人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

『ひまわりと子犬の7日間』

『ひまわりと子犬の7日間』の試写会に行ってきました☆

久々に当たった試写会。
まして犬が主役の映画なので、予告を見た時から母も私も超楽しみにしてました。

が、今日の午後になって、突然祖父の体調が悪化し\(゜ロ\)(/ロ゜)/
大きな病院で検査するのに付き添うため、母は試写会をキャンセル。

「命にかかわる状態じゃないから、kyonmoは行ってきなさい」
と母が言ってくれたので、
冷たい孫は、いそいそと出かけたのでありました。

仕事の都合がついた心の友と一緒に映画館へ。

ちなみにこの作品。
a0105396_1821080.jpg

公開は2013年3月16日。

2007年に宮崎県中央保健所で実際に起こった出来事をもとにした作品だそうです。

山田洋次監督の助監督・共同脚本を長年務めている、
平松恵美子さんの初監督作品。
ということは、間違いなく家族愛中心のハートフルドラマだろうなと予想はしてました。

が。

まさか開始5分で滝のように泣くことになろうとは!

愛犬家の方はタオル持参でお出かけください(^^ゞ
当然、私は持って行きましたとも。

こういう作品をきっかけに、
我が辺境の地の保健所のような「規則ですから」対応が見直されたり、
バカ飼い主が1人でも多く減れば良いと、
心から、心から思いました。

あらすじと感想。

by kyonmo | 2013-02-28 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(2)

死期だけは予測できない。

カテキョ先のおじいさまがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします、が、
なぜあと2週間、頑張っていただけなかったのかと、残念でなりません。

本番まであと2週間。

この時期の精神的打撃は避けたかった…。
もちろん、一番無念なのは亡くなったお爺様でしょうが。

秋くらいから病気だということは聞いていたのだけど、
まさか、危険な状態だとは知りませんでした。

教え子の彼女は、受験勉強を理由にお見舞いを延期していたそうで、
死に目に会えなかったことを、非常に悔やんでいました。

ええ、その気持ち、
痛いほど分かりますよ、私には。



しかし、一大イベントの直前に身内が亡くなるというのは、
比較的よくある話で。

私の曾祖母は、私の修学旅行の3日前に亡くなり、
通夜と葬儀のため、学校を休まなければならず、
なんとか修学旅行には参加できたものの、行き帰りの乗り物の席や部屋割りなど、
すべてが「ハズレ」な感じで(私って嫌われてたんだねぇ)、
心から楽しめなかった記憶があります。

さらに高校受験の時は、
私の次の受験番号の友達のお父様が、受験日前日に事故で亡くなり、
あまりに憔悴しきった姿に、声もかけられなかった記憶があります。

ちなみにこの友達は、その高校は不合格でした。
無理もないんだけど。

さらに最悪なのは、その友達が滑り止めで合格していた高校は、
バイク通学がOKだったため、
その友人も3年後に通学中バイク事故に会い、亡くなってしまったこと。

あの日、お父様が亡くならなければ。
きっと友達は私と同じ高校に合格していて、バイクに乗ることもなく、
死なずに済んだかと思うと、「不幸の連鎖」が恨まれます。


とにかく、私の教え子が、
無事、受験において実力を発揮でき、
亡きお爺様に合格の報告ができることを祈るばかりです。

by kyonmo | 2013-02-26 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

死刑執行して何が悪いんだろ。

21日に谷垣大臣が3人の死刑囚の死刑を執行しましたね。

死刑賛成派のkyonmo的には、
「よくやった!次はいつ?何人?」
って感じなんですけど、相変わらず反対派が大騒ぎですねえ。

法律で決まってる死刑。
執行するのが仕事の大臣が、ちゃんとお仕事して何が悪い。

冤罪か否か、って争ってる囚人の刑を、速攻で執行しちゃったんならまだしも、
死んで当然な凶悪犯罪者が、死んで罪を償えるんだから、いいじゃん。

万が一、システム故障とかでヤツらが脱走したら、どうしてくれるのさ。
どんどこ執行して、死刑囚ゼロにすれば、
彼らにつぎこんでる税金が有意義に使えるよ。

人の命を奪ったヤツが、お金も払わずに「冷暖房完備・3食付き」で、
何も悪いコトしてないのに震災の被害に遭った人が、
仮設で生活に不便を強いられてるのは、まったくもって納得がいかない。

