人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

小学館さん、ありがとう☆

愛読書「月刊flowers」の懸賞が当たりました☆

今回も外れた方の中から再抽選、の方ですが、
それでもかなりの確率で選んでいただいて、ありがとうございます。

今回は、
a0105396_15493030.jpg

可愛いマッチ箱に入った、スタンプ2個セット(●^o^●)

これからもどしどし感想書いて送りますので、
どしどしプレゼントください(笑)

そうそう、今日は清水玲子の「秘密」の発売日ですね!
(ここは辺境の地なので、都会より1~2日遅れて発売です)

めっきりでないので、作者が入院でもしてるのかと思ったら、
2巻同時発売ですって!

一応12巻で本編完結のようなので、
一気にファンに2冊買わせてしまおう的な発想でしょうか?
別々に出したとしても、買ってましたけどねえ。

おっと!
小学館さんありがとうページに、白泉社コミックスの宣伝を書いてしまった(^^ゞ

by kyonmo | 2012-10-30 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

実家に帰らせていただきます

この週末、ダンナさんが1人で実家に帰ってました。

別に喧嘩したわけではないですよ、念のため。

11月に2人でご機嫌伺いに行くのが近年の習慣だったのですが、
今年はマメちゃんがまだ長距離移動も泊まりも無理なので、
(いつも留守番を頼む母に、まめちゃんのことはいまだに話してないし)
今年は早めに、ダンナさんだけで行ってもらったのですが。

いやーイイね!!
久々の「1人の夜」(*^^)v

ダンナさんがいないからと言って、
浮気したりとか、飲みに行ったりとか、
友達呼んで徹夜で騒ぐとかができるほど、
もう若くはないんだけど(笑)

「自分のペースで生活できる」

って、なんて幸せなんだろう(●^o^●)

贅沢言えば、2泊くらいして欲しかった
せめて次の日の「夜」に帰ってきてほしかった。
(土曜の7時半に出て、日曜の13時に帰ってきた)

でも、体調悪い中出かけてもらったのだから、文句は言うまい。
お土産も山ほど貰ったし。



亭主元気で留守が良い。

まったくもって、その通りだ。

by kyonmo | 2012-10-29 16:24 | シゴト | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケート:GPシリーズ スケートカナダ2012

10月に入ると、1週間が早いね!
金~日(時差によっては土~月)は、フィギュアスケート三昧になるので、
家事が手に付きませんよ。

え?いつもまともにやってないって?
そーとも言うね~(笑)

では結果から。

<男子シングル>

1  ファビエル・フェルナンデス ESP 253.94
2  パトリック・チャン CAN  243.43
3  織田 信成 JPN 238.34
4  フローラン・アモディオ FRA 218.72
5  ロス・マイナー USA 213.60
6  デニス・テン KAZ 203.70
7  エラジ・バルデ CAN 199.94
8  無良 崇人 JPN 199.74
9  アルツール・ガチンスキー RUS 199.58
10  リアム・フィルス CAN 169.67

スケートアメリカの表彰台日本人選手独占を受けて、
相当気合いが入っていたお2人さん。

調子が悪いとはいえ、カナダ点もあるし、パトリック・チャンの優勝で、
2位3位を日本人が~かな?…などと考えていたら、あらまあ\(◎o◎)/!

ジャパン・オープンの不調っぷりの再来で、ついにパトリック首位陥落。
やっぱ、コーチと振り付け師を変えたのが響いてるのか?

昨年からの好調を維持したフェルナンデスくんがトップでした。
それでも2位に入るのはさすがと言うか…。

なんだかとってもお久しぶりな殿は、ビックリな謎衣装(SP)でしたが、
しっかり表彰台をキープ。
日本男子NO.2の座を取り返す第1歩ですね。

残念ながら無良くんは、緊張が良い方に繋がらなくて、8位(-"-)
ガチンスキーも相変わらずパットしない…。
皇帝プル様が泣くよ。

<女子シングル>

1  ケイトリン・オズモンド CAN 176.45
2  鈴木 明子 JPN 175.16
3  村上 佳菜子 JPN 168.04
4  エリザベータ・タクタミシェワ RUS 168.00
5  エレーネ・ゲデヴァニシビリ GEO 160.52
6  クセニア・マカロワ RUS 154.11
7  グレイシー・ゴールド USA 151.57
8  アメリー・ラコステ CAN 151.44
9  キャロライン・ジャン USA 149.87
10  ポリーナ・シェレペン RUS 124.29

