人気ブログランキング |

<   2009年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

フィギュアスケート:カップ・オブ・チャイナ2009 その2

日本シリーズ第1戦が延長戦になってしまったため、
テレ朝のフィギュアスケート放送の時間がズレております(>_<)

ま、巨人が勝ったんで別にいいんですけどね☆

1日で放送してしまおうとするから、こんな深夜枠になってしまうんだよお。
ちゃんとゴールデンタイムでSP・FSをやってください!エキシビも!

お昼にBSで観ましたが、なかなか興味深い結果だったので、
もうFSの結果も出てますが、まずはSPの結果です。

<女子シングル>

1位  長洲 未来  (米) 62.20
2位  キーラ・コルピ (フィンランド) 61.20
3位  カロリーナ・コストナー (イタリア) 61.12
4位  鈴木 明子      59.52
5位  レイチェル・フラット (米) 58.80
6位  村主 章枝      55.46
7位  ジョアニー・ロシェット (カナダ) 52.12
8位  劉 艶     (中) 51.28
9位  ベアトリサ・リャン  (米) 50.76
10位  耿 冰娃   (中) 47.64
11位  ディアン・シュミエット (カナダ) 44.24
12位  許 斌渚   (中) 37.08

関係ないけど、中国選手の名前って表記が難しいよねー。

昨シーズン不調だった長洲未来の復活と、女王ロシェットのまさかの7位。
特にロシェットは、ジャパン・オープンの仕上がりが好調だっただけに、ビックリでしたね。

鈴木明子は大好きな選手の1人なのですが、
タンゴやらフラメンコを踊らせたら、今の日本女子の中ではNO.1でしょう☆
以前、エキシビで鈴木のタンゴの後に真央ちゃんのタンゴがあった時があって、
完全に負けちゃってましたからねぇ(個人的な意見)

<男子シングル>

1位  織田 信成     83.35
2位  セルゲイ・ボロノフ (ロシア) 81.40
3位  エヴァン・ライサチェック (米) 80.80
4位  サミュエル・コンテスティ (イタリア) 72.08
5位  関 金林  (中) 66.70
6位  ヤニック・ポンセロ (フランス) 66.65
7位  スティーブン・キャリエール (米) 65.24
8位  楊 超   (中) 65.10
9位  デニス・テン  (カザフスタン) 64.05
10位  除 銘  (中) 61.02
11位  ケビン・レイノルズ (カナダ) 60.12
12位  アルミン・マバヌーザディ (米) 59.54

織田くん、絶好調ですな\(^o^)/
フランスの時より、はるかに体の力が抜けてて良かったと思います☆
ライサチェックの回転不足はちょいと?だけど、
昨シーズンチャンプだけに、ジャッジもより厳格に見たんでしょうねー。
黒づくめの「火の鳥」ってのも、なかなかステキ♪

これまた大好きな選手、キャリエールがイマイチ不調です(>_<)
ポンセロも。
唯一、あまり(私は)注目してなかったセルゲイが4回転を跳んでくれるので、
大技推進派としては、応援せずにはいられない感じでございます。

余談ですが、この大会、花よりヌイグルミ(謎の)が多くないですか?
信成にバナナって(笑)

by kyonmo | 2009-10-31 23:25 | シゴト | Trackback | Comments(2)

小山さんならアリだね。

先日、
「神谷さん以外のおっちゃんはおっちゃんではない!」
と言いましたが、撤回します☆

名探偵コナンの毛利小五郎役を神谷明さんが降板になったって話の続き。
後継者には若手を起用、と言われていたので、ありえーん!!と思っていたのですが、
なんと!小山力也さんに決定したそうで\(^o^)/
海外ドラマ「24」のジャック・バウアーの吹き替えで有名な方です。
24をあんまり見てない(むしろドキドキキャンプの方が馴染みがある)私には、
「Without A Trace」のダニー・テイラーの方が馴染みがあるんですがね。

はっ\(◎o◎)/!
ということは、ドキドキキャンプのネタに「毛利のおっちゃん」が加わるのも間近?!

