2018年 01月 31日 ( 1 )

1月に観た映画

2017年は、目標の「年間50本」を達成できました。
さて、
2018年は、これを上回ることができるでしょうか?

というわけで、
昨年はインフルエンザが怖かったのと、大雪に阻まれたのとで、
1~2月に全然映画が観れなかったので、
今年はスタートダッシュが大事!と、1月から3本鑑賞。

まず、記念すべき最初の1本は、
昨年12月に観る予定だったのに、予想外に試写会が当たったせいで先延ばしにされた、
「オリエント急行殺人事件」です。
いきなり洋画!
ホントは吹き替えで見たかったんだけど、残念ながら早めに終了してしまったので、
字幕で見てきました。

すごい俳優ぞろいらしいのですが、
向こうの俳優さんに詳しくなく、名前と顔が一致するのはジョニー・デップくらい。
すいません<(_ _)>

オリエント急行は、
数年前にテレビでやったやつしか観たことがなくて、
それも、
松嶋菜々子が出てたことと、殺害方法くらいしか記憶になかったので、
新鮮な気持ちで見れました。

ポアロさんがけっこう武闘派で驚いた(笑)


今年2本目は、
「嘘を愛する女」試写会です。

高橋一生が謎の男を演じるとあって、お金出してでも観たい映画だったので、
試写会当たってラッキー☆

数年同棲した彼と結婚しようとしたら、突然、脳梗塞で彼が倒れ、
搬送された病院で、名前も生年月日も全部嘘だったことが判明し、
自分が愛していた男はいったい何者なのかを、
探偵の力も借り、必死に探しまくる女の話です。

昨年の「散歩する侵略者」と同じ、
「男に振り回されてキーキーなる長澤まさみ」を楽しむ映画。

あたふたする長澤まさみがメインなので、
高橋一生は、冒頭と回想シーンくらいしか出てきませんが、
やっぱり「謎の男」はよく似合います(笑)

でも、観終わって何が1番記憶に残ったかというと、
初音映莉子の、あの笑顔。
夢に出てきそうです(-"-)

今年3本目は、
「祈りの幕が下りる時」試写会です。
2週連続試写会が当たるなんて、こいつは春から縁起がいいや(*^^)v

新参者は、TVシリーズを見てなくて、
再放送か何かで、1~2話見たくらい。
でも、前回の映画「麒麟の翼」は見ました。

なので、加賀恭一郎が日本橋署にいることに、
こんなすごい意味があるなんて、全然知らなくて、感動しました。

我が子を愛する親の、凄まじい想いにただただ涙する映画でした。

ただ、松嶋菜々子を見た時の阿部寛のセリフ、
「やっぱ超キレイだな。」
の、滑舌の悪さには、心の中で大笑い。

ディーンフジオカの「久しぶりだな、鋼の。」といい勝負?

以上、1月は、
① 1/3 「オリエント急行殺人事件」
② 1/18 「嘘を愛する女」
③ 1/25 「祈りの幕が下りる時」
の3本でした。

2月は、

不能犯
今夜、ロマンス劇場で
犬猿
グレイテスト・ショーマン
サニー/32
空海-KU-KAI-


などなどを、観る予定です。

週1じゃ間に合わないなー。

[PR]

by kyonmo | 2018-01-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)