カテゴリ:お芝居( 345 )

9月に観た映画。

8月になかなか映画が観れなかった反動で、
9月は8本も映画を観ましたよ!

今日なんか、台風で「不要な外出は控えて!」と放送が鳴りまくっているのに、
入場者限定ポストカードセット欲しさに、
夏目友人帳を朝イチで観に行ってしまいました(^^;
で、台風なのに、座席が8割がた埋まっていました。
平和すぎる。

今月観た映画は、

㊲ 9/1  君の膵臓を食べたい
㊳ 9/5  検察側の罪人
㊴ 9/10 MEGザ・モンスター
㊵ 9/12 累ーかさねー
㊶ 9/18 コーヒーが冷めないうちに(試写会)
㊷ 9/20 響ーHIBIKI-
㊸ 9/25 パーフェクトワールド 君といる奇蹟(試写会)
㊹ 9/30 劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~

でした。
感想はまた後日。

今月は試写会が2本も当たったのが、大きいな~。
しかも、お金払ってまで観に行くかどうか、悩んでいた2本だったので、
ラッキーでした。

目標の年間50本まで、あと6本。
3ヶ月で6本は、余裕だなあ(*´▽`*)
3か月あれば10本は観れるので、今年は過去最高の映画年になりそうです。

ま、娘たちの介護で出かけられなくなる前に、
遊べる時は遊んでおきましょう。

10月は、
今月観れなかった「散り椿」「食べる女」と、
すでに試写会が当たっている「旅猫リポート」、

億男
日日是好日

を観に行く予定です。

[PR]

by kyonmo | 2018-09-30 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

8月に観た映画。

8月はダンナさんがずっと家にいたのもあって、
こそこそ映画観に行けなかったから、
4本しか観れませんでした。

月4本だと少なく感じる時点で、
けっこうな映画バカ。

8月に観た映画は、

㉝ 8/16 劇場版コード・ブルー
㉞ 8/21 3D彼女 (試写会)
㉟ 8/28 SUNNY強い気持ち、強い愛 (試写会)
㊱ 8/31 銀魂2 掟は破るためにこそある

の4本です。
試写会が2本も当たったのは、ラッキーだったな。

感想はまた後日。

9月は観たい映画が多いので、
また試写会当たってくれると助かるんだけど。

9月は、
今月観れなかった「検察側の罪人」と、

君の膵臓を食べたい
累ーかさねー
MEGザ・モンスター
響ーHIBIKI-
コーヒーが冷めないうちに
食べる女
散り椿
夏目友人帳


を、観る予定です。

何本かは10月にずれ込むだろうなあ。


[PR]

by kyonmo | 2018-08-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

7月に観た映画。

本日、我が辺境の地が、
気温38度を超えました。

去年、エアコンを新調しておいて良かった。
古いエアコンだったら、この暑さは絶対乗り切れない。

さて、7月に観た映画は、
㉖ 7/4  海を駆ける
㉗ 7/11 虹色デイズ
㉘ 7/12 文豪ストレイドッグス
  7/14 文豪ストレイドッグス(限定冊子欲しさに再鑑賞)
㉙ 7/18 アイ・トーニャ
㉚ 7/20 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています
㉛ 7/23 青夏(試写会)
㉜ 7/26 センセイ君主(試写会)

の、7本です。
見る予定のなかった映画の試写会が当たったので、
けっこういい本数が見れました。

女子高生のトキメキ恋愛ストーリーは、
この年になるとなかなか手が出ないのですが、
「青夏」も「センセイ君主」も予想外に面白くて、
食わず嫌いを反省しました。

8月は、

今月観れなかった「劇場版コード・ブルー」と、

銀魂2
検察側の証人
SUNNY強い気持ち・強い愛


を観る予定です。


[PR]

by kyonmo | 2018-07-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

6月に観た映画。

6月は試写会が珍しく多めに実施されたんですが、
私は見事に全敗。
なぜだ・・・。

「コイツは試写会当選させなくても、どうせ観に来る」ってバレてる?
それとも、
「コイツ、スマホ持ってないし、ツイッターもインスタもやってないから、
 試写会当選させても、世間に感想を拡散しない。」って思われてる?