どっかの記事に「文句が出ない人選をしたのだろう」と出ていましたが、
確かに、小山さんなら出にくいわなー。
ドラえもんの時は心の底からガッカリしたので、
今回の人選にはアッパレでごさいますわ☆

小山さんの「おっちゃん」の放送は明日からだそうです。
明日18時は運悪くカテキョなので、録画して見るよーん(●^o^●)
ただ…コナンを最後まで録画すると、NHKのエリンの出だしが撮れないという問題も…。

by kyonmo | 2009-10-30 22:35 | まんが  とか | Trackback | Comments(4)

フィギュアスケート:カップ・オブ・チャイナ2009

今週末は中国杯!
ですが…なんという、注目度の低さ(-"-)
キム・ヨナ、浅田&安藤が出ない試合はスルーって感じですね…。
テレ朝の放送も、1日だけ、しかも深夜枠といういい加減さ。

織田信成、中国杯へ向け出発!というニュースはチラッと見ましたが、
その他報道、静かなもんです。
中国杯にはエバン・ライザチェックもジョアニー・ロシェットも出るし、
日本勢は村主章枝・鈴木明子が出るってのにー。

ヒドイ報道と言えば。

フィギュアスケートではなく、体操の記事で、
今日許せないものを見かけました。

「段違い平行棒でE難度の技を3つつなげてメダルを狙いたい」と虹子。
バーを握り替える3連続技は手放し技のような派手さこそないが、
確実に得点を稼げるチャンスがある。日本協会幹部も、
「フィギュアスケートの(浅田)真央ちゃんは(大技の)3回転半ジャンプにチャレンジして失敗したけど、
鶴見はそういう失敗をしたらいけないから」と“反・真央流”の虹子を支持した。


という、サンスポの記事。

なんや!反・真央流って(怒)
っていうか、体操に真央ちゃんは全く関係ないじゃん。
そういうマイナスな意味で真央ちゃんの名前を使って欲しくない!!!
しかも子どもが言うことならまだしも、協会幹部って(>_<)

こういうダメ大人の心ない一言が、真央ちゃんを傷つけていくんだよ。

ロシアから帰国した時の真央ちゃんの会見、立派なものでしたよ?
マスゴミのせいで、いっぱい嫌な思いもしたんだろうに。

今、トリプルアクセルを跳べるのは私だけなんだ!っていうプライド。
真央ちゃんの武器はそれだけではないけれど、
昨年辛い思いをして作り上げた構成を、無駄にするものかという強い意志。
チーム浅田の操り人形では?と心配したこともあったけれど、
真央ちゃんがこれほどまでに「跳びたい!跳べるのを見せたい!」というならば、
うん!心ゆくまで跳ぶんだ\(^o^)/

「冷静に考えれば、出来ないコトは何もない」という言葉。

ホントにホントにすごいと思う。

全日本にはタラソワコーチが来ないかもって新聞に書いてあったけど、
何でかなぁ…。
全日本は四連覇がかかってるし、五輪出場切符もかかってるし、
何より真央ちゃんが復活するための、大事な大事な舞台だって言うのに。
真央ちゃんより、大事な用事があるのか?

そう考えると、来季はタラソワさんとサヨナラして、
次のオリンピックをともに目指せるコーチに変えた方が良いねぇ。

by kyonmo | 2009-10-29 16:07 | シゴト | Trackback | Comments(2)

パグと暮らす40

何の嫌がらせか、エルが今朝、1年ぶりくらいにトイレ(小)を失敗しました(-"-)

間に合わずに漏れちゃった、なら怒りはしませんが、
トイレのすぐ横で、たっぷり出し切ってました。

なんだ?私に何を要求したいのだ?

