人気ブログランキング |

GOEMON

絶景!絶景!

昨日、行ってきました!試写会に☆
いやー、なんとも豪華な、賑やかな、スピード感に溢れた、
壮大な映画でしたよ。

お年寄りにはたぶん、ついて行けないくらい。
あと、純粋な歴史ファンにもお叱りをくらいそうなくらい。

すごく独創的な映像美だったと思います。

ただねえ…。
私、カプコンの「鬼武者シリーズ」が好きで、ずっとやってるんですけど、
世界観は似てた気がします。
城とか衣装とかね。

ま、鬼武者は幻魔という魔物(織田信長とか豊臣秀吉にとりついてる)を
成敗していくゲームなんですけど、
映画ではちゃんと人vs人だったので、根本から違うわけなんですけどね。

それと!
忍が活躍する話なので、すべての忍が超人的な動きをするのですけど、
先日見た「怪人二十面相・伝」に似た感がありました。
あ、泥棒って共通点もありますね(笑)
だから使う武器とか逃走用具が似てても仕方ないのか。

鬼武者をやってる人と、怪人二十面相・伝を見た人は、
「うーん、どっかで見た」感に邪魔されると思いますが、
いやいや、しっかり楽しめると思いますので、ぜひご覧ください★

だって、役者が良いですもの(*^_^*)
ジャニ系の話題だけのイモ役者とかを使ってないし、
ベテラン勢の重厚な芝居と、江口・大沢・ゴリあたりの若手の現代風な芝居が、
上手くかみ合って、とっても観やすい❤
私は歴史が苦手で、基本歴史物は見ないのですけど、充分楽しめましたよ。
どのくらい史実とあってるかさえ分からないんですけどもね(笑)

欲を言えば、唯一のヒロイン:茶々には、なんとか別の実力派女優を
キャスティングできなかったものかと残念に思います。
弱い!広末涼子じゃ弱いよ!
少女時代の福田麻由子の方が頑張ってるじゃないか(-"-)

そういえば石川五右衛門の青年時代を演った田辺季正。
将来が楽しみ!
最初、松山ケンイチかと思っちゃったけど(^^ゞ
演出さんが上手いのか、すごく江口洋介と繋がる芝居をちゃんとしてて、
茶々への想いがヒシヒシと伝わる切ない演技をしてました。

中盤は「あれ?主役が大沢たかおになってるよ?」的なストーリーでしたが、
うーん、江口洋介、いいね!!
昔(髪の長い頃)は嫌いだったんですけどね。

そういえば、日本以外でも公開するらしいですねえ。
日本の「サムライ」「ニンジャ」「シロ」「オヒメサマ」の常識が、
さぞや覆されることでしょう(笑)



現在と過去を行ったり来たりするので、
まずは石川五右衛門の設定から。

もともとは武家の嫡男だった五右衛門(江口洋介)。
戦で責められ、父は目の前で切腹、母(りょう)は屋敷に踏み込んできた兵によって惨殺され。
乳母と逃げるものの、山賊に襲われ、乳母を殺される。
売りとばされそうになるものの、山賊の頭領を刺し殺す五右衛門。
その場に偶然居合わせた織田信長(中村橋之介)に根性を見込まれ、
忍になれと、服部半蔵(寺島進)に預けられることになる。

服部半蔵のもと、農民の子ながら才能を見いだされた霧隠才蔵(大沢たかお)とともに、
日々修行に励む五右衛門。
若いながらに実力をつけた五右衛門は、
ある日信長より、幼き茶々(広末涼子)の護衛を命じられる。

「父母を戦で失った」という同じ境遇に、五右衛門と茶々はひかれあっていくが、
他家へ移ることになった茶々は、お別れに扇子を残し、信長の城を去ってゆく。

そして1582年、信長が暗殺され、
服部半蔵は徳川家康(伊武雅刀)の下へ。
霧隠才蔵は豊臣秀吉(奥田瑛ニ)の部下:石田三成(要潤)の下へ。
五右衛門は「自由になりたい」と、忍を抜け、街へ姿を消した。

というのが分割されて「回想」シーンとして各所で明らかになります。
さて、本編ですが。

1582年、天下統一を目指した織田信長は、その夢目前にして、
家臣:明智光秀の謀叛により本能寺で暗殺される。
しかし、信長の右腕であった豊臣秀吉が、その数日後に光秀を討ち、信長の後を継ぎ豊臣政権を制定する。
世は一時的に平和になった。

そこに石川五右衛門という盗賊が現れる。
超人的な身体能力を持ち、金持ちからのみ金銀財宝を盗み、貧しきものに分け与える。
そんな英雄に庶民は熱狂していた。
ある夜、五右衛門は、盗み出した財宝の中に南蛮製の箱を見つける。
最初はただの空箱かと投げ捨てる五右衛門だったが、
翌日、その空箱を探しに三成と才蔵が動いていることを知り、再び箱を手に入れに行く。
その箱は偶然拾った少年の元にあったのだが、
五右衛門が到着したとき、少年の母親はガラの悪い役人衆(玉山鉄二とか)に切り殺されていた。