年間50本を目指しているので、試写会当たらないと、経済的につらいよ~。

というわけで、今月観た映画は、

㉒ 6/13 羊と鋼の森
㉓ 6/18 空飛ぶタイヤ
㉔ 6/20 万引き家族
㉕ 6/27 素敵なダイナマイトスキャンダル

の4本です。

今月も週1ペースをキープ(*´▽`*)

半年で25本なので、今年も50本、観れそうだな。


7月は、今月観れなかった「海を駆ける」と、

虹色デイズ
文豪ストレイドッグス デッドアップル
アイ・トーニャ 史上最大のスキャンダル
ジュラシック・ワールド 炎の王国
未来のミライ
家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています
劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命


を観たいのですが…、
時間がないので、8月に何本かずれ込みそうです。

試写会、当たりますように。


映画の感想(ネタバレあり)
[PR]

by kyonmo | 2018-06-29 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

5月に観た映画。

今月前半は、なかなか映画を観に行く暇がなくて、
どうなることかと思いましたが、
後半駆け込みで5本、観れました(*^^)v

まだ週1ペースをキープ中です。優秀!
(なんか、変な義務感に追われてる・・・)

5月に観た映画は、

⑰ 5/15 妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ (試写会)
⑱ 5/16 ラプラスの魔女
⑲ 5/23 GODZILLA決戦機動増殖都市
⑳ 5/26 のみとり侍
㉑ 5/30 恋は雨上がりのように

来月初めには試写会が連続で開催されるんですが、
私も母も、全敗。
うーん、残念(>_<)

レディースデーと、溜まったポイントを駆使するか。

ちなみに来月は、

羊と鋼の森
Vision
万引き家族
空飛ぶタイヤ
ダイナマイトスキャンダル
海を駆ける

あたりを観に行く予定です。

ナントカという賞をとった「万引き家族」と、
イイ男祭りの「空飛ぶタイヤ」は絶対観に行きますが、
6月は忙しいので、他は微妙・・・。

「猫は抱くもの」も、猫はすごく見たいけど、人間がロクなのいなくて断念。
洋画も、なかなか手が出ないし。
ま、7月は観たい映画が満載なので、7月に期待しましょう。



映画の感想(ネタバレあり)
[PR]

by kyonmo | 2018-05-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

4月に観た映画。

映画館が少ないせいで、
都会より圧倒的に公開される映画が少ない、この辺境の地。

都会で人気だった映画が、
2週間限定とかで、上映されることがしばしば。

2週間しかないと、予定が合わなくて、観れないこともあって、
すごく悔しいです。
まあ、最近は1年もすれば地上波でやってくれますけどね~。

さて、4月に観た映画は、

⑬ 4/5  リズと青い鳥(試写会)
⑭ 4/11 blank13
⑮ 4/16 いぬやしき(試写会)
⑯ 4/23 名探偵コナン ゼロの執行人

の4本です。
今月もなんとか週1ペースをキープしてるな(*^^)v

5月は観たい映画が山積みなので、
週1じゃ絶対間に合わないー。

予定では、

ラプラスの魔女
蚤とり侍
GODZILLA決戦機動増殖都市
妻よ薔薇のように(家族はつらいよⅢ)
恋は雨上がりのように

を、観に行く予定です。
キャストが豪華だから、「弧狼の血」も見ようかなと思っていたけど、
PR特番を見て、やっぱりヤクザ映画は向いてない…と気づき、諦めました。


映画の感想。(ネタバレあり)
[PR]

by kyonmo | 2018-04-29 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

3月に観た映画。

いつも映画の感想は、月末最終日にしておりましたが、
今月はもう見る予定がないので、早めにやっちゃいます。

3月に観た映画は、

⑨ 3/7  空海ーKU-KAI-
⑩ 3/11 去年の冬、きみと別れ
⑪ 3/13 坂道のアポロン
⑫ 3/20 ちはやふるー結びー

の4本でした。
週1ペース、キープ(^^♪

3月に観た4本は、どれもお金出して損はない、素敵な映画ばかりでした。
2月がひどかっただけに、救われた気分です(笑)

唯一残念なのは、
「空海」が吹き替えしか上映されなかったこと。

中国が絡んでいるだけに、セットも衣装も超豪華で、
絶世の美女と言われる楊貴妃役の女優さんが、ホントに絶世の美女だし、
ストーリーも、猫が大活躍?するし、切なく哀しい涙なくしては見れない、
素晴らしい作品であるのに!

吹き替えじゃなければ。
ああ、吹き替えじゃなければ!
もっともっと感動できた!!
字幕嫌いの私が言うのだから、間違いない。

っていうか。
自分で吹き替えをやってる染谷くんが、下手すぎる(-"-)
最初から最後までいる役だから、最初から最後までイラッとするのよ・・・。
芝居は上手くても、吹き替えはダメなのねー。

「去年の冬、きみと別れ」は、
キャストの顔ぶれで、期待度50%くらいだっただけに、衝撃でした。
しっかり、だまされました!
斎藤工は、やっぱりコウイウ役、似合うよねー(*´▽`*)

「坂道のアポロン」は原作のファンですが、
上手にカットしてまとめてあったなあと思います。千太郎がいなくなる原因とか。

キャストもイメージピッタリで良かった。
最初、ヒロインを小松菜奈がするって聞いた時は、
えー?ちょっと美少女すぎない?と思ったけど、見事にイモ感が出てた\(^o^)/