片付ける間、私が不機嫌だったのでちょっとヤバイと思ったらしいエル。
小屋に逃げ込み、神妙な顔で覗いておりました。
今はすっかりヤンチャ坊主に戻ってますけどねー。

そういえば昨日、エルを散歩していたら、
近所のおばあさんが白いワンちゃんを散歩させてる所に遭遇。

挨拶後、犬トークを繰り広げていましたら、
なんと、そのおばあちゃま、うちの実家に超詳しくてですね、
小さい頃、うちの曾お祖父ちゃん(駐在さんだったのでこの辺では有名)に憧れていたそうです(笑)
父が亡くなったこともご存じでした。
祖父母が米寿ってこともご存じでした。
市の会報や新聞の訃報欄、しっかり読まれてるんですなー。

世の中、狭いものだと改めて知りました。

話してる間中、誰かさんはおばあちゃまの手押し車をガジガジしてました(-"-)
向こうの白ちゃん(11歳♀)はオスワリして待っていたってのに、
恥ずかしい奴め。

by kyonmo | 2009-10-28 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(4)

自主性と放任主義。

しばらく収まっていた公園からのボール飛び込みが再発しています。

最近、インフル流行のせいで学校が午前授業だったリ休校になったりするため、
公園には早い時間から子どもが溢れています。
…学校休みにする意味ねーじゃん(怒)
などと、イライラがつのるkyonmoなのですが。

先日、少年3人が派手にサッカーをしてました。
たまたまそこに帰宅してきた1階奥さまが、
「こっちにボール入れないでね!」
と子どもたちに注意して、家の中に入られました。

そのわずか数十秒後、ゴイ~ンと言う音が\(゜ロ\)(/ロ゜)/

窓から下を見ると、庭に転がるサッカーボールが!
音の感じから言って、ボールが当たったのは車ではなく温水器だったようですが、
車をこよなく愛する1階の住人さんから見れば、怒り心頭でございましょう。
「だから今言ったばっかりじゃないか!」と。

そして飛び出すウチのダンナさん(笑)
蜘蛛の子散らすように逃げてゆく子どもたち。
ひっ捕まえて説教を始めるダンナさん。

もう、ずいぶんおなじみな光景…。

親にまた文句を言おうと思いましたが、いつまでたっても親は帰ってこない(-"-)

翌日、自治会長に訴えに行ったところ、
チャイムを鳴らして「kyonmoですが」と名乗ったとたん、
「やっぱり来られましたね」と自治会長。
今の会長さん宅からは公園が丸見えなので、昨日の一件もご覧になっていたのだとか。

我が家がココに越してきたから2年。
何度も何度も叱り、高いフェンスを立て、回覧板も回してもらったので、
ボールの飛び込みは減っているのは確かなんですけど、
自治会長曰く、今なお残っている悪ガキはAさん宅の子とその仲間(他の地区の子)だそうで。
このAさんちの子、ずいぶん前から悪童として有名で。
この辺りで何か被害があれば、「またきっとAさんちの子だよ」と皆が噂するほどだとか。
会長さんちの子も石投げられたりして、大変なのだそうです。

親が2人とも仕事?で帰りが遅く、子どもが遅くまでほったらかしなもので、
躾けがなっていないんだと会長さんも眉をひそめてました。

今回のことも含め、会長さんからAさんに話をしてくれることになりました。

とはいえ、「自分の子供への仕返しを恐れて、強くは言わないだろう」とダンナさん。
以前からうやむやになっていた警告看板の設置を、市の方へ催促。

昨年末、年明けに作業に入るとか言ってたくせに、のらりくらりと逃げていた市。
電話したら、「担当が移動になって今はいないので、分かりませーん」とな!
ブチ切れるダンナさん。

これももうずいぶんおなじみな光景…。

なんだかんだ(想像にお任せします☆)と戦ったら、早急に取り付けてくれるとのこと。
とりあえず文面が決まったら電話くれるらしいです。
早く早くっ!

