人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

フィギュアスケート:バンクーバー五輪 その8

せっかくのエキシビが津波警報に邪魔される悲劇(-"-)

いやまあ、大事なんですけどね、警報。
画面の右下4分の1を日本地図で覆われてしまうとですね、
明らかに選手が見えないんですよ。

これは我が家がアナログでテレ東を見てるからいけないんですかね?
(我が家はケーブルTVじゃないとテレ東系が見れないのですが、
このケーブルTVをデジタル化するとテレ東(とサンテレビ)が見られなくなるという壁があり、
ギリギリまでアナログで行く予定なのです。)
地デジの人とかだったら、なんとか処理できるもんですか?警報。

仕方ないから夕方のNHK放送を楽しみにしていたら、問答無用で番組変更。
まあ、そんなもんですよね、エキシビなんて(T_T)

個人的に今回のエキシビで1番良かったのは、ミキティのレクイエム。
衣装が微妙(でもお母さんの手作りなんだよね)、髪が微妙(長い方が曲に合う)だけど、
やっぱエキシビ版のレクイエムは、何度見ても涙が出るわ~。
SPのレクイエムはどうしても「競技」だから、感動が薄れちゃうんだよなあ。

先陣をきった大ちゃんの「ラブレター」も良かった☆
今日の新聞で、真央ちゃんの4回転ジャンプのコーチをするって出てたけど、
いっそのこと真央ちゃん、長光コーチに付いちゃえば?って思っちゃったね。
チーム高橋&浅田(総指揮はタラソワ様)って良くない?
大学の壁なんか取っ払ってさ、チームモロゾフに戦いを挑むのだ(笑)
1番良いのは山田コーチだけど、山田コーチの方針は「育てる」で「極める」じゃないからね。
真央ちゃんに専属では絶対ついてくれなさそう。

真央ちゃんがコーチを変えるって言うのは、まあ無理もないと思う。
ホントは川口悠子みたいにロシアに乗りこんで、4年間ソチ対策を!って思うけど、
なんだかチームヨナのパクリみたいでヤだしなあ。
タラソワさんが体調不安で日本に来れない以上、同じロシアってことで、
皇帝プル様のコーチのアレクセイ・ミーシンがいいじゃん?なんて勝手に思ったけど、
あの人タラソワさんより年上だしなぁ…。
4年後もまた「コーチの健康問題」ってなるのも嫌だし。
でもロシアでプル様と一緒に、心ゆくまで大好きなジャンプを極めるってのもアリだと思うんだー。

話は変わって。
川口&スミルノフのエキシビ、ダイナミックで良かったな~。
川口さんが軽いとはいえ、成人女性を1人、あんなにぶんぶん振り回すって!
うーん、1度でいいからハグしてもらいたい(爆)
もちろん皇帝プル様も、ものすごい熱を感じる演技だった(●^o^●)
アイスダンス金メダリストのカナダ組も、ステキなお芝居だったよ。

その割に「金メダリストにふさわしい選曲を」と五輪前に新エキシビを作ったヨナちゃん。
確かに滑りが美しいのはよく分かったが…残念ながら盛り上がりに欠けちゃった(^^ゞ
たぶん、変えない方がカナダのお客さんにとっては良かったと思いますがね。

そして我らが真央ちゃんのカプリース♪
やっぱ若干疲れが見えましたが、今日もバシャッと扇子を開いて跳ねまわりましたね!
八木沼さんが「ぜひカプリースを競技用に!」って言ってたけど、
昨シーズンのタンゴといい、今季のカプリースといい、マジでSPに持ってくるべき☆
エキシビで終わらせるにはもったいない完成度だと思うのだよ。

さてトリノでの世界選手権まで1カ月を切りました!(早っ!)
五輪シーズンの世界選手権は大荒れの可能性大だけど、
真央ちゃんにはぜひSP・FSともに悔いのない演技をしてもらって、
今シーズンのいろんな挑戦に一旦区切りを付けてほしいと思います。

あ、国別対抗戦って今年も4月なのかな?
うえええ(>_<)そのスケジュールは厳しいなあ…。
四大陸・五輪・世界選手権だけでもたいていの選手は逃げ出すってのに。
でも国別対抗に真央ちゃんを出さないはずがないよね、JOC。。。

by kyonmo | 2010-02-28 19:29 | シゴト | Trackback | Comments(4)