カナダの新星オズモンドちゃんが初優勝☆
五輪以降、沈んでいたカナダ女子シングルに希望の光!ですね。
会場がカナダでなければ明子さんの逆転優勝だったでしょうけど(^^ゞ

SPで出遅れた明子さんと佳菜ちゃん。
FSで巻き返して、表彰台をゲット。
特に明子さんの「オー」はやっぱりステキだなあ(●^o^●)
佳菜ちゃんのタンゴも、カメレンゴさんらしく、振りが詰め込まれてて、
とっても頑張ってるのが伝わってきました。
世界選手権までには踊りこなせるといいね。

ペアは、
アリョーナ・サフチェンコ / ロビン・ゾルコビー (GER)が201.36で優勝。
っていうか、圧勝でした。

アイスダンスは、
テッサ・バーチュ / スコット・モイヤー(CAN)が169.41で優勝。
これまた危なげなく圧勝。

当然、TV放送なし(T_T)
優勝ペアくらい、放送しようぜ、FSだけでもさあ。

by kyonmo | 2012-10-28 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

さっそく保険の出番か?

今年の秋は鼻炎がひどく、喘息発作も頻繁に出るので、
とりあえず「鼻呼吸したい!」と2週間前に病院に行きました。

山のようにもらった薬もなくなったし、
そろそろ血液検査の結果も出てるかな~と思い、再診へ。

診察室に入るなり、先生は苦い顔。
「とりあえずコレ見て」と、
ポイッと(作家が失敗原稿を投げる要領で)紙を渡される。

うーん。
見方はよく分からないが、結果が良くないってのだけは分かった。

っていうか、表彰状のように渡せとは言わないが、普通に手渡ししろよ。
何サマだよ、この医者は(怒)



小学生くらいからアレルギー性鼻炎とは言われていたけど、
ほったらかしておいた結果、悪化しまくっていたようで。

ハウスダストとヤケヒョウヒダニ、猫皮膚(フケ)、イヌ皮膚(フケ)の数値が
振り切ってるー。
a0105396_15544293.jpg

基準範囲が170以下という「非特異的IgE」とやらが、8408もあるそうな。
a0105396_1555627.jpg


「喘息の人でも普通1000くらいなのに、8000超えるって…」と先生。
「これじゃあ、1年中苦労するわね」と看護士さん。

鼻の機能がまともに使えるのって、年に数日だし、今さら感もあって、
危機感なし!な受け答えをしていると。

「毎日薬飲んで、マスク着用、掃除をこまめに、猫に近寄らないこと」
などと、先生が言うので、
「猫飼ってます」
と、言うと、先生と診察室にいた看護士さん2名、
「ええっ\(◎o◎)/!?」
と、学芸会レベルの驚きよう。

ついでに椅子から転げ落ちたら、コントだった。

「即刻猫を手放してください」と寝ボケたことを先生が言うので、
「無理です」と(先生の語尾にかぶせる勢いで)即答。

これまた学芸会レベルであきれ顔をする先生と看護士さん。

「酸素引きずって生活しなきゃいけなくなるよ!」
「高齢猫なので手放せません。」
「じゃあ、今の猫は仕方ないとして、次の猫は絶対飼わないでね」
と先生。

これ以上「鼻」と「気管支」をダメにしたら、
必然的に肺がダメになるという話を、(大げさに)展開。

猫飼えないくらいなら、コーヒーと甘い物を一生絶った方がマシだし。
むしろ酸素引きずっても猫と生活する方がいい。

なーんて先生に言っても無駄だし、とりあえず私は「ハイ」と返事したものの、
明らかに「コイツ同意してないな」と感じたらしい先生。

「鼻の手術、お勧めします。」と言いだした。

鼻呼吸できるようになれば、喘息のリスクが減るから。

でも、私の喘息レベルがひどすぎるらしく、
手術後喘息発作が出たら手が打てないので、大学病院を紹介してくれるそうです。

手術する決心がついたら、詳しく説明してあげるとのこと。

いや、詳しく聞かないと決心ってつかないもんじゃないかね?
…まあいいや。



手術かー。

生まれてこのかた、手術の経験ないんだよなあ。
でも手術して鼻呼吸できるようになるんなら、いいよなー。

先月契約し直したばかりの保険、
この手術でも保険下りるのかな?

by kyonmo | 2012-10-26 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケート:2012-2013シーズン 6