それにしても、子育てが大変なのは分かりますが、
ほったらかしにするのと、子どもの自主性に任せるのは違うと思います。
ほったらかしにするのであれば、最低限の躾をしてからでないと。
少なくとも人様に迷惑をかけてもゴメンナサイも言えないような子どもを野放しにすると、
そう遠くないうちに、「トンデモナイこと」になりますわよ?

そのうちガラス割ったり、車を凹ませたり、人に怪我をさせたり、
家一軒丸焦げにしたりね…。
小学生のうちに、大人の注意を素直に受け入れる姿勢を身につけさせないと、
中学・高校になってからじゃあ、無理ってもんですよー。

by kyonmo | 2009-10-27 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)

フィギュアスケート:ロステレコム杯2009 その3

真央ちゃんが悲しいと、私も悲しい!!!
真央ちゃんが泣くなら、私も泣く(T_T)

やっぱりねえ、フランス杯の疲れはあると思いますよ。
肉体的にも、精神的にも。
3Aを跳ぶ!という大きな目標をかかげているだけに、
それが出来ないコトがすべての足をひっぱるのだから、
しかも、練習で出来てるのに本番で出来ない(しかも惜しいというレベルでもない)のは、
そうとうのダメージでしょうからねえ。

そして、3Aを全部決めたとして、他もノーミスでいけたとして、
はたして自分の点数はキム・ヨナの銀河点(と呼ばれているらしい)を超えられるのかも
微妙なのだから。

誰しも伸び悩み、苦しむ時期はあると思うけど、
よりにもよってこのオリンピックシーズンにその時期が重なってしまうのは、
なんと神様は意地悪をなさるのか。

まずは総合結果の速報です。

<女子シングル>

1位 安藤 美姫     171.93
2位 アシュリー・ワグナー (アメリカ) 163.97
3位 アリョーナ・レオノワ (ロシア) 160.06
4位 アリッサ・シズニー (アメリカ) 158.30
5位 浅田 真央     150.28
6位 ユリア・シェベスチェン (ハンガリー) 148.50
7位 アメリー・ラコステ (カナダ) 139.39
8位 ジェナ・マコーケル (イギリス) 134.70
9位 オクサナ・ゴゼワ (ロシア) 128.52
10位 カタリーナ・ゲルボルト (ロシア) 117.77
11位 アネット・ディトルト (ドイツ) 109.74
12位 アナスタシア・ギマゼトディノワ (ウズベキスタン) 108.46

真央ちゃんについて、語りたいことが山ほどありますが、
今はただただ、心も体もしっかり休めてほしい。
そして周りがしっかり守ってあげて欲しい。
しばらく日本には帰らない方が良いかもしれない。

サンデーモーニングは少し反省したらしく、暴言は吐きませんでしたね。
マスコミには、今回の結果を責めるのではなく、応援する形で報道してほしいものです。

ファイナルに行けないから何だ!全日本4連覇して、オリンピックにGO!

そしてミキティ、おめでとう(*^_^*)
クレオパトラの衣装がトラトラじゃなかったのが残念だけど(笑)
モロゾフ組は絶好調ですね。
今回はベストじゃなかったけれど、NHK杯で素晴しい演技を見せてくれることを期待!
ファイナルでキム・ヨナに迫れるのは、ロシェットかミキティだろうからさ。
どうも、現在ジャッジの加点を引き出すのは、「これらの種類」の選手だけらしい。
アメリカ勢もいい演技したのに、伸びなかったしね…。