フィギュアスケート:バンクーバー五輪 その7

フィギュアスケート女子シングルも決着が付きました。
まずは真央ちゃんよく頑張ったね!!
このひとコトに尽きるでしょう。
「銀メダルおめでとう」じゃないんです。
だって取った本人が心から喜んでいませんもの。
「金メダル」を目指して、手が届くところまで迫っていたんだから、
金メダル以外は「おめでとう」「ありがとう」にならないんだと思います。

銀メダルでもスゴイことなんだってきっと誰もが言うし、
本人もそう思おうとするだろうけど、
どこをみても何を見ても、金メダルを掲げて笑ってる「ライバル」がいて、それを目にするたびに、
自分の犯したミスや、彼女との得点差を思いだし、悔しさで胸がいっぱいになると思う。
だから「おめでとう」なんて気安く言えない。

なーんてね。
私は真央ちゃんじゃないので、彼女の心のうちは分かりません。
が。
少なくとも4年間「真央ちゃん大好き」で、真央ちゃんを見つめてきたkyonmoの心のうちは
上記のとおりであります。

録画した女子シングルの表彰式、
編集してキム・ヨナ部分最大限カットしてやりましたからね!(←心が狭い)
…国家を歌ってる映像はなかなか良かったから残してますけど。
いいんです!マイ「真央特集映像」なんだから。

とりあえず、最終結果です。

1位  金 姸児 (韓国)         228.56
2位  浅田 真央             205.50
3位  ジョアニー・ロシェット (カナダ) 202.64
4位  長洲 未来 (米)         190.15
5位  安藤 美姫            188.86
6位  ラウラ・レピスト (フィンランド) 187.97
7位   レイチェル・フラット (米)    182.49
8位  鈴木 明子            181.44

私の中でオリンピックというのは、壁が高い、手の届かない、神聖な大会なイメージでしたが、
最初のペアの頃からパーソナルベストを更新する選手がかなりいて、
もちろん五輪で最高の演技をするために、みんな練習してきてるので、
その力が発揮されてるとも考えられるのだけど、なんというか、
採点が甘いというより、ジャッジが意外と大盤振る舞いするなって驚いてました。

「普通の大会なら加点1のところ、五輪だから厳しく見て0.8にしておこう」なイメージでしたが、
「普通の大会なら加点1のところ、五輪だからおまけで1.4あげちゃいまーす」的な。

なので、キム・ヨナのフリー演技は素晴らしくって、
演技直後には真央ちゃん応援団の私もつい拍手して、もらい泣きしてしまったんだけど、
その後点数を見て、八木沼さんの「9点台が2つも!」を聞いた瞬間、
「はあ?なんやそれ?馬鹿じゃねーの?」
と、さっきまでの感動が、津波が一気に引く勢いで消えてゆきました。

キム・ヨナ本人も「130か、良くて140だと思った」って言ってましたけど、
私もまったく同意見。
キム・ヨナは金メダルにふさわしい演技をしたけど、150は出しすぎです。
キム・ヨナだけじゃなく、真央ちゃんのスパイラルに加点が2.6もついていて、
いったい「加点基準」って何なのよ!とものすごく不信感。
4年に1度の舞台にすべてをかけてくる選手たちを、
混乱に陥れる「悪魔のジャッジ軍団」だと思いました。

NHKの刈屋さん情報によると、9人いるジャッジのうち、
ヨーロッパ6、カナダ1、オーストラリア1、韓国1という内訳だったとか。
男子の時にいた日本人のジャッジ:藤ナントカさんは入れなかったんだね…。
9人が9人とも、場の空気にのまれちゃったんじゃないの?

珍しく日本スケ連の吉岡さんが、
「難しい技を成功させた選手が評価されないのは、スポーツとしておかしい」
などとコメント出しました。
遅っっ\(◎o◎)/!今気付いたの?!
それとも皇帝プル様の結果で大国ロシアがおおっぴらに文句言ってるから、
「しめしめ^m^」とそれに乗っかっただけかしら。

とにかく男子の4回転と、女子の3回転半・4回転はもっと基礎点をあげるべきです。
この先、フィギュアスケートをスポーツとして位置づけるならば。
「アイスショーメンバー育成のための競技(っぽいもの)」なら別にこのままで良いですけど。

