人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 48 )   > この月の画像一覧

水曜日のドラマ 8

『斉藤さん』第8話です。

先生とか神父とか、聖職と呼ばれる職業についてる方々の苦労をお察しします。
先生だって人間だから、お酒だって飲むし、ギャンブルだってするし。
ちょっとアブナイ本だって、読みたい時もあるでしょうけど。
政治家やサラリーマンに許されることが、「学校の先生」には許されないことが多すぎ(>_<)

教育実習の時にさんざん言われましたけど、
いつ・どこに子どもや保護者の目が光っているか分からないので、
コンビニやスーパーでの買い物(弁当やお菓子ばかり買ってはいけない)や、
本屋での行動(立ち読み厳禁、アダルト的なコーナーは特に)
交通ルールの厳守(歩く時は右側、とか)
私服のセンス(破れたジーンズや鼻ピアスは×)
異性とのお付き合い(路チューなんて死刑ですよ)
などなど、注意すべきことが尋常じゃないのです(>_<)

私生活でも「尊敬すべき先生」でいることは、私には耐えられなかったので、
この道には進みませんでしたよ。
現職の友も、苦労しているようです(T_T)

でも子どもの写真を無くすのは万死に値します、な感想。

by kyonmo | 2008-02-29 10:26 | お芝居 | Trackback | Comments(4)

名作か駄作か。

本日の猫事情
/ Happinet(SB)(D)

私の影響でネコ馬鹿になりつつあるダンナさんが借りてきました。
内容は、1人の女性とネコ5匹の1日を描いたものです。
5匹の猫はそれぞれ個性的で、とても可愛くて、そりゃあもう癒されますが、
癒されるばかりでないのが、ちょっと問題。

猫ってかわいい~♪くらいの人が見るためのものですね。
猫を家族として、一生を共にしようとする人が見たら、オイコラッ!って怒鳴りたいシーンが
多数でてきます。

パソコンのコードに絡まって、ガジガジして遊ぶ猫を見て、笑顔の飼い主。
猫の通り道の棚に、ガラス製品を飾りまくり、「あ~、あぶな~い」という飼い主。
カーテンに登る猫をほったらかす飼い主。
適当なところにおやつをしまい、夜中に5匹が食い散らかすのを見て、泣く飼い主。
インクの付いた手を洗っている洗面台に、猫が水を飲みに来るのを許す飼い主。
自分のカバンに子猫が入っているのを気付かず、外出先で慌てる飼い主。

あげればキリがないですが、猫を殺す気か??というようなシーンが満載。

最後に気付きましたが、人も猫も役者さんで、実際の家族ではないのです。
それなのに、あの仲の良さを出すってのは、人も猫も、相当の演技者だと思うので、
コレには感動しました。
きょんさまじゃあ、見知らぬ人や見知らぬ猫と一緒に、腹だして寝たり出来ませんから。
マリの時にも思いましたが、動物に演技をさせるって大変だと思いますし。

ただ…上記のシーンを見て、勘違いしたまま猫を飼おうとする人が増えないことを、
祈るばかりです。

by kyonmo | 2008-02-29 09:50 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(2)

最近の日課。

最近、私が22~24時のTVを独占してしまうので、
やることがないダンナさん、うたた寝をしてしまうの巻(笑)

右上のモサモサが、ダンナさんの頭です。
ダンナさんのお尻に抱きついて眠るきょんさま♪
a0105396_10142345.jpg


単にこの毛布がお気に入りなだけ、という噂も(笑)

by kyonmo | 2008-02-28 10:14 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(6)

火曜日のドラマ 8

『あしたの、喜多善男』第8話です。

詐欺です(>_<)
まさよしの出番、アレだけだなんて!!
楽しみにしてたのにぃ(怒)

結局、三波の生死は??な感想。

by kyonmo | 2008-02-27 16:01 | お芝居 | Trackback | Comments(4)

ガッカリ。

昨年仕事を辞めるまでは、仕事があまりにも忙しすぎて、
お金はザクザク手に入るのに使いに行けないという、ジレンマにおちいっていました。
そんな時期に、ひたすら通販で、食べ物から服から家具まで全部、購入していたのですが。
転職して、私が仕事を辞めた関係で、通販とは縁が切れかけデス。
辺境の地ゆえに手に入らないモノを、アマゾンさんで買うくらいです。

先日通販会社Nから
「3000円以上お買い上げの方全員に、赤いホーロー鍋プレゼント」
というハガキが来ました。
調理器具にこだわらない私は、ちょうどそのくらいの大きさの鍋が欲しかったので、
通販Nで、久々に買い物しました。