衝撃のニュースです。


ペアの高橋成美(木下ク)&マービン・トラン(カナダ)組が、
成美ちゃんの左肩手術のため、GPシリーズを欠場するそうです(>_<)

日本スケート連盟が今日、発表しました。


なんでも、成美ちゃんが4月の練習中に左肩を脱臼してて。
今シーズンは治療しながら参戦するつもりだったけど、
検査の結果、「左反復性肩関節亜脱臼」と診察されたそうで、
来週にも手術を受ける予定だそうです。

全治には3カ月くらいかかるとか(-"-)
うひー。

昨シーズン、世界選手権で銅メダルを獲得して、さあこれからって感じだったのに。
辛いだろうなあ。
こういうとき、ペアは、自分のせいで相方も道連れにしてしまうことになるから、
相当精神的にキツいに違いない(T_T)

成美ちゃん達は、中国杯とNHK杯にエントリーしてたので(真央ちゃんと一緒!)、
両方とも欠場に。当然ファイナルもなし。

来年3月の世界選手権に出るには、12月末の全日本選手権に出なきゃいけないけど、
日本のペア事情を考えると、出なくても出場権もらえるでしょう。
間違いなく。

だって、他に誰が出て、誰が五輪の出場枠取ってくるのさ?

というわけで、しっかり治して、世界選手権(四大陸はリハビリがてら出れるのかな?)に、
備えてほしいと思います。

by kyonmo | 2012-10-25 16:05 | シゴト | Trackback | Comments(0)

『ツナグ』

先週に引き続き、今週は『ツナグ』を見てきました。
a0105396_16414770.jpg

主役の松坂桃李くん、今までそんなに好きではありませんでしたが、
梅ちゃん先生を毎日見続けた影響で、けっこう好きな俳優くんになりました。

梅ちゃん~では、すでに2児の父親役でしたが、
この映画では「高校生」役。
顔も、かもしだすオーラも、やっぱり高校生役の方が似合ってるね。
良い意味で。
で、彼の実年齢はいくつなんでしょう?(笑)

今回の映画の中で、松坂くんのお祖母ちゃん(アイ子)役の樹木希林さん提案で、
ヘルマン・ホイヴェルス神父とやらの「最上のわざ」という詩が、
随所に(エンドロール中には通しで樹木希林さんが朗読もしてくれてる!)使われているのですが、
それがとっても印象的で、心に残りました。

あらすじを知りたくない人でも、
コレだけは事前に知っておいて映画を見るのはアリだと思います。

 
 この世の最上のわざは何?

 楽しい心で年をとり、
 働きたいけれども休み、
 しゃべりたいけれども黙り、
 失望しそうなときに希望し、
 従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

 若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、
 人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、
 弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。

 老いの重荷は神の賜物、
 古びた心に、これで最後のみがきをかける。

 まことのふるさとへ行くために。


ホントはまだ続きがあるそうですが、映画ではここまでが使われてます。
ね?
深いでしょ?

これを神妙に受け止められる人というのは、
きっと身体的にも精神的にも、若い頃のようにはいかず、
「ああ、年を取るってこういうことなんだ」
と、1度でも実感したことがある人でしょうね。

私は日々、あの頃は若かった…と思っているタイプなので、
神妙に受け止めましたよ。

話は変わりますが、この映画の見所は「泣く演技」だと思います。

注目は橋本愛ちゃんの「絶望泣き」と、樹木希林さんの「後悔泣き」です。
マイナスの感情を出しまくって泣くと、呼吸困難になりますよね。
あれを演技でやるのって、大変だと思うんですけど、
じつに見事に、「泣いて」いらっしゃいました。

当然見てるコチラもボロ泣きしました。

愛ちゃん、『another』では感情をあまり出さない少女の役だったけど、
今回は感情の起伏激しく、大活躍?でしたね。
これからが楽しみな女優さんだ(^-^)

ちなみにこの映画は、
「人生に1回だけ、亡くなった人に会えるとしたら、誰と会う?」
というお話です。

私は迷わずそらさんを呼んでもらいます。

え?人じゃないとダメ?
ケチー。

あらすじと感想。

by kyonmo | 2012-10-24 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(2)

巨人、日本シリーズ進出\(^o^)/

ひやひやさせるのも演出ですかと言わんばかりの展開でしたが、
昨日、巨人がCSを制覇、日本シリーズへ進出を決めました☆

ありがとうありがとう。
我が家に平和をありがとう(笑)