さらに、ディーン・フジオカの魅力を最大限に生かし、
セリフは極力少なめ、トランペットをノリノリで演奏、英語で歌も歌わせる!
監督、分かってる~(笑)

やっぱり青春っていいなあと思う、映画でございました。

青春と言えば、「ちはやふる」。

前作の時も叫んでましたが、
個人的なイメージでは、千早と太一はあの2人ではないんだけれども、
でも、広瀬すずは間違いなく、可愛かった。
そして、かるたも頑張ってた。
だけど、千早じゃないんだよなあ・・・(T_T)

でも今回は、
名人の賀来賢人と、クイーンの松岡茉優の魅力が存分に発揮され・・・てはいないけれど、
いい味出してたな~と思います。
スノー丸グッズで着飾った松岡茉優は最高でした。

そうそう、今年1月から始まった「anone」というドラマに出てた彦星くん、
最初見た時、「どっかでみたことある・・・。」とすっごく悩んだんですが、
北央の須藤先輩の人だったんですね。

いやー、いろんな役ができる方ですねえ。ビックリ。


さて、来月は、

blank13
さよならの朝に約束の花をかざろう
名探偵コナン ゼロの執行人
いぬやしき
リズと青い鳥


を見る予定です。

4月から仕事が増えるので、無理かもな~。

[PR]

by kyonmo | 2018-03-20 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

山陰中央テレビさん、ありがとう。

a0105396_22185189.jpg
火曜21時のドラマ、「FINAL CUT」の特製クリアファイルが当たりました。
なぜか、2枚セットで。

ありがとうございます。

最初、このドラマを見た時は、
木村多江の「ブラックリベンジ」のパクリかと思いましたが、
全然方向性が違いましたねー。

佐々木蔵之介見たさにこのドラマを見始め、
今まで延々と見てきましたが、
亀梨くんのキメ台詞「これがあなたのファイナルカットです」の不自然さに、
いまだに慣れません(-"-)

[PR]

by kyonmo | 2018-03-03 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

2月に観た映画。

寒波とインフルに怯えながらも、
今年はしっかり映画館に通えてます。

2月に観た映画は、

④ 2/6  グレイテスト・ショーマン(試写会)
⑤ 2/9  不能犯
⑥ 2/18 犬猿
⑦ 2/20 サニー/32
⑧ 2/28 今夜、ロマンス劇場で

の5本でした。
1月が3本だったので、これで週1ペースになれたな(*^^)v

字幕もミュージカルも苦手なのに、
まあ、せっかく試写会が当たったし~、と、
軽い気持ちで出かけた「グレイテスト・ショーマン」。

素晴らしかった!
心が震えた!


冒頭の5分で、感動しすぎて涙が出てきたー。
ただ歌って踊ってるだけで、まだストーリーは始まっていないのに、号泣。

これは絶対映画館の大画面・大音量で味わうべきだね。

中盤、
普通に会話すれば1分で終わるような内容を、
延々と歌い踊り続けられた時は、
「やっぱりミュージカル無理だ・・・(T_T)」と思ったけど(笑)

kyonmoの2018年ベスト洋画ランキング、暫定1位決定☆


と、素晴らしいスタートをきれた2月でしたが、
「不能犯」
「サニー/32」
は、お金を払って観たことを激しく後悔( ゚Д゚)

ミステリーとかホラーとか不可能犯罪とか大好物だけど、
途中で帰りたくなった…。
いやいや、ここから面白くなるかもと心に言い聞かせて観続けましたが、
結局、最後までガッカリ感は消えませんでした。

「不能犯」は、とにかく沢尻エリカがイモで、イライラ。
っていうか、こんなにお芝居下手だったっけ?
っていうか、警察関係全般(安田顕以外)妙にセリフが浮いてた気が。
彼らがもう少し上手くしゃべれるように、
ちょっとくらい脚本変更してあげられなかったのかしら。
あと、テット・ワダ?とかって俳優もひどかったなー。

「サニー」は、麦ちゃん以外、どーしよーもない( ゚Д゚)
っていうか、話の展開が謎。
そもそも、何でこの映画を世に出したかったのか、疑問。
少年犯罪の闇とか社会悪とかが描かれるのかと、期待して行ったのに・・・。

久しぶりに何も得るものがない映画に出会ってしまった。

kyonmoの2018年駄作映画ランキング邦画部門、
早くも1~2位が確定。

更新されないことを祈ります。



「犬猿」は、
兄弟・姉妹の確執という、どこにでもありそうな設定を、
すごく丁寧に描いてあって、
派手な盛り上がりやどんでん返しはないけど、面白かった。

窪田正孝・新井浩文の兄弟と、ニッチェ江上・筧美和子の姉妹が、
とにかく上手くて、このキャスティングした人天才!って思いました。

うーん、同性の兄弟(姉妹)って大変だな~。
うちは兄妹だから、そんなに喧嘩もしないし、嫉妬してどうこうとかもないし。
恵まれてたのかなあ~。
ダンナさんとこは男兄弟だから、いろいろ確執あるみたいだし。

