人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

パグと暮らす 8

すっかり春ですね♪
どこの桜も満開です。
桜を見て感動し癒されるのは、日本人だからでしょうか?
a0105396_16553520.jpg

エルの散歩ルートは毎日違うのですが、
せっかくなので、この桜の時期は桜並木のあるところに毎日行きます。
a0105396_16555314.jpg

桜には青空がよく似合いますよね(*^_^*)
a0105396_16561376.jpg

といいつつ、夕日にもよく映えます♪
a0105396_16563413.jpg

近所の小学校の桜も満開☆
こどもに囲まれるのは嫌なので、小学校の桜を観に行く時は、
いつも夕日が沈みそうな時間帯を選んで出かけます。

風に舞う桜の花びらを喰いまくるエル…。
情緒とか風情とか、そういうものはないのかい?(-"-)

by kyonmo | 2009-04-09 17:02 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(2)

父のこと。

月曜日、父母が病院から帰宅してみると、
痴呆の祖父がパジャマ姿のまま、
橋(家の横を用水路が通ってるため、家と道路を小さな橋で繋いである)の
ブレージングを外そうと、バールを持ち出し騒いでいたそうです。
当然車が通っても大丈夫なように、溶接してあるので、
よぼよぼな祖父がバールで頑張ったくらいでは、ブレージングはビクともしないんですが。

ご近所の目をとっても気にする性格な父母。
特に父は、こういう祖父の謎行動が大嫌いなのです。

祖父は幼い頃から跡取り長男として、蝶よ花よとチヤホヤされて大きくなったので、
自分の思い通りに世界は動くと信じて疑わない人なのです。
なのでボケる前から、謎行動は多く、
そのたびに正面からぶつかる父と、なだめる祖母&母で騒動が起こっていたのです。

父の愛犬に、祖父がカレーライスやハンバーグをあげたり、
夜中に触りに行ってギャンギャン吠えさせたり(超近所迷惑)したとき、
父は普段よりも強く祖父に注意をしたコトがあったらしいのですけど、
その時祖父は、熱湯の入ったやかんを父に投げつけ、出刃包丁を振り回し、
大騒ぎしたらしいのです。(私は別居してたんで知らなかったんですが)

その愛犬は結局肝臓をやられ、2歳にもならないうちに死んでしまったのですが。
そういう、積もり積もった過去の嫌な思い出を、父は鬼のように母にぶつけ、
「自分が今ガンで苦しんでいるのは、すべて祖父のせいだ」
と珍しく怒鳴り散らしたそうです。
病院で「手術はできない」と言われた後だったし、点滴後で具合も良くないのに、
祖父が余計な事をしていたのがスイッチになってしまったのでしょう。

一方母は、我慢しなくても、その都度言ってくれさえすれば、
実の娘として祖父の問題行動をなんとか出来たのに、
いまさら「あの時こうだった、どうだった、ああだった」と言われても、
ボケてしまってんだからどうしようもないんだ!と、
さすがに自分の父のことを悪しざまに言われまくるのに腹が立ち、
父と喧嘩になってしまったようなのです。

人間心が弱くなっている時は、すべての出来事がかみ合わず、
悪い方に悪い方に捉えがちですよね。

父は、
「僕に長生きして欲しかったら、おじいちゃんを病院に入れてくれ」
と母に頼んでるらしいです。
祖父が病院に入ると、祖父はもちろん、
家に独りになる祖母の痴呆も進んでしまうので、母は反対なのです。
でも、この先余命3か月とか診断されることがあれば、
お祖父ちゃんには施設に入ってもらおうと、母は考えてるみたいで。

父には申し訳ないのですが、
今後、長生きするのは祖父母よりも父よりも「母」だと言うコトは間違いないので、
私は「父がどうしてほしいか」よりも「母がどうしたいか」を応援しようと思います。
父が亡くなった後、母がひたすら後悔を抱いて生きていくのは、
あまりにも酷なので。

母は「お父さんが1番良いと思うようにしてあげたい」と結局は言うのでしょうけど、
でも余命も告知してないし、隠してるコトだらけだから、
父にとって1番良いコトなんて、他人には本当のことは絶対分からないのです。
だから「なんで〇〇したの?(〇〇しないの?)」などとは決して言わず、
私は母の希望を実現するアシスタントでいようと思ったのでありました。

by kyonmo | 2009-04-08 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)