ところが。

昨日通販Nからメールが届き、
「先日お届けした鍋は、不良品の可能性があるので処分してください」
というメールが来ました。
購入品ではなくプレゼント品なので、お取り換えは出来ないとのこと。
今どき、ゴミ有料化の時代なのだから、この大きさの鍋を処分するにもお金がかかります。
「お詫びにN通販のみ使用できる2000円の商品券をお送りいたします。
次回のお買い物にぜひお使いください」
とのことです。
鍋をエサに、3000円(+送料)の買い物をさせたのだから、
お詫びの商品券も3000円にすべきではないか?
というか、よっぽどのことがない限り通販を使わなくなったのに、「次回~」と言われても、
たぶん有効期限を決められたら、使わずに泣き寝入りだよ(>_<)

不良品の可能性というのは、
フタにヒビが入る、取っ手がガタつくというクレームがあったからだそうです。
うちの鍋は別にコレといって不良はないので、このまま使ってやるかと思ってます。
何かあっても訴えられませんが。

by kyonmo | 2008-02-27 12:53 | シゴト | Trackback | Comments(4)

家政婦はストーカー?

非常識なお隣さんのお話です。
私はストーカーじゃありませんが、引きこもっているので、
お隣の事情は嫌でも伝わってきます(>_<)

お隣のご主人さんは、毎週土日がお休みです。
ご主人が朝、白の車で出かけない日=ご主人が休みの日、という位置づけです。
しかし、最近土日だけでなく、週の半分は家にいるのです。
お勤め先は、ここから山を登って行った、牧場系テーマパークです。
雪深いので、仕事がないのかしら…。

そのご主人が、17日以来、姿を消しました。
というのは大げさですが、車はあるのに姿も声もないのです。
ヤクザ口調で大声のご夫婦なので、日常会話も筒抜けなだけに、いないとすぐ分かります。
出張かなんかじゃないの?とダンナさんは言いましたが、
先週1週間いませんでした。

そして、23日の土曜日、奥さんがレンタカーで朝早く外出。
大荷物で、ジャージで出かけて行きます。
外で子どもが大声でぐずっていたので、その現場を目撃したのです。
そして24日の深夜0時にドタバタと帰ってきました。
8月に引っ越してきてから今まで、泊まりがけで出たのを見たことがありません。
深夜のことなので、子どもが大泣きです。
実に不愉快です。
遊びに行ったのなら、もっと早く帰れるプランを立てるべきです。
案の定、次の日は幼稚園を休ませていましたし。

25日からはご主人の白い車が朝、動くようになりましたが、
まるっきり声はしないのです…。
あんなにヤクザっぽい人なのに、こんなに静かに生活できるのか、疑問。
もしかして、入院でもしてたのかしら。
で、今、病み上がりなのかしら。

私はてっきりサスペンス的展開だと予想してたのですがね(>_<)

by kyonmo | 2008-02-26 17:47 | シゴト | Trackback | Comments(5)

続編。

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン)
/ ワーナー・ホーム・ビデオ

昨年ハマった、スーパーナチュラルの続編です。
スーパードラマTVが、いつまでたってもシーズン2の放送をしてくれないので、
しびれをきらして、借りてきました。
(ダンナさんが借りてきてくれました…)

しかし、見てビックリ\(◎o◎)/!
第1話でイキナリお父さんが死んじゃいました…。
瀕死の息子を助けるために、今まで必死に追い続けてきた憎むべき悪魔に、
魂を売ってしまったのです(>_<)

さらに悪魔を倒せる唯一の武器、コルトも取られてしまい。
波乱の幕開けなシリーズですよ。


ちなみに、その前はこんなものも借りていました。
TVアニメーション プリンセス・プリンセス 第1巻
/ ポニーキャニオン

ものすごいキラキラに脚色されていますが、原作はもっと落ち着いているのです。
つだみきよの「プリンセス・プリンセス」です。

プリプリはDVD1枚に45分(2話)しか入っていないのに、
スーパーナチュラルは127分(3話+海外ドラマのCMつき)も入ってます。
レンタル料は同じなんて、なんだか詐欺ですよね~(>_<)

by kyonmo | 2008-02-26 13:27 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

最近買った本。

しゃにむにGO 28 (28) (花とゆめCOMICS)
羅川 真里茂 / / 白泉社
高校生活最後のインターハイをやってます。
前巻のラストで、団体戦シングルス1の佐世古と伊出の勝負が決着がつき、
当然、留宇衣もあっさりと勝ち、幕ノ鎌高校は奇跡の2年連続団体戦優勝を果たしました。
今回は傷心の佐世古を巡り、周囲の人間たちが立ち上がります。
1番の被害者が駿のように描かれていますが、私は小雪だと思うのですよ。
小雪とひなこでしょう。絶対。
個人的には、ナディアが日本に来るのが遅すぎだろうという感がありますが、
シングルス準決勝にはきっと、間に合うのでしょうね。
ひなことナディアの女の戦いはあるのでしょうか??
団体戦で伊出は佐世古に勝ってるので、個人戦は留宇衣が佐世古に勝つのでしょうか。