真央ちゃんを始め、各選手について語りたいことが山ほどありますが、
明日のエキシビを見た後で、ゆっくりUPしたいと思います。

それではそれでは。

by kyonmo | 2010-02-27 19:17 | シゴト | Trackback | Comments(4)

資産運用を考える 2

先日外貨預金を考え中、というお話をしました。

結局、することにはしたのですが、
ペイオフ対象外ということは、万一のことが起こりにくい銀行で作った方が良いのでは?と、
説明してくれた地元銀行ではなく、ちょっと大きい方の銀行で作りました。

が。
この「ちょっと大きい方の銀行」の外貨担当のお姉さんが、
キレそうになるくらい態度が悪かったんです!
なんだか人を小馬鹿にしてるというか、見下した物言いをする女でね。
まあその人がその銀行の頭取というわけではないので我慢しましたが、
あーゆーのを接客に出してはいけないと思います。

ちょっと大きい銀行だけど、ド田舎支店勤務のクセにお高くとまってんじゃねーよ(怒)
と心の中で叫んで帰りました。

そしたら例の地元銀行の方の担当さんから「その後どうですか?」電話があり、
「おたくの規模が心配だからよそで作りました」とも言えず、
「外貨はやめます」ということにして、普通定期を少し作ってあげました。

2か所の銀行さんから「預金ありがとう」粗品をいただきました。
最近の定番って何だと思います?
ラップ・タオル・マグカップ・ティッシュは相変わらず定番品なんですけど、
今回両銀行さんからたくさんいただいたのは「除菌ウェットティッシュ」\(◎o◎)/!
ポケットタイプから円柱型のBOXタイプ、台所専用なども。

時代を反映してるなーと妙に感動してしまいました。

by kyonmo | 2010-02-25 13:53 | シゴト | Trackback | Comments(4)

フィギュアスケート:バンクーバー五輪 その6

大注目のフィギュアスケート女子シングル。
なかなかに熱い戦いが繰り広げられましたね!

まずはSPの結果から。

1位 金 姸児 (韓国)          78.50
2位 浅田 真央              73.78
3位 ジョアニー・ロシェット (カナダ) 71.36
4位 安藤 美姫             64.76
5位 レイチェル・フラット (米)    64.64
6位 長洲 未来  (米)         63.76
7位 カロリーナ・コストナー (イタリア) 63.02
8位 アリョーナ・レオノワ (ロシア)  62.14
9位 エレーネ・ゲデバニシビリ (グルジア) 61.92
10位 ラウラ・レピスト (フィンランド) 61.36
11位 鈴木 明子              61.02

真央ちゃんはガッチリと3A+2Tを決め、苦手のSPを乗り切りました☆
新衣装は真央ちゃんデザインらしいですね\(◎o◎)/!
どーりで演技の良い色だと思った。
黒のラインがポイントらしいんですが、FSも「赤に黒」だよねえ。
これでSPも「ピンクに黒」だと変化が弱いのでは?
と素人は考えがちですが、真央ちゃんがお気に入りの衣装で気持ちよく滑ることが1番なので、
結果オーライと行きましょう。

スコアを見ていないので正確には分かりませぬが、
ノーミスの真央ちゃんの後に、さらにノーミスで最高点をたたき出すヨナの恐ろしさ。
相変わらず爆加点のオンパレードで、世界最高得点更新だったようです。ふー。
最初の3L+3Tに加点2は、まあ素晴しいジャンプだったので無理もないですが、
スパイラルにも加点2だとか?
そんなにスゴイことしてたかなあ…(-"-)
真央ちゃんの3Aからのコンビジャンプにもう少しスピードと流れがあったらなあ~。
悔しい!!

でも五輪SPで3Aを成功させた選手は、真央ちゃんが初だそうです。
3L+3Tなんて珍しくねえぜ。
真央ちゃんは歴史に名を刻んだんだい!
さらにFSでも2回3Aを決めて、さらに歴史に名を刻むんだい!!

まあでも、日曜のNHKスペシャル浅田真央特集で、
チームヨナの作戦や戦略を改めて知って、ちょっと感動してしまったので、
この結果は予想してましたがね。
5点差以内で食いつけばOK、と個人的には思ってたので、問題なしです☆
FSでこの屈辱をお返しだっ!