祖父母は米寿。

米寿の祝いが終わりました。
何から何まで予想通りで、我ながらビックリ(-"-)

お嬢様sの世話をダンナさんに任せて、
私は朝から実家へ。
掃除やら飾り付けなどをするためです。
お料理は仕出し屋さんから届けてもらうので楽でしたが。

実家に着いたら父がいなくて、調子が良くないのかと思いきや、
朝イチで床屋さんへ行っていたようです。
僧侶?と見間違うようなスッキリ頭で「風邪ひきそう…」と帰って来ました。
人生の3分の2を七三で過ごしてきた父にとっては、
苦渋の決断だったことでしょう。
帽子かぶれば分かんないんですけどね(^-^)

月曜に病院から帰った後、ひと騒動あったらしく、
祖父と父、父と母の様子がギクシャクしていて大変でした。
ウチの家族は「気遣い家族」で、めったにぶつかりあうことがありません。
なので、1度ケンカしちゃうと後が長いんです(>_<)
どんなに罵声を浴びせあっても、
次の日ケロっとしているダンナさんの家族が羨ましいくらい。ふー。

オマケに、例の呼ばれもしないのに子連れで来ると言う親戚が、
集合時間を過ぎたあたりで「今家でたから~」と電話をよこす。
案の定、出がけに子ども(8か月)がぐずって遅くなったとか。
だから呼ばなかったのにー。

ところが来てからはこの子ども「Rくん」の満面の笑みで場が和む。
ギクシャクしていたはずの祖父も父も母もデレデレ。
水筒でふすまを殴ったり、涎をダラダラながしながらハイハイしたりと、
もし自分の家だったら私は発狂するぞってことばかりR君はやってるんですけど、
まー、赤ちゃんってのは存在してるだけで許されるんですね。

人様のお宅を傷つけ荒らしてるのに、アラアラ~と笑っていられるヤツらが謎。
…やっぱり私は子育てに向いてないに違いない。

その後食事会が始まるものの、
この子連れ親戚(母のいとこ)が問題発言を連発。

まず乾杯しようとする直前に、
「ま~kyonmoちゃん、ますます肥えたんじゃない?」
(なぜ全員が静まったタイミングでそれを言う??)
「Sさん(ダンナさんのこと)、葉加瀬太郎にそっくりね(笑)」
(前回は貴乃花親方にそっくりって言ってたし)

食事中父の帽子(ニット)をみて、
「Mさん(父のこと)若ぶりねぇ~」
コレコレで…と父が髪を切ったことを説明すると、
「あら~死んだおじいちゃん(私の曽祖父)にそっくり~」
(「死んだ」とか言うな!父はムコだから曾祖父には似てないし!)

みんながRちゃんをほめると、
「kyonmoちゃんもいい加減に産まないとね~」
「いっきに三つ子とか産んじゃえば?楽だよ、きっと~」
「kyonmoちゃん肥えたのに胸は大きくならないのが不思議よねえ」
などと怒涛の追い打ち。

Rちゃんがロクな育ちをしないことが約束された瞬間な気がしました。
8カ月なのにすでに12キロという、巨漢幼児なRちゃん。
親は選べないっていうからねえ、頑張ってまっとうに生きろよ。

家に帰ってから、泥のように眠りました。
起きたらダンナさんが「kyonmoは昔からあの人たちの相手をしてたんだねえ」と
憐れんでくれました(T_T)

おしまい。

by kyonmo | 2009-04-07 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)

父のこと。

今日は抗がん剤の点滴の日です。
白血球の数が通常には満たないものの、増えてきていたので、
2週間ぶりに点滴。

毎度のごとく酔っ払い状態になり、帰宅するなり爆睡。

CTの結果、やはり手術できる状態ではありませんでした。
どうやら小腸の方へ転移を始めたようです(T_T)
小さくならないまでも平衡を保っていた胃のガンも、
担当医もビックリするくらい、どんどん大きくなっている様子。

やはりその辺の60歳より父の体が若く、元気だからでしょうか?