たぶん29巻は準決勝で終わるんだろうなあ…。


千里眼The Start (角川文庫 ま 26-101)
松岡 圭祐 / / 角川書店
先日、ちーさんのところで話題になっていて、気になっていた松岡圭祐。
街に出る用事があって、立ち寄った小さな本屋さんにて購入。
その本屋さんの品ぞろえはかなり謎な感じでした。
大人しく「催眠」などを買えば良かったのですが、「千里眼」シリーズが目にとまり。
でも1巻にあたるものがなかったので、千里眼第2シリーズの1巻的なこの本を買いました。
自分でもものすごいチャレンジャーだと思います。
でも、何の知識もなく読んだので、意外とおもしろかったですよ(笑)
そのうち古本で揃える予定。

女子大生会計士、はじめました―藤原萌実と謎のプレジデント (角川文庫 や 37-7)
山田 真哉 / / 角川書店
大好きな萌ちゃんシリーズです♪
山田さんの代表作「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」は読んでないくせに、萌ちゃんシリーズは全部もっているのです(笑)
先の4作とは違って、新趣向?でおもしろかったですよ(*^_^*)
この主人公「カッキー」と「萌ちゃん」の関係は、
「薬師寺涼子の怪奇事件簿」の「涼子」と「泉田クン」にかぶるので、今後が楽しみです。

by kyonmo | 2008-02-25 11:17 | まんが  とか | Trackback | Comments(6)

足なが手なが。

タイトルと写真は、なんの関係もありません(笑)
水木しげる氏の描く、妖怪「足なが手なが」は、
超足の長い男が超手の長い男を肩車しています。
で、どんな悪さをするのかは知りませんが(>_<)
水木しげるロードの妖怪ブロンズ像の中で、イチバン最初に盗まれたのが確かコレです。
あんなもの盗んで、何が楽しいのやら。

さて本題です。

先日にゃんにゃんにゃんの日だったので、実家のミーナさんに「おめかし」してもらいました。
a0105396_14452765.jpg

きょんさまのお下がりです。
Mがもう着られなくなったので、ミーナさんに来てもらおうとしたら。。。
ミーナさんはSサイズのようですね。
肩が空き過ぎで、異常に腕が長く見えます(>_<)コワッ
もう1枚。白地に赤の大きな水玉柄で、肩に赤いリボンのついた服もあったのですが、
ものすごく似合いませんでした(笑)

生まれてこのかた服なんて着たことないミーナさん。
3分後。
a0105396_14492995.jpg

きょんさまは服に不快感は示しますが、自力で脱ぐほど努力家ではありません(笑)
さすがミーナさんです。

強制すると動物虐待になるので、やめました。
次回は私お手製の「ノミ取りハーブ入りバンダナ」を装着予定です。
首輪に慣れてるミーナさんですから、それくらいなら大丈夫でしょう(*^_^*)

by kyonmo | 2008-02-24 14:52 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(8)

小さな夢。

日々の生活に追われ、すっかり忘れていましたが。
私には小さい頃から「結婚したらコレをしたい!」という夢がありました。

それは。。。
「朝、仕事に行くダンナさんのネクタイをキュッとしめ、いってらっしゃいのチューをする」
です。
結婚して5年たちましたが、実現しておりません(>_<)

「いってらっしゃいのチュー」は、何の苦労もなく出来ますが。
私はネクタイのキュが、どうやったら出来るのか分りません(爆)

そもそも、ネクタイの結び方を知らないのです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

学生時代はずっとセーラー服だったし、父親はネクタイのいる仕事ではなかったし、
兄もずっとガクランだったので、身近にネクタイというものがなかったのですよ。
結婚してから職を変えて、ダンナさんもノーネクタイな仕事になったし、
例えネクタイを締めることがあっても、私はお呼びでなかったものですから(>_<)

昨日、行方不明だったゲームを探しに実家の段ボール群を荒らしに行ったら、
引っ越しのどさくさで行方不明だった、ダンナさんのネクタイコレクションが発見されました。
20本くらい行方不明だったのです(笑)
今うちにあるのを合わせたら、30本を超えます。
だいたい、そんなに必要なのか私には分からないのですが、独身時代のコレクションなのですよ。
世の中の働く男性陣は、そんなにネクタイが必要なものなのですか??

せっかく見つかったのだから、やってみようということで、
安いネクタイを1本もらい、ネクタイの結び方を教えてもらいました。
何とか形にはなるのですが、人に結んであげると、何だか上手くいきません。
毎日やらないと忘れそうです…。

しかし、ネクタイってずいぶんキツくて、苦しいものですね。
よくあんなのを締めたままで、仕事できますね~☆
冬はともかく、クールビズが推奨された理由が実感できました(笑)

さて、発見されたネクタイ20本のシワを取らねば…。

by kyonmo | 2008-02-23 13:21 | ai | Trackback | Comments(4)