3位のジョアニー・ロシェット。
ホントにホントに頑張ったと思います。
「うおーガンバレー」って泣きながら見ました(T_T)
ちゃんとご飯食べれてるかな?
安藤&鈴木には申し訳ないけど、銅メダルはロシェットに取らせてあげたい。

その安藤美姫ですが。
珍しく3-3ジャンプ跳びました。
絶対モロゾフは止めると思ったんだけどな~。
真央ヨナの点数見て、ヤバいと思ったのかしら。
残念ながらセカンドジャンプが回転不足となり、70点台に乗れず。

明子さんは最初のコンビネーションに失敗。
だけどすぐ次のジャンプをコンビに変更し、頑張りました(^-^)
現在11位だけど点差がそんなにあるわけではないので、
8位入賞は確実でしょう♪

運命のFSは金曜日。
滑走順もオモシロイ感じに決まりました。

第3グループ2番目に鈴木明子。
第4グループは、
1 レイチェル・フラット
2 安藤 美姫
3 キム・ヨナ
4 浅田 真央
5 ジョアニ―・ロシェット
6 長洲 未来
               だそうです。

キム・ヨナが最高の演技をしようとコケまくろうと、
必ず真央ちゃんは3Aを2回跳ぶことからは逃げませんから。
最高の演技をしてくれることの方が、負けず嫌いの真央ちゃんにはプラスでしょうね。
変にコケられると欲が出ちゃうかもしれないからねえ。

ロシェットの前ってのも良かったです。
どうしても自国の選手を観客は応援しますから。
ロシェットの順位が落ちないように、願ってしまうと思うんですよね。
だから未来ちゃんは大変だと思います。
また鼻血でないと良いけど(>_<)

真央ちゃんFSの衣装はあのままなのかなぁ…。
どうしてもアレで滑りたいのかなぁ。

by kyonmo | 2010-02-24 18:18 | シゴト | Trackback | Comments(6)

フィギュアスケート:バンクーバー五輪 その6

いよいよ明日になりました!
フィギュアスケート女子シングルSPでございます。
真央ちゃんを始め、みなさん練習も好調だそうです。

が。
カナダのジョアニー・ロシェットのお母様が一昨日亡くなられたそうで…。
なんでまたこのタイミングで、と思わないではないですが、
ご冥福をお祈りし、気丈にも出場を決めたロシェットを心から応援したいと思います。

それでは注目の滑走順を。有名選手のみ。

11 長洲 未来(アメリカ)
15 シンシア・ファヌフ(カナダ)

16 エレーネ・ゲデバニシビリ(グルジア)
17 サラ・マイアー(スイス)
18 エレーナ・グレボワ(エストニア)
19 キーラ・コルピ(フィンランド)
20 サラ・ヘッケン(ドイツ)

21 ラウラ・レピスト(フィンランド)
22 浅田 真央
23 金 姸児(韓国)
24 鈴木 明子
25 アリョーナ・レオノワ(ロシア)

26 ジョアニー・ロシェット(カナダ)
27 ユリア・シェベシュチェン(ハンガリー)
28 レイチェル・フラット(アメリカ)
29 カロリナ・コストナー(イタリア)
30 安藤 美姫

真央ちゃんが日本選手の先陣をきります☆
キム・ヨナの前ってのが神様分かってますよね~(*^_^*)
前の選手のレピストは、ひどい演技は絶対しないので引きずられることもないし。
これは面白い幕開けになりそうですわよ?

練習の映像を見たら、真央ちゃんとミキティはSPの衣装新調してましたね。
青→ピンクときたから本番は?と思ってたら「濃いピンク」(笑)
これもタラソワさんの自慢の一品?
金メダルを取った08年の世界選手権のFSの時の衣装の色に良く似てるので、
なんとなく嬉しい気分になりました(^-^)
問題はフリーの衣装なんだけど…楽しみでもあるし、ちょっと不安も。

不安と言えば、ミキティのクレオパトラの新衣装、
デザインは折原みとが手掛けたんだとか。
トリノの時も某有名デザイナーがデザインした衣装だったけど、
ミキティにはあんまり似合ってなくて、ごわごわ感があって、あまり良くなかった(-"-)
折原みとと言えば、バリバリの王道少女漫画家じゃないですか。
乙女ちっくな衣装じゃないコトを祈りますよ。

