人気ブログランキング |

<   2007年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

ハーレム 2

今週発売の女性誌に、
「タクシー送りは唐沢、仕切りは及川、隣は上川、朝までイケメン会の紅一点」
というのがアリマシタ。

要は、唐沢寿明と及川光博と上川隆也が、舞台関係の女性1人を交え、
朝まで10時間ほど、飲み歩きをした、という記事。
10時間も追っかけて、写真を撮り続けたカメラマンさん、オツカレサマ。

この紅一点、小西真奈美似の美女だそうで。
でもこの3人相手に10時間も飲めるなんて、美女でも不美女でも関係なく、
とにかくウラヤマシイ!!!!

しかも、飲んだからと言って、乱れるでもエロでもなく、
芝居やら、社会やらの彼らの熱い世界観トークに参加したという事実が、
ある意味スゴイ。。。

美人なだけじゃなく、熱く、賢いヒトなのかもシレナイ。。。

by kyonmo | 2007-08-31 20:42 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

一生のシゴト

今日のスポーツ報知に、「由伸FA封印生涯巨人」とでていタ。
ジャイアンツ愛、だね。
メジャーだ、要求を聞いてくれる他球団だ、とウロウロするヒトが増えてきたこの頃、
こういう人がいると日本の野球少年の未来は明るい!!!

将来は監督候補だというぢゃないですか。
私的には、やはり監督は松井秀樹。
由伸は、二岡もそうだけど、クールな自分を破れないでしょう。。。
監督:松井、バッティングコーチ:由伸、ピッチングコーチ:上原というのはいかが?


さあ、今日はハマのおじさんと対決してますが、勝てるかな♪

by kyonmo | 2007-08-31 20:30 | シゴト | Trackback | Comments(0)

待望の。

薬師寺涼子の怪奇事件簿の8巻が出たーーー!!!

待ちかねたよ~。原作があっても、ホント漫画化するって大変なのね。
ついに、カナダ編だっ。
怪奇事件簿シリーズの中でも私的には結構上位の「黒蜘蛛島」が始まりまシタ。
この巻でついにお涼さまの名台詞に会えたので、感動ヽ(^o^)丿
お涼さまと泉田クンの子供って、超美形に違いナイ。。。
ナントモ言えない恋愛関係が、とにかく好きーーー!!

原作読んでるから、展開は頭に入ってるんだけど、絵にするとやっぱ違うよ~。
アニメ化しないのかなあ。
それにしても、田中芳樹って人は、なんて天才ナンダ。
すごいったらナイ。

いっちばん好きな、霧の訪問者が漫画になるまで、あと何年くらいかかるんだろ。

by kyonmo | 2007-08-30 21:01 | まんが  とか | Trackback | Comments(0)

奥が深い。

今日はカボチャパウンドを作りました。
1週間くらい前にも作ったんですが、なぜコレばっかり作っているかというと。

よしながふみの「フラワーオブライフ」にレシピが載ってまして。
またその書き方が、私みたいな超めんどくさがりでもヤル気にさせるシロモノで。
軽~い気持ちで作れちゃうんでスヨ。。。
で、レシピ通りに作ると、確かにオイシイんです、売ってるヤツみたいに。。。
ただ、バターと砂糖の量が半端じゃなくて、作りながらウンザり・・・。

バターの中に大量の砂糖がジャリジャアリいいながら溶けていく様は、
未来のメタボを連想させまシタ(T_T)

ということで、今回は自分なりにバターをマーガリンに変えたり、
砂糖減らしてかぼちゃ増やして自然な甘さを目指してみたりしたのです。

味は…手作り感が強くなっちまいましたが、まあまあでした。
心の安心とともに食べれば、なお美味しくいただけるってことで。

ベストバランスを研究していきます!
・・・その前にカボチャシーズンが終わってしまうカモ。

by kyonmo | 2007-08-29 23:24 | まんが  とか | Trackback | Comments(0)

床でなんて、寝れないわ。

と、お嬢きょんがいってます。

今日は1日中雨だったので、きょんはひたすら寝続けました。

前住んでたアパートは、ひさしがすごく広かったので、
雨でもベランダに出れたんですヨ。
新しい家は、ひさしがマジデ意味がなく、小雨でもびちゃびちゃに・・・・。
ああ、なんて可哀想なコトをしてしまったのでしょう。

家中のマットを転々と移動して、最後はマッサージチェアでお休みになりました。
午後いっぱい、爆睡でした。
可愛いから、許す!