「ロマンス劇場」は、綾瀬はるかの良さをふんだんに詰め込んだ、
美しい映画でした。

最近の綾瀬はるかは、昔の「天然ボケおっとり女子」ではなく、
「強くたくましい、戦う女」の役が多いですね。
似合うけど(笑)

このお話の前半の、

モノクロの世界から出てきたお姫様に、
カラフルな衣装を着せて、
この世の「美しい物」をたくさん見せるというシーン。

色とりどりのバラ、青空、ドロップ、藤棚、虹、蛍などなど。

毎日何気なく生活してるけど、
この世は本当に美しいものに溢れてるんだな~って、
感動しながら、見ました。

冒頭の、
現在のシーン(病院)で、2人の結末はある程度読めてしまいますが、
それでも、
切なく楽しいお話でした。

ツンデレの綾瀬はるかも、純朴青年の坂口健太郎も良いですが、
1番光っていたのは、スタアの北村一輝じゃないでしょうか(笑)
「ハンサムガイ」シリーズ、観てみたいです(*´▽`*)


3月は、

空海
北の桜守
坂道のアポロン
去年の冬、きみと別れ
ちはやふるー結びー


を見る予定です。
ああ、また週1じゃ足りない(-"-)

[PR]

by kyonmo | 2018-02-28 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

1月に観た映画

2017年は、目標の「年間50本」を達成できました。
さて、
2018年は、これを上回ることができるでしょうか?

というわけで、
昨年はインフルエンザが怖かったのと、大雪に阻まれたのとで、
1~2月に全然映画が観れなかったので、
今年はスタートダッシュが大事!と、1月から3本鑑賞。

まず、記念すべき最初の1本は、
昨年12月に観る予定だったのに、予想外に試写会が当たったせいで先延ばしにされた、
「オリエント急行殺人事件」です。
いきなり洋画!
ホントは吹き替えで見たかったんだけど、残念ながら早めに終了してしまったので、
字幕で見てきました。

すごい俳優ぞろいらしいのですが、
向こうの俳優さんに詳しくなく、名前と顔が一致するのはジョニー・デップくらい。
すいません<(_ _)>

オリエント急行は、
数年前にテレビでやったやつしか観たことがなくて、
それも、
松嶋菜々子が出てたことと、殺害方法くらいしか記憶になかったので、
新鮮な気持ちで見れました。

ポアロさんがけっこう武闘派で驚いた(笑)


今年2本目は、
「嘘を愛する女」試写会です。

高橋一生が謎の男を演じるとあって、お金出してでも観たい映画だったので、
試写会当たってラッキー☆

数年同棲した彼と結婚しようとしたら、突然、脳梗塞で彼が倒れ、
搬送された病院で、名前も生年月日も全部嘘だったことが判明し、
自分が愛していた男はいったい何者なのかを、
探偵の力も借り、必死に探しまくる女の話です。

昨年の「散歩する侵略者」と同じ、
「男に振り回されてキーキーなる長澤まさみ」を楽しむ映画。

あたふたする長澤まさみがメインなので、
高橋一生は、冒頭と回想シーンくらいしか出てきませんが、
やっぱり「謎の男」はよく似合います(笑)

でも、観終わって何が1番記憶に残ったかというと、
初音映莉子の、あの笑顔。
夢に出てきそうです(-"-)

今年3本目は、
「祈りの幕が下りる時」試写会です。
2週連続試写会が当たるなんて、こいつは春から縁起がいいや(*^^)v

新参者は、TVシリーズを見てなくて、
再放送か何かで、1~2話見たくらい。
でも、前回の映画「麒麟の翼」は見ました。

なので、加賀恭一郎が日本橋署にいることに、
こんなすごい意味があるなんて、全然知らなくて、感動しました。

我が子を愛する親の、凄まじい想いにただただ涙する映画でした。

ただ、松嶋菜々子を見た時の阿部寛のセリフ、
「やっぱ超キレイだな。」
の、滑舌の悪さには、心の中で大笑い。

ディーンフジオカの「久しぶりだな、鋼の。」といい勝負?

以上、1月は、
① 1/3 「オリエント急行殺人事件」
② 1/18 「嘘を愛する女」
③ 1/25 「祈りの幕が下りる時」
の3本でした。

2月は、

不能犯
今夜、ロマンス劇場で
犬猿
グレイテスト・ショーマン
サニー/32
空海-KU-KAI-


などなどを、観る予定です。

週1じゃ間に合わないなー。

[PR]

by kyonmo | 2018-01-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)