衣装チェンジと言えば。
アイスダンスのリード姉弟、フリーの衣装変えてましたね~。
キャシーもミキティも「長めのヒラヒラ」が付いてるとこを見ると、あれはモロゾフの好みだな。
リード姉弟は初オリンピック17位で終了。
日本のアイスダンスの成長は彼らにかかってるから、今後に超期待します。
個人的には、お気に入りのメリル・デービス&チャーリー・ホワイトが
銀メダルに終わってしまったことが不満でございますがね(>_<)

by kyonmo | 2010-02-23 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(4)

にゃんにゃんにゃん

2月22日はニャンニャンニャンで猫の日だそうです。
2月2日でニャンニャンの日、ではいけないのかしら。。。
犬の日は1月1日?1月11日?11月1日?11月11日?(笑)

昨日今日とずいぶん暖かい日が続いていて、
我が家の女王もご機嫌さんです。

猫の日セールってことで、
近所のホームセンターでキャットフードの大幅値下げがありまして。
女王の1番好きなモンプチドライのボックスをまとめ買い☆
平日と比べ、1箱あたり100円ものお得♪

とはいえ、暖かさにつられてコタツの外にいる時間が長くなった女王。
当然食事の回数も増えてくるわけで。
モンプチばっかり食べてたら、ダイエットにならないので、
少しずつ少しずつ召し上がっていただこうと思います。

話は変わって。
暖かくなったので、我が家のクロッカスが開花しました(*^^)v
a0105396_1451144.jpg
a0105396_1453870.jpg












いよいよ花粉の季節でごさいますわね(>_<)

by kyonmo | 2010-02-22 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(2)

バイオ5(番外編)な生活

毎日オリンピックに浸っているkyonmoです。
が、TVが過労なのは五輪のせいだけではありません。

買ってしまいました!

バイオハザード5 オルタナティブ エディション

カプコン


バイオ5の本編を新コスチュームでプレイできる
新シナリオ(ノーセーブの短編)が2本
新キャラ・新敵配置のマーセナリーズ
がセットで4000円なり。
人によっては高いかも?

だけどマーセナリーズをとことん極めたい我が夫婦にとっては、
次のバイオ6が出るまでのつなぎとしては十分な一品です\(^o^)/

新シナリオの短編2本は、
1.ジルがウェスカーの手に落ちるきっかけになった事件
2.ジルがジョッシュとともにトライセル基地を脱出
と、ジルが主役になっております。
1度クリアすれば相方メインでもプレイできますが、
マップはそんなに複雑ではないし、極めるのはそんなに時間かからないと思う。

マーセナリーズはキャラが一新。
クリス×2、シェバ×2、ジョッシュ、エクセラ、バリー、レベッカの8人。
装備がかなり謎なうえ、明らかに製作者がマニア!
シェバの「オフィスレディ」はかなりツボ。
ミニスカ+メガネのOLが、なぜ銃を持って戦うのか?(笑)
もう1人のシェバ「フォークロア」が赤ずきんちゃんなだけに、ビックリです。

さらにエクセラが闘ってるのがツボ。
装備は私好みなのでよく使うんだけど、体術が豊富でいちいち細かい。
「ビンタ」とかは無駄だけど、キャラを生かしてるなあ。
ピンヒールでとどめをさすパーティードレスの美女ってどうよ^m^

敵の配置は豪華で、最初の「集会所」の時点で「コイツもか!?」を5回は言った。
タイムボーナスの場所はいい感じでいじってあるし、鶏はすぐ行方不明になるし、
雑魚が集結しやすい。
パターンを覚えるまで、ちょっと時間がかかるかも。

しかしまあ、発売時期が絶妙☆
カプコンさんの思うつぼだけど、ありがたい(^^ゞ

by kyonmo | 2010-02-21 23:59 | げーむ | Trackback | Comments(2)

フィギュアスケート:バンクーバー五輪 その5

高橋大輔銅メダル!おめでとうっっ☆
朝10時から(14時過ぎまで)TVに齧りついたかいがありましたよ(笑)
え?家事ですか?
そんなものぁしらねーぜ(爆)
私は最近カーリングにもハマっているので、うちのTV過労気味。

さてさて、注目の男子シングル最終結果ですが。

1位 エバン・ライサチェク (米)       257.67
2位 エフゲニー・プルシェンコ (ロシア) 256.36
3位 高橋 大輔                247.23
4位 ステファン・ランビエール (スイス) 246.72
5位 パトリック・チャン (カナダ)      241.42
6位 ジョニー・ウィアー (米)        238.87
7位 織田 信成                238.54
8位 小塚 崇彦                231.19
9位 ジェレミー・アボット (米)       218.96

