人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ジャイアンツ、リーグ優勝ならず。

我が家の平和はジャイアンツの勝利にかかっているのですが。

なんと、今年はリーグ優勝を逃してしまいました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
当然、我が家は不穏な空気が漂っています。
地雷を踏めば、暴れ出すダンナさんがTVに向かってブツブツ言ってます。

クライマックスシリーズというシステムがあって良かったと
ようやく今年は思えます。
お願いだから日本シリーズへ進出してくれますように。

10月からはフィギュアスケートのシーズンが始まるので、
はっきりいってダンナさんのご機嫌を取ってる暇はないんですよ!

by kyonmo | 2010-09-29 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(4)

海猿 ~ラスト・メッセージ~

久々に母上と映画に行ってきました。
『海猿』です。
母はなぜか昔から海猿の大ファンなのです。

完結編とCMで言ってたので主役の仙崎が死ぬのかなと思っていましたが、
案の定、死にそうになりましたが死にませんでした(笑)
あ、ネタばれ?
でもこの映画観に行く人の9割が、「仙崎が死ぬわけない」と思ってるでしょ?

ちなみにこの映画。
3Dと2Dがあるんですが、この辺境の地では3Dしか上映してなくて。
レディースデーは普通1000円なのに、3D料金が加算され1300円取られる(-"-)
「嫌だ!私は2Dでいいんだぁ!」と心の中で叫びました。
メガネの上から3Dメガネをかける辛さ、分かってないだろ!!

で、3Dだからスクリーンから水しぶきが降りかかってきたり、
鉄骨が飛んできたりするかというと、まーったくそんな迫力シーンはなく。
スクリーンの3mくらい手前にもう1つスクリーンがあって、そこに上映されてるかのような
意味不明な立体感でした。
こんなものに300円も追加したうえ、Wメガネの重さに耐えねばならんとは(怒)

なので、別になくても困らないシーンは全部3Dメガネなしで観ました。
だって手で支えとかなきゃ3Dメガネがずり落ちてくるんですもの。
140分間も手がだるいっての!

3Dテレビを買う人の気がしれません(T_T)

あらすじと感想

by kyonmo | 2010-09-28 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(4)

フィギュアスケート:2010-2011シーズン前 その8

本日9/25は真央ちゃんのハタチの誕生日でーす☆

私が真央ちゃんにホレてフィギュアスケートを本気で見始めたのが、
2005年のGPシリーズだったので、もう5年も経ったんですねぇ。
真央ちゃんも20歳になるわけだ。

バンクーバーも終わり、今ではGPシリーズだけでなく各地のアイスショーまで
TV中継される時代になりました。
辺境の地に住む私には有難いことなのですがね。

さて真央ちゃんですが。

ジャンプ専任コーチだった長久保さんとサヨナラし、
佐藤コーチ1人にお世話になるようです。
でもまったく縁が切れたワケじゃなく、次オフシーズンにはまた
コーチしてもらう可能性もあるのだとか。
たった3ヶ月でコーチとサヨナラしたことについて、
またしても某国が否定的な見解をだしているようですが、
まったくもって余計なお世話ですわね(怒)
おたくの女王のように醜い泥沼の争いにはなりませんことよ!

長久保さんは長期的な取り組みとしてジャンプを1から矯正しようとしてましたが、
佐藤コーチは今あるものを大事にしつつ、可能な限りの矯正を、という考えだそうで。
メインコーチの意見が重視されるのは仕方のないこと。

私としてはソチまでにルッツとサルコウも完璧にっていう長久保さんの意見に
賛成だったんだけど、まあ、佐藤コーチにも策があってのことなのでしょう。
とにかく真央ちゃんが迷うことなく、導いてあげてほしいものです。

今シーズンはライバルライバルと比較されることもないし、
じっくり自分と闘って欲しいと思います(^-^)

by kyonmo | 2010-09-25 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

早く寒くなーれ。

先日まで昼間は30度近くあったのに、
涼しいを通り越して、もう肌寒い毎日です。

女心と秋の空、とはよく行ったもので、
晴れてたくせに予告なく雨がザバッと降って、また晴れたりして、
落ち着かない天気が続いています。

気温の変化に敏感なアレルギー性鼻炎の私の鼻は、
毎日ぐずぐずで、何の役にも立ってません(T_T)
おまけに今年は喘息がチラホラ出始めまして、
気管が3分の1くらい詰まった感じです。