手下の猿飛佐助(ゴリ)の反対を無視し、孤児になった少年をひきとる五右衛門。
ふとしたことで箱のカラクリが解け、五右衛門たちは謎の地図を得る。
その地図の元にあったのは、光秀と秀吉はグルだと証明する「連判状」だった。
秀吉は光秀と信長暗殺を企て、成功した後、光秀の口を封じたのだった。

その連判状を手に入れ、秀吉を討伐し、自分が天下を治めたい三成。
しかし、連判状は服部半蔵の手に渡り、徳川家康のもとへ渡った。

もと主君:織田信長の敵討ちのため、秀吉を暗殺する五右衛門。
逃亡中、偶然、懐かしの姫君:茶々に出会い、昔の日々を思い出す。
が、暗殺したのは影武者だったと知り、ショックを受け、逃亡に失敗、
危うく殺されそうになったところを才蔵に助け出される。

一方、秀吉は親代わりとして面倒を見てきた茶々に、側室になって子を産めとせまる。
そして朝鮮出兵の準備を始める。
無謀な戦はやめた方が良いと、秀吉に意見した千利休(平幹二郎)が殺され、
茶々は戦を止めるには自分が側室となり、秀吉を暗殺するしかないと決心する。
(実は影でこっそり家康が、信長暗殺の犯人は秀吉だと茶々にバラしてた)

茶々を守るには秀吉を殺すしかないと家康にそそのかされ、
秀吉暗殺を決心する五右衛門。
成功したら侍に格上げし、領地と城をやると三成にそそのかされ、
自分の夢(侍になること)と妻子のために、秀吉暗殺を決心する才蔵。

側室お披露目の会の席で暗殺は決行された。
成功したかに見えたが、側近の我王(チェ・ホンマン)の活躍により、
秀吉は一命を取り留める。
実行犯として捕えられた才蔵は、誰に命令されたかをはけと、拷問にかけられるが、
バラしたら妻子の命はないと三成に脅され、才蔵は黙って拷問に耐える。

佐助が止めるのも聞かず、才蔵を救いだす五右衛門。
しかし、三成は才蔵の妻を殺し、子どもの命が惜しければ出頭しろと再度脅しをかける。
妻の亡骸を前に、「余計な事をしてくれた」と五右衛門を殴る才蔵。
自分のせいで取り返しのつかないことになってしまい、ただ殴られる五右衛門。

殴られ、気を失った五右衛門が気付いたとき、才蔵の姿はそこになく、
城に駆けつけてみると、才蔵が捕らえられ、取り調べを受けていた。
「自分の名は五右衛門だ」「ただ歴史に名を残そうと秀吉を殺したかった」と、ウソをつく才蔵。
広場に集まった群衆の前で、才蔵は五右衛門として釜ゆでの刑に処された。
同じく才蔵の子どもまで釜ゆでにされ、憤る民衆。
自責の念に苛まれる五右衛門に「もうあなたにはついて行けない」と、佐助は去っていく。

友の復讐か、恩人への忠義か、愛する人の奪還か、独りで城に乗り込む五右衛門。
何万という兵をなぎ倒し、秀吉を追う。
頭を失い、復讐に燃える才蔵の部下にも助けられ、なんとか秀吉をうちとり、
茶々を救いだすことに成功する。

秀吉亡きあと、天下を狙う三成が兵をあげ、同時に家康も出兵。
戦乱の世を終わらせたいと五右衛門は独り、戦場へ向かう。
亡き信長の甲冑を身にまとい、戦場ど真ん中に切り込む五右衛門。
信長の再来かと兵が逃げ惑う中、まずは三成の首を取る。
その後真っすぐ家康陣へ突進する五右衛門の前に立ちはだかる元師匠:服部半蔵。
半蔵さえも足止めし、家康に迫る五右衛門だったが、
家康に突きつけたのは刃ではなく、昔茶々にもらった扇子であった。

戦を憎む茶々と自分の想いをこめ、「戦をなくすと誓え」と家康に詰め寄る五右衛門。
その腹に突き立てられる刀。
五右衛門の元から去った猿飛佐助が家康に仕官し、
家康に突進してきた五右衛門を刺していたのだった。

深手を追いつつ、茶々のもとへ帰ろうと歩を進める五右衛門だったが、
山中で力尽き、倒れる。
周りには茶々が好きな蛍が群れ飛び、「絶景、絶景」とつぶやきつつ、目を閉じた。


という、長い長ーいお話でした。

by kyonmo | 2009-05-01 17:35 | お芝居 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://kyonmo.exblog.jp/tb/8233458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by asuka_ibuki at 2009-05-02 23:08
今回の映画も当たり!だったようですね~^^
江口洋介は私も好きです♪♪♪
救急救命士のドラマあたりから グッと好きになりました^^v
ヒロイン役は残念でしたね^^;
ありますよね~なんでこの人なんだ?って思う時・・・(Θ_Θ)
Commented by kyonmo at 2009-05-03 17:16
>asukaさん 最近、当たりな映画ばかりで嬉しいです☆
江口洋介は髪切ってからドンと良くなりましたよね~。
大沢たかおとの格闘シーンなんか、ドキドキでしたよ(*^_^*)
若手俳優演じる不良少年たちが殴り合うような映画にはちっとも興味がないですが(笑)
やっぱり男は40前後が1番カッコいい時期だとと思います!
あああ、それだけに広末が残念すぎる…。