だからといって諦めたわけではなく、
抗がん剤を続けていけば奇跡が起こるかもしれないので、
いつも通り検査結果は父には内緒で、
手術はしない方が良いってのは先生が上手く説明してくれたので、
また闘病の日々が続くのであります。

「余命半年と言ってましたが、短くなる覚悟もしてください」と
先生が言ってたそうです。
また母は泣き暮らす日々ですわ。

明日は祖父母の米寿のお祝いをするのです。
平日なので、近場に住む親類縁者のみ集まっての祝いです。

昨年デキ婚をした母のいとこの娘(はとこっていうのでしょうか?)が、
呼ばれもしないのに(母のいとこは招待したけど)、子連れで参加するらしいです。
なんだろう?私に対する当てつけか??
まあ祖父母もひ孫の誕生を待ち続けているので、
小さい子は大好きですし、場がにぎやかになって良いかもしれませんが。
私にとってはたいそう居心地の悪い時間になりそうですよ。

結婚して6年もたって子どもができてないんだから、
少しくらい「もしかしてできにくいのかな?」って考えりゃいいんですけど、
なぜかウチの親類縁者は、顔を見れば口をそろえて、
「ダメじゃないの、早く産まなきゃ」とひたすら言うので、面倒臭い。
明日は覚悟して行きますけどね。

父の体調の方が心配ですよ。

by kyonmo | 2009-04-06 17:17 | シゴト | Trackback | Comments(6)

父のこと。

3/16に強い抗がん剤に変わった父。
意外と元気ピンピンで、むしろ以前より楽になったというのもあって、
3/20に病院に行った際、その強い点滴+強い飲み薬を処方されました。
で、当日は酷い酔っ払い状態になるものの、
またしても元気ピンピンな1週間を過ごしたため、喜んでいたら。
3/30の検査で、白血球の数が異常なほど激減していることが判明し、
急きょ抗がん剤はお休みで、白血球の数を増やす注射をされました。

明日はCT撮ったりもするんですが、
状態が良ければまた点滴です。
ところが父は。

「以前の手術痕にシコリがある気がする。
コレはきっと、ガン化しているに違いない!手術だ!」

と勝手に決めてしまっていて、
母に入院の準備をしろと騒いでいるらしいです。
父は「手術はもうできない」という事実をしらないのであります(-"-)

母が担当の先生に相談したところ、
「CTの結果いかんでは、開腹して見える範囲のガンを取り除くことは
できないこともない」
と言われたのですが、
「万一ほかの臓器に転移が見られた場合、手術は出来ないので、
それを本人に伝えても良いものかどうか、家族で相談しておいてくれ」
と言われ、またまた落ち込む母。

今、父は、
「強い抗がん剤で闘病するのは、手術ができる体を作るため」
だと思っているので、これで手術ができないとなると、
闘病自体を嫌がるのではないかと、母は心配しているのであります。

先日母は、父が親類や友達に電話で、
「胃がんになっちゃってさあ、レベル3なんだよー」
と話しているのを聞いたらしいのですが、
とにかく「レベル4」「余命半年」っていうのだけは隠すとして、
「手術ができない」ということは「手術をしない方が体に良い」とか何とか、
良いイメージ?で先生からもっともらしく伝えてもらうことになりました。

7日は祖父母の米寿の祝いをするのです。
近い親類縁者が集まるのですが。
隣県に住む兄は、急な出張が入ったとかで来れないとのこと。
仕事とはいえ…もっと顔見せてやれよ、と妹としては悲しく思うのですが、
まあ、兄は元からこういうドライな人なので、仕方ありませぬ。

この1週間、父は髪がごっそり抜けおちて、
頭髪はもうマダラ状態らしいです。
私の前では帽子をかぶっているので、全然分からないんですけども。
母は本人以上にショックを受けてるように思います。
先日試写会の後、「帽子選ぶの付き合って」と母が言うので、
一緒に買いに行ったのですが、選ぶ顔が寂しそうでした。

ホントにこの謎な病気には、いつか特効薬ができる日が来るのでしょうか?
でも特効薬ができる頃には、
さらに謎な病気が発見されているのでしょうね。

とりあえずの特効薬は。
a0105396_16161920.jpg

a0105396_16164259.jpg

父と母の新車。
もう届いて1週間は経ちますが、まだ父は乗せてくれませぬ。
自慢したいくせに。天の邪鬼めー。
この数日、父は実家の梨園に交配の手伝いに行ってます。
毎年軽トラックで行くのに、今年は新車で行きました。