16位 ブライアン・ジュベール (フランス) 200.22

19位 トマシュ・ベルネル (チェコ)     184.74

「前年の世界選手権チャンプは五輪で優勝できない」というジンクスを、
ライザチェックがあっさり破る結果になりました\(^o^)/
ということは?
女子の「青い衣装を着た人が五輪チャンプ」説もあっさり破られそうな予感!
そう、真央ちゃんが青い衣装を着てないからね(*^^)v

ま、女子の話題はイイとして。

私としてはライザチェックはとても好きなので、とても祝福してあげたいのですが、
これからのフィギュアスケート界のことを考えると心からは喜べない。

皇帝プル様がSPもFSもガッチリ4回転を決め、その他大きなミスもしなかったのに、
SPでは差がつかず、FSでは逆転されてしまうという恐ろしさ。
すなわち、「4回転なんかやらなくてもOK」派が主流になってしまうということ。
あああ、モロゾフの高笑いが聞こえてくるわー。

モロゾフが信成に4回転を跳ばせなかったのは、
高橋大輔が4回転にチャレンジすると公言していたからだと思う。
「挑戦して転倒してくれれば、可愛い信ちゃんが銅メダル、うっしっし」
と思っていたに違いない。
でも前に滑ったライザが完璧な演技をしたせいで、信ちゃんがビビってしまったことと、
靴ヒモが切れちゃったってことだけが計算外だったんでしょうね。
信成には申し訳ないが、モロゾフめ、ざまーみろ。

なので、4回転も跳ぶが表現力も豊かってことで、
今回の五輪は、高橋大輔が金メダルを取るべきだったんだと思う。
皇帝プル様は4回転の素晴らしさを復活させてくれたけれど、
確かに「転倒」がないだけで、ジャンプの軸が傾いたりブレたりしてんだよね。
だからライザとの「加点勝負」に負けちゃったんだなー。

プル様の加点は1.0どまりだけど、ライザは1.4がポツポツあるし、
ステップでレベル4を出し、スピンのレベルも取りこぼさない。
プル様の気持ちは分かるが、ソチ五輪までになんとか克服して欲しいところ。
シングルをアイスダンス化しないためにも。

大ちゃんが4Tをキレイに決めてたら10点はプラスできるから、
金メダル、まったくの夢ってわけじゃなかったのにねえ。
たらればを言いだしたらきりがないけれど、ソチ五輪も行けるって!
っていうか、信成&小塚がソチまでに金メダル争いができるレベルになれるかが疑問。
小塚はどうしてもあと数段が登りきれてないし、
信成はGPシリーズが良くても、今回メンタルの超弱さが発覚。
名前がコールされた時の、あの顔面蒼白といったら(-"-)
大ちゃんが4年で成長できたように、信成も成長するかもだけど。
無良くんを始め、あとに続く強烈な若手の存在もないし。
大ちゃんにはぜひ、来年の世界選手権までと言わずソチまで頑張ってほしいところ。

話は変わってジュベール&ベルネルはこの先どうするんだろ。
ジュベールはソチ五輪の時には30歳…さすがに無理か…。
ベルネルは大ちゃんと年は同じだから、ちょいと微妙な年代かも。
ブレジナやアモーディオに越され、心中はいかに?

余談だけど今回「ジョニーの世界」の評価が異常に低かったね。
「あーゆー方向」はお好みではないらしい。
4回転なしの金メダリストがでたせいで、
「大技より表現力重視=キム・ヨナに追い風」と報道したマスゴミめ、消え去れ(怒)

大丈夫!真央ちゃん、信じて、自分のために跳べ!!

by kyonmo | 2010-02-20 16:22 | シゴト | Trackback | Comments(2)

フィギュアスケート:バンクーバー五輪 その4

ショートとフリーの間に1日あるのは、はたして吉か凶か。
まいどフィギュアスケート狂のkyonmoです。
朝昼晩とニュースやワイドショーを見ては、コメンテーターの発言に1人突っ込みを入れてます。
1番多いセリフは「分かってねーなー」だそうで(笑)→横で聞いてるダンナさん談