このままだと、フィギュアスケート人気にも限界があるよということに、
ISUはいつ気付くかな。

<男子シングル>

1位 エフゲニー・プルシェンコ (ロシア) 240.65
2位 小塚 崇彦     215.13
3位 アルテム・ボロデュリン (ロシア) 201.55
4位 ジョニー・ウィアー (アメリカ) 198.55
5位 ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン (ベルギー) 189.33
6位 エイドリアン・シュルタイス (スウェーデン) 185.02
7位 ブランドン・ムロズ (アメリカ) 181.80
8位 ショーン・ソーヤー (カナダ) 179.58
9位 フローラン・アモーディオ (フランス) 171.65
10位 イワン・トレチャコフ (ロシア) 164.30
11位 アリ=ペッカ・ヌルメンカリ (フィンランド) 149.91

皇帝プル様がぶっちぎりました\(^o^)/
小塚くんもいい演技だったんですけどねえ(SPしかまだ観てないけど)、
佐藤コーチ組にも加点が付きにくいってことですわね…。

by kyonmo | 2009-10-25 12:06 | シゴト | Trackback | Comments(2)

パグと暮らす 39

えー、季節柄フィギュアネタばっかになってますが、
我が家のお嬢様sは相変わらず元気でございますよ。

自分の要求を通すには、人間が嫌がることをすれば良いのだ!
という持論を各自研究し、日々極めつつあります。
ま、もう少し寒くなれば、
1人はコタツ、もう1人はホットカーペットで固まっちゃうんですけどね。

話は変わって。
いつのことやらですけど、連休にいつものドッグランに行った時のこと。
a0105396_16462242.jpg

さすが連休、かつてないほどの小型犬天国が☆
写真はほんの1部です。
いろんなところで我が子を呼ぶ飼い主さんの声が響いてるのですが、
そのすべてに、さも「私を呼んだんだよね?」とばかり、駆け寄ってゆくパグが1名(-"-)
私が呼んだって、おやつがなきゃ来やしないってのにね(怒)

駆け寄る人みんな、「まあ可愛い☆」とナデナデしてくれるもので、
調子にのって駆け回るエル。
「アタシのママを取らないでよっ」と行く先々で威嚇され(笑)
a0105396_16515921.jpg

唯一、追いかけっこをしてくれたシェルティのルナちゃん。
すっごく毛が柔らかくって、抱きしめたいくらい☆
若いからか、やってくる犬みんなに追いかけられていて、ちょっと可哀そうでした。
飼い主さんも気さくで良い方でした♪

ブヒ遭遇率の低いこのドッグランですが、
今回、ランの真ん中で子どもと戯れてるフレブルを発見☆
あまりに嬉しかったので犬友になれたらいいな~と真っ先に挨拶に行ったところ、
「あっ、この子、犬ダメなんです!近寄らせないでください!」
と叫ばれてしまいました…(>_<)
「噛みつきますよ!」とも。

えええ~?
よその犬が苦手な犬を、なぜ連休中のドッグランに連れてくる?
しかもリードなしで、ど真ん中で遊ぶか?
じゃあ、人のいない時間を選ぶか、ヒモ付けてラン以外のとこで遊ばせたら?

せっかくルンルンで近寄って行ったエルを抱え、すごすご退散。
シェルティママさんも「それはマナー違反でしょ!」と同意してくれました。
a0105396_1742213.jpg


人が多いと、いろんな人がいるもので。
連休後はゴミは多いし、タバコの吸い殻はあちこちにポイ捨てられていて、
置きフンが各地に(-"-)

こういう人たちがいるとドッグランが閉鎖されちゃうんだよねえ。

by kyonmo | 2009-10-24 17:05 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(4)

フィギュアスケート:ロステレコム杯2009 その2

うひー、ロシア大会、波乱の幕開けですな(T_T)
真央ちゃんとミキティの一騎打ちに、アメリカ2名がどうからむか?
などと言っていましたが、いやはや、油断し過ぎだったようです。