良い気晴らしにはなってると思います(*^_^*)ヨカッタヨカッタ

by kyonmo | 2009-04-05 16:22 | シゴト | Trackback | Comments(2)

毎度ありがとうございます(^-^)

いつもご訪問ありがとうございます。
昨日、訪問者数が20000人を超えました☆
a0105396_1229128.jpg

コレもひとえに、ひいきにしてくださる皆様のおかげですわ~。

そしてフィギュアスケート情報を求めて来てくださる方々のおかげでもあります。
情報が偏っててゴメンナサイ(^^ゞ
これからも「真央ちゃん応援団」がどんどん広がりますように♪

最近パソコンに近づけないのは、バイオハザード5のせいなのです。
一段落したら、鬼のような感想をUPしますので、
ゲームファンの皆様もご期待あれ☆

by kyonmo | 2009-04-04 12:32 | シゴト | Trackback | Comments(2)

ビビった…。

つい5分くらい前、米子市の防災無線で、
「北朝鮮からミサイルが発射されたので、急いでテレビやラジオをつけてください」
という放送が流れたんですよ。

おおーついに来たか!
と思って、でも私はトイレにいたので(笑)、
早く出てテレビつけなきゃと思っていたら。

今、
「さきほどの放送は間違いでした」
っていう放送が流れました。
ダメじゃん、米子市。
次の放送、誰も信じなくなるよ~?

で、米子市のミスか?
それとももっと上の方(アメリカとか国とか)のミスか?

それにしても。
つくづくメンドクサイ国だよ、北朝鮮(-"-)

by kyonmo | 2009-04-04 12:26 | シゴト | Trackback | Comments(4)

トワイライト~初恋~

試写会行ってきました!『トワイライト~初恋~』

原作&予備知識ゼロで行ってみたんですが、
予想外におもしろかったですよ☆
たぶんこの映画は、純愛とか、そういうものを楽しむべきだと思うんですが、
私はそれはそれで楽しみましたけど、
アクションとか、景色とか、そういうものの方が感動しましたわっ!

日本が舞台じゃ絶対に成り立たない感じ。
せめて屋久島ロケとかしないと。
その前に、日本人に吸血鬼役は似合わないねー。

恋愛ごっこな話かと思ってたんですけどね、
いやいや、なかなか(*^_^*)

感想とあらすじ。(4/4感想追記!)

by kyonmo | 2009-04-03 17:35 | お芝居 | Trackback | Comments(4)

パグと暮らす 7

昨日はパソコンを触る暇がなかったので、
日付を改ざんしました。ゴメンナサイ<(_ _)>

昨日は大粒のあられ(小粒のヒョウ?)がボコボコ降り注ぐ、
真冬な天気でしたけど、
うってかわって今日は春!なお天気です。

散歩も気分よくできるってもんです♪
a0105396_1641795.jpg

コチラの桜は半分くらい咲いてます。
雨が多いので、咲いたけど花が散ってしまった、と言う方が正しいのかな?
青空に桜と菜の花はよく映えます☆
a0105396_16413332.jpg

近所の畑の大根は、ほぼ首を刈られてしまってます。
葉っぱどんどん成長して栄養を奪ってしまわぬよう、
首を落としちゃうんですよね。
大根は土に埋めとくと長持ちするそうですが、
こういう首狩り大根はしばらくすると、畑の隅に捨てられる方が多い気がします。

もったいなーい。

by kyonmo | 2009-04-02 16:48 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(4)

エイプリルフール

なんだかすっごく忙しくて(単に時間の使い方に問題があるだけ…)、
ウソをつく暇がないまま4/1が終わってしまったのだけど。

午前中睡眠の時にですね、
エルが突然とっても大人しくなって、
トイレやファスナーやホットカーペットを噛んだりしない子になって、
散歩中に暴走したり、トラックや他の犬にケンカうったりしなくなって、
ご飯やおやつをオスワリで待てるようになって、
お姉ちゃん(きょんサマ)と並んで、ぬくぬく一緒に寝ているっていう、
天地がひっくり返っても無理な感じの夢を見ました。

これぞ、究極のエイプリルフールってやつですか?
自分で自分に嘘をつく…。

あああ、頑張れ私(笑)

by kyonmo | 2009-04-01 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(2)