アドバンテージがあるとはいえ、3連敗を食らったときは、
それはもう、我が家は(というか、我が家のアノ方は)ブラックオーラを背負い、
ピリピリした不機嫌オーラMAXでして。

一緒に試合を見るのはしんどいので、
付き添いはきょんサマに任せ、私は別室に逃げておりました。

しかしまあ、終わりよければすべて良しってことで(^-^)

私としては最後まで小笠原の復活が見れなかったというのが、
残念でなりませぬが。

次に期待することにしましょうか。

by kyonmo | 2012-10-23 13:58 | シゴト | Trackback | Comments(2)

フィギュアスケート:GPシリーズ スケートアメリカ2012

いよいよグランプリシリーズが始まりましたね。

まさか初戦から地上波放送なしだとは思いませんでしたけどね。
今シーズンは五輪のプレシーズンだぞ!
その程度の覚悟なら、放送権NHKに譲りやがれ、テレ朝!

と思ったのは、私だけではあるまいよ。

ま、この辺境の地ではケーブルテレビじゃないとテレ朝見れないし、
ケーブルテレビ契約すれば、BS朝日も朝日ニュースターも見れるから、
地上波で放送しようがしまいが、そんなに違わないんだけどね。

だから、今回、朝日ニュースターがまさかの生中継だったので、
かなり嬉しかったのです。
余計な煽り特集もなかったしね。
やっぱりスポーツ中継はライブに限るぜ(^-^)

ついでにエキシビまできっちり放送してくれたら、言うことなかったのに。

まずは結果から。

<男子シングル>

1 小塚 崇彦 JPN   251.44
2 羽生 結弦 JPN   243.74
3 町田 樹  JPN   229.95
4 コンスタンチン・メンショフ RUS   212.53
5 ジェレミー・アボット USA   211.35
6 ミハル・ブレジナ CZE   209.67
7 アーミン・マーバヌーザデー USA   203.65
8 トマシュ・ベルネル CZE   197.36
9 ダグラス・ラザノ USA   187.73
10 アレクサンドル・マヨロフ SWE   182.42

日本ワン・ツーは予想してましたが、まさかの表彰台独占☆
アボットの自滅という、悲しい事実はあるものの、
日本男子の層の厚さを世界に知らしめましたね。

羽生くんのSP世界歴代最高点という衝撃から始まったアメリカ大会。
さすがオーサーというか、相変わらず抜け目ないプログラムを組んでますよ。
それを実行できる羽生くんが1番すごいんだけど。

演技構成は正直、小塚くんやアボットの方がもっと「表現」してるじゃん!と、
文句をつけたくなったりしますが、
あれだけジャンプがビシッと決まって観客が沸けば、ジャッジも点を出したくなるよね。

人が採点してる以上、仕方ないのかも。

しかし、残念ながらフリーでまさかの転倒。
私的に、黒い手袋が抜けそうで、それをチラチラ気にしてるようにも見えたので、
そんなことに気が散ってしまうくらい集中が切れちゃったんでしょうね。
怪我しなくて良かった。

小塚&町田はベテランの安定感を見せつけましたね。

私の大好きなアボット。
SPもFSも独特の世界を作り出し、別人のようなプログラムですが、
いかんせんジャンプが決まらない(-"-)

同じく、愛しのベルネルも不調です。

早く完成形が見たいものですね。


<女子シングル>

1 アシュリー・ワグナー USA   188.37
2 クリスティーナ・ガオ USA   174.25
3 アデリナ・ソトニコワ RUS   168.96
4 ヴァレンティーナ・マルケイ ITA   158.79
5 今井 遥   JPN   157.72
6 マエ・ベレニス・メイテ FRA   155.95
7 アリョーナ・レオノワ RUS   153.49
8 ヴィクトリア・ヘルゲション SWE   144.85
9 レイチェル・フラット USA   136.09
10 サラ・ヘッケン GER   134.09

ジャパン・オープンに続き、アシュリー優勝☆
心なしか、フリーの衣装がオレンジっぽくなっていたのは、気のせい?