とりあえず、女子シングル速報。

1位 ユリア・シェベスチェン (ハンガリー) 57.94
2位 アリッサ・シズニー (アメリカ) 57.64
3位 安藤 美姫           57.18
4位 アリョーナ・レオノワ (ロシア) 56.78
5位 アシュリー・ワグナー (アメリカ)55.16
6位 浅田 真央           51.94
7位 アメリー・ラコステ (カナダ) 51.82
8位 オクサナ・ゴゼワ (ロシア)  51.08
9位 カタリーナ・ゲルボルト (ロシア) 42.64
10位 アナスタシア・ギマゼトディノワ (ウズベキスタン) 42.30
11位 ジェナ・マコーケル (イギリス) 40.94
12位 アネット・ディトルト (ドイツ) 36.76

1位~8位までがほぼ6点差内に収まるというひしめき具合。
っていうか、そんなレベルの低い戦いをしていて良いのか?(いや良くない!)
点数だけでレベルが低いと判断するのは間違っているかもだけど…。

真央ちゃんの「SPに3Aを」作戦が、
いかにもろ刃の剣かってことが証明されてしまいました。
SPでは必ず2Aを飛ばなきゃいけないんだけど、2回飛んじゃダメなのよね。
だから最初の3Aが回転不足とかで2Aになってしまうと、
次の単独2Aは得点ゼロになってしまうという…\(゜ロ\)(/ロ゜)/ウヒー

もう、真央ちゃんの凹んだ泣き顔を見るのはイヤでやんす。
嬉し涙ならOKだけど。
ここまできたら、3Aをキッチリ飛ぶことでしか真央ちゃんのモチベーションが上がらない!
この際スピンとかスパイラルとかレベル3で良いから、
他のジャンプに高加点など求めないから、
とにかくとにかく3Aを決めさせてあげたい!!!

そうでなければ、きっと、真央ちゃんは前に進めない。

一方の男子シングル速報。

1位 エフゲニー・プルシェンコ(ロシア) 82.25
2位 小塚 崇彦         75.50
3位 ジョニー・ウィアー(アメリカ) 72.57
4位 アルテム・ボロデュリン(ロシア) 72.07
5位 エイドリアン・シュルタイス(スウェーデン) 67.94
6位 イワン・トレチャコフ(ロシア) 65.10
7位 ケビン・ヴァン・デル・ペレン(ベルギー) 63.15
8位 ショーン・ソーヤー(カナダ) 61.38
9位 フローラン・アモーディオ(フランス) 59.95
10位 アリ・ペッカ・ヌルメンカリ(フィンランド) 57.31
11位 ブランドン・ムロズ(アメリカ) 54.50

FSはともかく、今季SPにかなり自信を持っていた小塚くん、残念2位!
皇帝プル様はさすがでございますね(^-^)
ただ、FSでスタミナがもつか否かが心配されます。

小塚くんがジャパン・オープンからいかに成長したか、楽しみです。

by kyonmo | 2009-10-24 10:28 | シゴト | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケート:ロステレコム杯2009

先シーズンはカップ・オブ・ロシアだったよねえ?
スポンサーが変わったのかしら…。

さてさて今日からロシア大会です。(放送は明日)
公式練習のニュース、昨日見ましたけど、なぜに女子だけ??
信成は良くて、小塚じゃ駄目なんかい!(怒)

そんな扱いの小塚くんですが、調子は上々のよう♪
4回転も回りすぎる?くらい、跳べているようです。
本番に4回転入れるかどうかは別として、
自信を持って良いイメージで向かえるのは何よりですね。
今度こそ、布袋サウンドに打ち勝つのだ!

小塚くんと同じくらい(むしろそれ以上?)楽しみにしているのが、
エフゲニー・プルシェンコ復活☆
写真を見る限り、お顔もスッキリ痩せて、トリノの時以上に鋭い眼光!
4回転はもちろん、4-3-2のコンビネーションもご健在のようで、ドキドキです。
大技封印の嫌な流れに終止符をお願いします\(^o^)/

それからそれから、ジョニー・ウィアーも大注目☆
パトリック・チャンが残念ながら欠場だそうなので、
美しいスケーティングをしっかり見せていただきとうございます(^-^)

一方、女子はというと。

我らが真央ちゃん、こだわりの3Aの成功率があまり良くないのだとか。
フランスからの疲れが溜まっていないと良いけど…。
今度のSPの衣装はピンクだそうなので、気持ち新たに、思い切りベストを尽くしてほしい!