鼻は使い物にならないし、口で呼吸しても足りないしで、
ひたすら深呼吸生活。
深呼吸してようやく普通の呼吸分の空気を得てるのです。
予防薬が今年は効かないようですねー。

パルミコートは喘息の治療薬の中でも軽いもので、
しかも1日1回という最低限の使い方をしてるので、発作がでるかも。
と、先生も言ってたしなぁ(>_<)

仕方ないので、例の麻薬パッチみたいなテープ薬を貼ってみたところ、
確かに効きは良いのですけど、手が震えるし、気分がフワフワするし、
結局エアーとそんなに差はないんだなあとガッカリ。
貼りっぱなしで1日持つのは嬉しいですけどねー。

早く完全に寒くなりますように。

by kyonmo | 2010-09-24 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)

仮にも「先生」ですから。

shokoさんの姪っ子の「漢字間違い事件」で思い出したんですがね。

2ヶ月くらい前、家庭教師先の子が「先生、この問題解ける?」と、
得意げに紙を差し出してきました。
ちょうど2次方程式を習った時期だったので、その応用問題でした。

a+b+c+d=10
2a+3b-c+5d=25
-a+5b+4c-d=17
4a-3b+6c-2d=8

というような問題で、a、b、c、dをそれぞれ求めよ、ってことでした。
移行して文字を2種類にして、2次方程式にして解けば良い問題なのですが、
彼女のクラスでは2人しか解けなかったらしいのです。

もちろん、彼女は解けなかったのですが、
解けた友達に答えを教えてもらったらしく、それで私に挑戦してきたわけですね。

難しくはないのですが手間はかかるので、
「ちょっと時間ちょうだい」と雑用紙にカリカリカリカリと計算してゆく私。
「〇〇ちゃんはね~、チャイムが鳴るギリギリに解けたんだよ~」
と、この問題の難しさを力説する子ども。

数分後、「ハイできたよ~」と計算用紙を渡すと、衝撃の顔をしたその子が、
「すごーい!早ーい!しかもあってるぅ!」
「〇〇ちゃんは時間かかったのに!クラスで2人しか解けなかったのに」
と繰り返します。

  Googleで検索したらHope=茶だった!と、
  日本人であるshokoさんに食い下がるアメリカ人の姪っ子ちゃんに
  よく似てると思いませんか?(笑)

うーん、しかし、その〇〇ちゃんは中2ですよね?
こちら、一応大学出の30女で、中学生に勉学を教えることを仕事としてますが?

まあね、普段は子どものレベルに合わせて指導してますので、
テストで50点取れたら「おお~すご~い、難しいのによく頑張って50点も取れたね」
などと言ったりするのですよ。
もちろん、心の中では「この程度なら90点は余裕だろ」などと思ってますが、
そんなこと口が裂けても言えませんからね。

だから子どもは、
「50点でスゴイと言われた=先生も50点くらいしか取れないんだ」
と勘違いしてるんでしょう。
つまり同級生の優秀な子の方が、先生より賢いと本気で思ってるわけで。
これはこれで問題な気がするんですがねえ。

ちなみにこの子の親戚に、都会の某私立大学に通ってる子がいるらしいのですが、
このご時世にたいそう設備の整った、豪華な大学なのですよ。
大学案内のパンフを見せてくれたので、
「うわぁキレイだね、私の通ったとこなんて○○だったよ、うらやましいねえ」
などと感想を言うと、
「先生もこういう大学に行けば良かったのにー」とな。

ううう、都会のこじゃれた私立大に行く金は、我が家にはなかったんじゃーい!
っていうか、そんな「行くだけ大学」を出ても就職ないぜ!
と、心の中で負け犬の遠吠えをする私。

ま、頑張って国立大を出たって、
朝からパグパグを怒鳴り、きょんサマのトイレの世話に追われ、
ダンナの行動にいちいち腹を立てたり…な毎日ですから、
大きなことは言えませんがねー(-"-)

by kyonmo | 2010-09-22 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)

ただでさえ太い指が。

秋に突入したせいで。
この辺境の地では、ちょっと油断すると、
吸血生物たちが生き残りをかけ、襲撃してきます。

ドッグランに行く時など、極力肌を露出しないようにしていくのですが、
服の上から刺される始末(-"-)
どんだけイイ牙持ってんだ…。

昨日、ちょっと油断した瞬間に「左手の薬指の先」を刺されました。
たぶんブト(地域によってはブヨとも言うね)だと思われます。
刺されてしばらくは「なんか痒いなあ。蚊に刺されたのかしら?」程度だったのに、
家に帰りつく頃にはガァーっと熱くなり、腫れる腫れる!
結婚指輪がはじけ飛びそうなくらい。

