エル嬢と出会わせてくれたペットショップの店長さんが太鼓判を押す病院。
獣医さんは6人くらいいて(1日に3~4人が勤務)、
土日祝日も診察してくれて、学会などにも積極的に参加してて、
手術設備も最新機器を導入してたりする病院。
土日はもちろん、平日でも患者であふれてます。

この2つの病院は、往診と緊急外来がありません。
自宅併設ではないので、病院に24時間完全看護というわけでもない。
そこがネックだったんです。

なので、ダメもとで電話しまくり、
手術後エル嬢が極力独りになる時間が少ない病院はないかとか、
実は短頭種の麻酔管理は得意なんですという病院はないかとか、
無事手術を終えて自宅に帰ってから何かあったら困るので、
往診や緊急で診察してくれるところはないかとか、
我がまま承知で、探してみようと思ったのであります。

たかが動物にそこまでするか、と思う人もいるでしょうが、
我が子が腹を切るのに、「まあ、何とでもなるから、どこでもいいよー」なんて
言えないのです。
まだエル嬢とは3ヶ月ちょっとしか一緒に暮らしていません。
「手を尽くしたのですが、残念です」とか言われて、
「はい、そうですね」とは言えません。
かといって、避妊手術しなくて、毎回発情期に悩まされたり、
病気を発症して「あ、やっぱり手術しとくべきだったね」とか言うのは嫌なのです。

で、いろいろ電話したのですが。
なんとまあ、腹の立つ獣医の多いコトか!!!!!

自分の患者じゃないって分かっただけで、話半分に聞かれたり、
パグの手術って聞いただけで、「あー、そりゃ難しいですわ」って電話切られたり、
「とにかく診察にこないと話聞けません」と言われたり…。

別に私は横柄な態度で「おらおらっ」って電話してるんじゃない。
「すいません、ちょっとお尋ねしたいのですが」って聞いてるし。
お邪魔にならないような時間帯を選んで電話してるつもりだし、
(それは私の勝手な判断かもだけど…)
飼ってるライオンの件で、とか特定動物の相談してるわけじゃない。

ひどいのになると。
「パグなんて、とんでもない犬を飼ったお宅が悪いんですよ」とか、
「獣医だって人間だから、眠いし酒だって飲むし、
そうそう動物の面倒ばかりみれんわい」と怒鳴られたり。

パグの避妊手術は引き受けているのか。
手術の流れはどのようなものか。
日帰りor入院か。入院なら何時間くらい1人になる時間があるか。

この3点を聞いただけで、その対応。
信じられません。
獣医様だか何様だか知りませんが、田舎だから営業してられるんでしょうね!
医師免許とって、酒飲んで、そいつの腹をカッさばいて、
術後にほっぽらかして「医者だからってそうそう患者の面倒みれんわい」と
言ってやりたくなりました。
 
こんな病院にかかってる飼い主さんの気がしれない。
たぶん、治療費が安いだけが売りなんだろうな。

結局。
今お世話になってる病院で手術してもらいます。
24時間獣医さんは見てくれないけど、容体が安定するまでは見ててくれるし。
手術も、麻酔管理に麻酔医をちゃんと1人独立しておいて、
細心の注意をはらってくれるし。
手術は昼だから、最低3人は病院内に獣医がいるし。
手術前検査もしっかりやってくれるそうだし。

つくづく、教員免許なんて役に立たないものを取らずに、
もっともっと勉強して獣医になれば良かったと思う今日この頃です。

by kyonmo | 2008-09-13 17:40 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/7482830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by you-komaki at 2008-09-14 01:13
そういう対応なんですか。
ちょっとガッカリですね。
かりにも命を扱う職業の方たちなのに・・・。
しっかりと選んでくださいね。
後悔だけはしたくないですもん。
我が家でも実家からかなり遠い場所の獣医さんにわざわざ通ってます。
安心できないところには任せられませんもんね!
Commented by kyonmo at 2008-09-14 01:21
>KOMさん もー、田舎なのがこんなに悔しかったことはありません!!
こんなヤブ獣医がのさばるのも、患者である私達の意識が低いからです。
もっと糾弾して、緊張感を持たさなきゃいかんのです。
都会には24時間の動物病院や、動物用の救急車だってあるってのに!
信用できる獣医さんが近くにあると助かるんですけどね。
Commented by thepugetsound at 2008-09-14 07:22
難しい問題です・・・・。
動物の医療も人間のそれと同様に、進歩はしてるけど
麻酔を打って帰ってこなかったコ達がいるのは確かだもんね。

ちなみにトリマー&ブリーダーの私のイトコは、
「去勢・避妊」反対派です。
「麻酔が合わなくて、死んじゃうコがいるんだよ!」と言います。
(きょんさんの不安をあおっちゃうかもしれないけど・・・)
でもでも、でもね、犬や猫をペットとして飼う以上、
人間が動物の健康・繁殖をきっちり管理すべきだと
私は思うんです。
繁殖が目的で飼うならまだしも、そうじゃないなら
私は手術すべきだと思います。
そうしたら、保健所行きになるコ達が減るんじゃないかなって
思うんです・・・・・。
Commented by kyonmo at 2008-09-14 17:30
>shokoさん
麻酔が合わなくて死んじゃう子と、
管理不足&野良の出産で「処分」される運命になる子たちの数を比べると、
私はやっぱり手術派ですね。
「犬猫も人間と一緒だ、可哀そうだ」って言う人がいますけど、
犬猫は人間みたいにコンドームやピルで避妊出来ないし、
ただ性欲を我慢させるだけなら、それは拷問だと思うんですよね。

獣医さんの意識・技術の向上と、麻酔関係の進歩、
ブリーダーの無理な交配による虚弱体質・奇形児の増加を防止するなどなど、
犬でもネコでもウサギでも、どんな種でも安心して手術が出来るような環境づくりが先決だと思うのであります。