基本的にフィギュアスケートはNHKのリアルタイムで見てます。
無駄な編集がないので民放より楽しく見れるのですが、
演技後の選手たちのインタビューが見れないという欠点も。
ま、そういうのは午後から各局で嫌ってほど見れるから良いのですけどね~。

注目の男子シングルSPの結果です。

1位  エフゲニー・プルシェンコ (ロシア) 90.85
2位  エバン・ライサチェク    (米)   90.30
3位  高橋 大輔               90.25
4位  織田 信成               84.85
5位  ステファン・ランビエール (スイス) 84.63
6位  ジョニー・ウィアー      (米)   82.10
7位  パトリック・チャン      (カナダ) 81.12
8位  小塚 崇彦              79.59

15位 ジェレミー・アボット      (米)    69.40

18位 ブライアン・ジュベール   (仏)    68.00
19位 トマシュ・ベルネル     (チェコ) 65.32

皇帝プル様の演技が終わった瞬間、意外と演技構成点が伸びなかったけど、
「こいつぁ決まったな」と思ってしまった失礼な私。
SPから4回転をバシッと決めてくる選手はそういないですからねぇ。

ところが大ちゃんが4回転なしで90点台に乗せてくれたので、
一気に楽しくなりました。
昔は大ちゃんのナルっぽいところが鼻について嫌いだったんですけど、
今はその味が大好きです。
宮本さん(eyeの振り付けした人)って天才(●^o^●)

同じく4回転なしで僅差に付けたアメリカのライサチェック。
彼の「火の鳥」は伝説になるんじゃないかってくらい、ステキな滑りでした。
音楽との調和は、私の中では今季最高だったと思う。
キスクラで泣いてる姿がまた、心をわしづかみだよねえ(笑)
イイ男は泣いてもやっぱりいい男だ♪

そして私が愛してやまないチェコのトマシュと、
ダンナさんが愛し始めたフランスのジュベールがともに沈むという悲劇。
トマシュは今季はじめから怪しかったけれど、
早くも2番手ブレジナにエースの座を奪われてしまうのかい?(号泣)

さて大ちゃんがフリーで4回転を跳ぶのか否か、というのが世間の注目ポイントですが。
私は足の調子さえ良ければ、跳ぶべきだと思うねぇ。
滑走順から言って、メダル確保のためには回避の選択もありえるだろうけど、
回避したら間違いなく他のジャンプに狂いが出るね、彼は。
特に3ループはミスが出そうよ。
以前真央ちゃんが、3A失敗した後に、圧巻の演技をぶちかましたことがあったけど、
意外とそういうものだと思う。

川口さんの2の舞にならないように。
バンクーバーが終わったら年齢的にも次は目指せないと自分でも言ったんだから。
4回転を跳んで。
成功でも失敗でも、自分は戦ったんだと胸を張って帰れるように。
大ちゃんには挑戦を期待します。

信成は…たぶんモロゾフが待ったをかけるでしょう。
小塚くんは…ソチ五輪へ向けて経験を積むためにも、跳んでくるかもしれない。
佐藤コーチ親子対決は、SPでは「親」の勝利だね。
アボットのフリーは個人的にとっても大好きなので、ミスのない演技を見せてほしいな。

by kyonmo | 2010-02-18 19:16 | シゴト | Trackback | Comments(2)

フィギュアスケート:バンクーバー五輪 その3

ペアの最終結果です。

1位  申雪&趙宏博  (中国)   216.57
2位   龐清&佟健    (中国)   213.31
3位   アリョーナ・サフチェンコ&ロビン・ゾルコビー  (ドイツ) 210.60
4位  川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ  (ロシア) 194.77
5位   張丹& 張昊   (中国)     194.34

ロシア13連覇ならず(>_<)

でもそれは川口さんのせいではないよっ!!
ヨーロッパ選手権の良い流れそのままに、SPではすんばらしい演技だったのに、
ホントに残念な限り。
スロー4回転ジャンプ…跳ばせてあげれば良かったのになあ。
毎年ある大会じゃないんだからさあ(T_T)

それを思うと。
「トリプルアクセルを跳ぶな」と言わないタラソワ&ジャンナコーチは良い人だ。
怪我もしてないのに安全策を取らせるコーチは、
結局、選手(特に心)を潰してしまうんじゃないかと思うよ。

by kyonmo | 2010-02-16 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)