とにかく冷やしてムヒを塗ったので、1日経ってようやく落ち着きました。
a0105396_9202750.jpg

白の→のトコが刺されたところ。
もともと指が太いんで分かりづらいですけど、
関節部分を見ていただければ、腫れてるのが分かるかも。
指輪なんて入りませんよ(T_T)

赤で囲った辺りはまだ腫れてます。

クソー!虫けらのクセに!殺虫剤まくぞ!うぉらー!
と、行き場のない怒りをぶちまける愛玩動物飼養管理士。
愛護週間なのに。
ま、私の愛護精神なんてそんなもんです(笑)

by kyonmo | 2010-09-21 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(4)

動物愛護週間です!

犬猫をはじめ、動物をこよなく愛する皆様、こんにちは。
9月20日~26日は動物愛護週間ですね!
ご自宅のペットを愛するのはもちろんですが、
1年のうちたった1週間しかないこの愛護週間の時だけでも、
殺処分されていく命の多さと、
自己の利益に執着し、動物の法改正を後回しにする日本の政治家の無能さを、
意識していただきたいと思います。

ちなみに。
我が辺境の地の保健所の規則に不満があると、以前書きました。
「すでに犬猫を飼っている人は、同種の動物を引き取れない」という規則です。
環境さえ整えば、引き取りを許可すべきだと某市議に訴えてみましたが、
「検討してみます」とか「貴重なご意見をどうも」とか「それは難しいですね」などの
返事もなく、さらっと無視されました。
腹が立ったので、次回の市議選挙の時ヤツが街頭演説してたら、
観衆の目の前で文句を言ってやろうかと思ってます。

話は変わって、今日は敬老の日でもありますね。
私事ですが、実は兄の32歳の誕生日でもあります(^^ゞ

施設にいる祖父も帰ってくるそうで、久々に祖父母孝行のチャンス。
祖母はたった1日でも家に祖父が帰ってくると聞いて、
相当ブルーになっちゃってますが(笑)
明日はダンナさんと兄がお休みなので、ランチパーティーをする予定でございます☆
でも仕事虫な兄は自分が主賓でもドタキャンする人なので、期待はできませぬ。
敬老の日くらい、顔出してくれたら良いのになー。
ついでに嫁候補でも連れてきてくれたら良いのに~。

我が家で唯一シニアなきょんサマ。
朝晩が冷えてきたので、コタツを出してあげました。
日中はまだ30℃にもなるので、さすがに電気は入れませんが、
「おお!マイハウス♪」とご機嫌でおこもりになっておられます。

みんな元気で長生きしますように。

そして1匹でも多く、尊い命が助かりますように。

by kyonmo | 2010-09-20 10:19 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

梨の食べ方

辺境の地の名産は二十世紀梨です。
東京から北にお住まいの人たちの中には、
我が県は一面砂丘で、砂丘の中に梨畑があると思ってる人もいるのだとか。

大学時代のこと。
夜、サークルで海に遊びに行ったとき、
沖にイカ釣り漁船の灯りが並んでいるのを指差し、
ある先輩が「あれ、日韓高速道路の灯り。」と県外から来てる1年生に行ったところ、
「へえ~すご~い。」と数人が信じてたのを見た時は衝撃でしたね。
そんな嘘を信じる人もいるくらい、我が辺境の地は謎なのだと思います。

話がそれました。

梨、どうやって食べますか?
皮のむき方とか切り方にこだわりはありますか?

私はまず4等分し、皮をむき、一口大に刻んで皿に盛ります。
梨はリンゴより水っぽいので、
4等分のままではかじった時「果汁」が垂れることがあるんで、
それを避けるために、あらかじめ1口大に刻みます。
食べはじめたらあっという間なので、変色も気になりません(^-^)

でもそれは自分用だった場合。
ダンナさんも食べる可能性がある時は、4等分or8等分のまま盛ります。

ダンナさんは基本果物を食べません。
皮をむくのが面倒だからです。
皮をむいてさえあれば、何でも食べるんですがね(-"-)