初戦だけに、ジャンプが決まり切らない選手が多かったですが、
レオノワの落ち込みようと言ったら、見ていられなかったです。
ソチ五輪に向けて、ファイナル出ておきたかったんだろうな。

遥ちゃんはSPで出遅れましたが、総合5位。
相変わらず優雅で上品な滑りでしたよ。
次は3-3のジャンプ、決まるといいね。

<ペア>

1 タチアナ・ボロソジャル / マキシム・トランコフ RUS  195.07
2 クィン・パン / ジャン・トン CHN  185.16
3 ケイディー・デニー / ジョン・コフリン USA  178.22

<アイスダンス>

1 メリル・デービス / チャーリー・ホワイト USA  176.28
2 エカテリーナ・ボブロワ / ドミトリー・ソロビエフ RUS  159.95
3 ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ CAN  157.32

…ペアとアイスダンスは予想どおりな展開というか。
放送がないので、コメントのしようがない(T_T)

ライブとはいえ、前後にリプレイやる時間を取ってるんなら、
せめて1位選手の演技だけでも流してくれないかねえ。

次はカナダです。

どっかの局のスポーツ担当アナが、

「次のカナダ大会には、織田信成選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手ら、
4人の日本選手が出場します」

って言ってた。

「ら」で、まとめるなー!!
「無良崇人選手」を言うくらい、時間そんなに取らないでしょ。

まさか、読めなかったのか?

by kyonmo | 2012-10-22 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

エルまめ生活 43

まめちゃんにトイレの場所を覚えさせたくて、部屋の改造に踏み切りました。

いつかは「エル&そら」の時のように、
「部屋を2分割して住み分け」方式にするつもりでしたが、
まめちゃんがプレイスペースで遊んでいる最中に目を負傷したことがあったので、
人の留守中と夜間、無理にでも安静にさせたい時間(食後やワクチン接種後)は、
ハウスに閉じ込めていました。

すると、ハウス内にあるベットや布団にトイレをすれば、
清掃のために出してもらえると学んだまめちゃん、
トイレを失敗するようになりました。

あげく、プレイルームで遊び中も、
わざわざハウスに戻って、布団にオシッコしたりするように\(゜ロ\)(/ロ゜)/
サイアクです。

というわけで、ちょっと予定を前倒しして、ハウスを撤去しました。
a0105396_1575785.jpg

うん、すっきりして遊びやすい!
心おきなくヌイグルミを振りまわせるようにもなりました。
a0105396_159196.jpg

トイレが上手にできるようになれば、もう少しエルからスペースをもらえるかも。

ちなみに床が見えてるのは、
さっそくオシッコ失敗して、予備のマットも使いきったからです(-"-)

さて不要になったハウスですが。
a0105396_1512945.jpg

エルが我が家に来た時に購入した、歴史?あるハウスです。
(この写真の子パグはエルですよ)

組立時の予備部品その他、どこにしまってあるのか思い出せなくて、
すんなり解体が出来ない(-"-)

とりあえず、普通のプラスドライバーで外せるネジを全部外したけど、
四隅の支柱はレンチがないとウンともスンとも言わない頑丈さで。

ダンナさんは瀬戸際な巨人戦に夢中で手伝いなんて頼める空気じゃなく、
仕方ないので力技。

人工地震を起こさせ、倒壊させました(^^ゞ
(→ひたすらゆすって、ぶっ壊す…)

体重かけて揺らしてたら、木の部分の継ぎ目がミシミシいってきたので、
そこに集中的に力を入れてバキッと折りましたら、
ナット部分がむき出しになったので、素手でも回せるようになりました。

それを4回繰り返して、解体成功。

明日の朝まで待って、実家に行けばレンチくらいゴロゴロあったんですが、
いざやり始めると、あとには引けない性分で(>_<)

解体時に舞うホコリやパグ毛で、もともと役に立ってない鼻と喉が、さらに悪化。
以前から、まめの立ちションがハネてかかっていたらしく、
木は一部腐食が始まってました。

金属部分はエルとまめがガジガジしまくったせいで、
塗料がはげ、さびサビになってましたし、この撤去は、成功でした。

さあ、まめちゃんよ。

どこにトイレを置いて欲しいんだい?

by kyonmo | 2012-10-21 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

エルまめ生活 42

今日でまめちゃんは生後5カ月です。

体はすくすくと成長していますが、心はハンコウキを迎えたのか、
今までかなりの確率でできていたトイレを、失敗するようになりました。

失敗、というか、意図的にトイレ外で出してる気がします。
その方が片付けに時間がかかって、
人間がそばにいる時間が長くなると学んだのでしょうか。

エルも自分の方に注目して欲しい時は、わざとトイレ失敗しますからねえ。

まったく、困った事ばかり覚えてしまって(-"-)

これから洗濯物が乾きづらい季節になっていくので、
早急に手をうたねばなりません。

オータムジャンボも当たらないし。

良いコト、ないなあ…。

by kyonmo | 2012-10-19 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)