だから、爪を切らせてください。

a0105396_23412824.jpg

by kyonmo | 2007-08-28 23:44 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

放送延長してください。

野球人気が復活すれば、野球放送試合終了までやってくれるんですかね。
巨人が優勝しまくっちゃえば、全試合放送するようになるんデスカネ。
今日みたいな接戦のときは、20:30以降の牽制球とか投手交代の練習とかが、
非常に憎く思われマス。

なにやら今日は相手の暴投により勝利したとか。
ゴチソウサマです(笑)
ええ、勝てばいいのですよ、最後に勝てば。

明日はイイシゴトたくさん見れますように。

by kyonmo | 2007-08-28 23:33 | シゴト | Trackback | Comments(2)

おやじ?ぶーむ

何歳からオヤジと呼ばれるのかは分りませんが。
俳優さんは40~50代がオイシイ。
世間ではオヤジなんでしょうが、TVの向こうはオヤジでもキラワレナイからいいね。

上川隆也にしろ、佐々木蔵之介にしろ、堤真一にしろ、オヤジじゃないし。(私の中では)
真田広之はあと20歳年をとっても、永遠にオヤジにはならない!と信じてイル。
ほか、柳葉敏郎とか、八嶋智人とか、阿部寛とか…いーよなあ。

芝居が深いと、生きてきた人生もきっと深くて、味のある男になるんだろう。

真田広之の前は、水谷豊が好きだった。小学生ながら。(笑)

松本幸四郎がお父さんだったら良かったのに、と母に言ったこともアル。
その際「松本幸四郎がお父さんだったら、浮気ばっかりして、家にいないわよ。」と
母に言われた…マイ父は信用が厚かったんだナ。

by kyonmo | 2007-08-28 21:29 | お芝居 | Trackback(1) | Comments(0)

観疲れた・・・

しっかり観ました、5時間半生放送「青春舞台2007」
まずは、まじめに高校演劇に取り組む、若き演劇人に拍手。

審査員のおじさんも言ってましたが、ホントに高校演劇というのは特殊なもので、
限られた制約があるからこその熱気というか、暑苦しさを伴い、
まじめにやればやるほど涙し、苦しみ、泥臭くなる・・・卒業してしまったら最後、
もう2度と戻れない輝かしい世界。。。

どんなに芝居がやりたいって思っても、高校時代とのギャップに悩み、
商業演劇になじめなかった私デス。
夢を追いたければ、高校の教師になって演劇部の顧問になるしか道はナイナ。

それにしても、前々から疑問に思っていた高校演劇のシステム。
予選は年内だけど、全国大会は翌年夏だから、
権利を勝ち取った3年生の無念なことと言ったら。。。
私達がまさにそれだったんデスが。

主力が入れ替われば、それはもう全然違う舞台ダヨ。
駄作にだってなる。
甲子園みたいになんとかならないのかしら。
予選の最後が11月だから、全国大会が翌2月くらいとすると…受験生はアウトだな。
やっぱ、無理か。。。

無理といえば、高校演劇で勝ち抜くための脚本内容っていうのがある。(暗黙の)
商業演劇用の脚本でないこと(自分で創れってこと)
テーマは戦争、学校、家族、友達のどれか。
ロミオとジュリエットとか、恋愛ものとか、選んだ瞬間に地区大会どまり。
というのが、私たちの時代の見解だったんですが、
あんまり変わってないミタイダ。

キャラメルボックスの脚本を使った後輩がいたが、ダメだったもんな~。
ま、高校生に表現できる芝居ではなかったんだけども。
プロはプロで、お金取るだけあって、責任ある芝居をするヨネ。
そうそう、上川隆也は「続・三丁目の夕日」にでるとか。
堤真一も好きだし、観に行くか!・・・・・・・・・・・11月ってマダマダじゃん。

by kyonmo | 2007-08-27 21:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに

ついに明日は、BSで今年の高校演劇チャンプ達の放送がある日です♪
しょせんTVごしなんで、ホントの良さは伝わりませんが、
辺境の地に住む今となっては、TVしか頼るものがない。のが現実。
こっちに来れるのって劇団四季くらいしかないんだな。
もち四季も素晴らしい舞台ですが。

キャラメルボックス、死ぬ前に1回ナマで観たいんデス。
高校時代は嫌いだったんですが、上川隆也のおかげで観るようになって。
西川浩幸とか、かなり私好みデ。
好みといえば、今日の大河の佐々木蔵之介もしぶかった。
真田広之にはかなわないが。

40前後の男が、やっぱ旬だね。

by kyonmo | 2007-08-26 23:04 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

農家の娘。

うちは代々兼業農家デス。
規模は小さくなりましたが、まだまだ自宅で食べる分はがっつり作ってマス。
今年は用水路事情で稲作中止命令が出され(行政との戦いはミゴトでした・・・) 、
本来水田な土地を臨時で畑にし、また日々農作業。
・・・・を、やっているのはうちの親までで!

私も兄もさっぱり手伝ってきませんでしたので、誰が受け継いでいくのか?
そこにいろんな家庭の事情があり。

いよいよ来ました、畑デビュー。(ゼンゼンハナバナシクナイ)
まず、「恰好から入れ」という父(ダンナさんはお婿様なので実の父)の指導。
パッと見、年齢不詳な畑のオバサンにへんし~ん(*^。^*)意外と様になってる。
いざ。

10分後。。。

野菜はスーパーで、じゃないいっ!
農家の人は、農家の人は、タイヘンなんだーーーーぁ!
「米は買わなくても実家から貰えるから、値段なんて知らな~い」なんて言ってた
バカ娘を許してください。

噛みしめて食事をします。

でも、虫がいるからヤダナ・・・農薬万歳じゃ・・・。

by kyonmo | 2007-08-26 22:36 | シゴト | Trackback | Comments(0)