今大会後に、SPの曲を「仮面舞踏会」からエキジビの「カプリース」にする案が出てるとか。
確かに「華やかな仮面舞踏会」って違和感あったし、
去年のダイジェスト版っぽくって新鮮味はなかったから、変更はありだと思うし、
カプリースの方がイキイキと滑っているように見えるけれども、
カプリースの魅力の一つである扇をなしにして、なお魅力あふれる振り付けにできるのか、
それが心配の種だね。
むしろ、去年のエキシビのタンゴ、あれをSPに持ってくる方が私は良いと思うな。

そしていち早くSPの曲を変更したのが、安藤美姫☆

カーニバル・オン・アイスで見せてくれた「夜の女王」。
強烈なインパクトで私はすっごく気に入っていたのだけど、
なんでもモロゾフが、「曲よりも美姫の方(のインパクト)が強すぎる」と指摘したとか。
あっはっは(^◇^)確かにね!!
でもそのインパクトって大事じゃない?
良くも悪くも、彼女が氷に乗ったらみんな大注目するわけだしさ。
その上でさらに良い演技をしたら、拍手喝采なのに~。

モロゾフ組の信成がフランスで優勝したってことは、
今季のモロゾフの方向性は間違っていないということなので、
ミキティも突き進めばいいのにな、とは思いましたが、はてさて、ジャッジはどうでるか?

で、新SPは「レクイエム」。
今季のエキシビ用に用意していたものですね。
赤ブラのエキシビよりレクイエムの方が断然良かったと私は思うので、
曲も衣装もギリギリだったみたいだけど、コレは期待できるかも☆
FSのトラトラ衣装とはガラッとイメージ違うので、おもしろいかもしれないですね。

その他、女子選手で注目すべきは、
アメリカのアシュリー・ワグナーとアリッサ・シズニーかな。
とはいえ、真央ちゃんとミキティの一騎打ちになるのは間違いなさそうだけどもね。

うーん、放送が待ち遠しい☆

by kyonmo | 2009-10-23 12:06 | シゴト | Trackback | Comments(4)

父との別れ25

どーも、ご無沙汰してましたkyonmoです☆
体はいたってピンピンなのですが、ちょいとバタバタ忙しくしておりました。

月曜から母が兄と旅行に出てましてね、
実家に祖母が独りで留守番なんですけど、物騒な世の中ですし、
火の始末とか不安なことも多いので、頻繁に実家に顔出してたのですよ。

ホントは実家に入り浸りたかったのですが、
誰かさんがブチブチと反対しましてねぇ(T_T)
また父の葬儀の時みたいに、大喧嘩になりかねなかったので、
頻繁に行き来することで穏便に済ませたというワケで。

ま、ダンナさんには稲刈りでかなり頑張ってもらったので、私も譲歩しなければね。

そんなわけで旅行が無事終了しましたので、
私も元の引きこもり主婦に戻りました(笑)
フィギュアスケートのロシア大会が迫ってますからね!
それまでにいろいろ「勉強」しなければ(*^^)v

ちなみに母は上高地に行ってました。
最初は父の写真と肩身のニット帽を持って独りで行くつもりだったようですが、
兄が休みが取れたので親子水入らずで行ったというワケです。

母独りの旅行だったらきっと泣いてばかりだったでしょうから、
珍しく「兄!グッジョブ!」な感じです(^-^)

お土産、楽しみ~☆

by kyonmo | 2009-10-22 11:21 | シゴト | Trackback | Comments(2)