そんなダンナさんが唯一「皮むいて!」と積極的に言うのが梨。
それも二十世紀限定。
赤ナシは歯ごたえと酸味が足りないのですって。
なので、この季節食後に出したりするのですが。

結婚当初、初めて梨を出した時のこと。
一口かじって旦那さん、「冷えてないじゃん!」としかめっ面。
梨=常温で食べるもの、と22年間思ってきた私は衝撃でしたねー。

我が家は父が梨農家の息子だったため、毎年くず梨をたくさんいただくので、
梨を食べようと思ったら、倉庫の段ボール箱から取ってくるのが常識でした。
ところが梨は「いただくもの」か「少量購入」なダンナさんちは、
食べる分をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくのが常識だったとか。

というわけで。
最近では忘れずに冷蔵庫に1個、待機させとくようにしております。
別に私は冷えてようと常温だろうと美味しく食べれる人なので。

by kyonmo | 2010-09-19 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)

最近お気に入りの海外ドラマ。

THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス1 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


「メンタリストの捜査事件ファイル」です。
犯人は誰だ?な刑事ドラマで、例のごとく1話完結でとっても有難いドラマ。

主役が刑事じゃなく、警察に雇われてるコンサルタントなのが新しいかも。
いろんな知識を駆使し、人の気持ちを読み、犯人を見つけちゃうんですが、
主役のパトリック・ジェーンがステキ☆
この目の垂れ具合は半端じゃないね(笑)

さてこのジェーンさん、過去にニセ霊能者として荒稼ぎしてまして、
レッドジョンという連続殺人犯をTVで悪く言ってしまい、妻子を殺されちゃいます。
普段はマイペースで仲間達を振り回し、殺人犯を追い詰めちゃったりするけれど、
その反面1人で寝ると妻子が殺された時の現場が夢に出てきてうなされちゃったりするので、
刑事オフィスのソファーじゃないと眠れないという、可哀そうな一面も。

なかでも私のお気に入りは、ジェーンさんではなくお仲間のキンブル・チョウ。
アジア系のクールな男です。
周りの金髪集団より背が低くて、いかにもアジアな感じだけど(韓国系らしい)、
堂々とした立ち居振る舞いと友情厚いところが魅力的なのであります。

もうひとつ、『女検察官アナベス・チェイス』という法廷ドラマも見始めました。
原題は『CLOSE TO HOME』というそうですが、意味はよく分かりません。
若い女検察官のアナベス・チェイスが、家事と子育てに奮闘しつつ、
裁判で勝つために一生懸命証拠集めしたりするドラマです。

最後には勝つと分かっていても、相手の弁護士がすごくやり手だったりして、
非常にドキドキします。
有難いコトに、これも1話完結です(*^^)v

海外の刑事ドラマを見ると、容疑者が2言目には「弁護士を呼んでくれ」っていうので、
「くそーまたかよ、さっさと自白しろよ」とヤキモキするんですが、
(さっさと自白したらドラマにならないんだけども)
このアナベス・チェイスは弁護士請求を無視したりするので新鮮です。
呼ばなかったら自白とかの証拠が裁判で使えなくなったりするらしいんだけど。

警察ドラマを見ると、弁護士が極悪人に見えるし、
弁護士ドラマを見ると警察や検事が極悪人に見えるから不思議ですよね~。

警察や検事さんにはそんなにお世話になったことがないから分からないけど、
先日、弁護士にはひどい目にあわされたので、
弁護士=金もうけ目当てのムカつく人間、という常識が今我が家にはあります(笑)

by kyonmo | 2010-09-18 13:00 | お芝居 | Trackback | Comments(4)

プロ野球選手風に。

ここ10日くらい、腰痛に悩まされています。
背中から腰、太ももの外側にかけて、左側だけ痛いんです。

1番痛いのは、パグパグエリアの出入り。
60cmフェンスなので「よいこらしょ」と跨ぐんですけど、
右足にグッと力が入ると、左腰がズキッ!

プロ野球選手っぽくいうと、背中の左側に張りが感じられ、
左腰から太ももにかけて違和感、な感じです(-"-)

はあ~、原因はやはり姿勢の悪さですかね?
カテキョの時とか、無理な姿勢を長時間取ってるからかなー。

それとも歩きにくい靴でウロウロ買い物したからとか?

とりあえず長期間のコリや痛みなので、今日、温湿布を貼ってみました。
10日目にしてようやく対策を取り始める面倒くさがり屋(^^ゞ

by kyonmo | 2010-09-17 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(2)