むしろ。

死刑囚って、執行までの間健康的な生活をするわけだから、
臓器提供を強制にして、
執行と同時に、病気で苦しんでいる人たちの役に立てばいいと思う。

っていったら、ダンナさんが、
犯罪者の臓器とか、欲しい人いないよ…って言った。

病気腎でも欲しいって言う人いて、社会問題になったくらいだから、
犯罪者の臓器であれ、それで自分の大切な人の命が助かるのなら欲しいって言う人、
たくさんいると思う。

死刑囚の家族には、
身内の死刑が執行されただけでなく、死後バラバラにされるなんて残酷かもしれないけど、
人さまの家族を不幸に陥れた償いがそれで出来るんなら、いいんじゃないかしら。


さらに。

死刑執行のボタンを押す係の人に、極度の精神的負担がかかる、
という特集を何かのニュースで見ましたが。

被害者家族に希望を募ったらいいじゃん。
私が被害者家族なら、喜んでボタンを押させてもらうけど。

というような事を考えた1日でした。

by kyonmo | 2013-02-22 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

山陰メディア通信社さん、ありがとう。

月イチくらいでポストに入ってる、地域の情報チラシ。

珍しくプレゼント応募コーナーがあったので、応募してみると、
a0105396_1723070.jpg

映画の鑑賞券が当たりました☆
超ラッキー(*^^)v

辺境の地にある映画館のレディースデーは水曜日なんだけど、
3月の水曜は予定が詰まってたので、
1日と20日の映画の日狙いかな~と思ってたんですよね。

これで1作はいつでも観れるってことで。

ペアじゃないのが残念だけど、
おひとり様映画にまったく抵抗ないので、大歓迎です。

映画関係の懸賞は、かなり応募しまくってるせいで、
当選率が下がってきてたから、あらたなルート開拓できて良かったです。

何、見に行こうかな。

by kyonmo | 2013-02-21 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

エルまめ生活 65

まめちゃんは基本的に「そらさんのお古」を使っています。

しかし。
良い子のそらさんが普通に使えたものを、
イタズラっ子まめちゃんは、普通に使えないことがあります。

例えば、そらさんが1番愛用していた緑のベット。
大きいオモチャだと認識したまめちゃんは、
ひっくり返して掘るわ、齧るわ、裏地を破って、中の綿をクチャクチャ食べる始末。

そらさんの遺品を破壊すると、
私に100叩きされると分かっているのに、やめません。

そらさんの大事な思い出が壊されるのが嫌になって、
まめちゃんに新品ベッドを昨年購入しました。

コレです。
a0105396_18324357.jpg

中に入ると相当暖かいらしく、初めて辺境の地の冬を経験したのもあって、
まめちゃんのお気に入りになりました。

しかし…。
a0105396_18315812.jpg

あっという間に潰してしまい(T_T)

まあ、本来、潰しても立てても使える2wayタイプだから良いかと妥協していたら。

結局、ひっくり返して掘るわ齧るわを繰り返し、
裏地を破って、一部飲み込むという事件を引き起こす\(゜ロ\)(/ロ゜)/
破れそうな所はその都度補強して、対応してたけど、
まめちゃんの牙と執念の前には、力及ばず…。

これはもう、布製のベッドはダメだという結論になり、
購入したのがコチラです。
a0105396_18404751.jpg

たまごベット。4000円ナリ。
プラスチック製ですが、90kgの男性が座っても壊れないらしいです。
付属品としてふかふかクッションが付いていましたが、
食い破られる率120%だから、押入れに保管。

見知らぬ物体が現れ、まめちゃんパニック。
エルが入るとこを見せても、中にオヤツやご飯を入れても、入ってくれません。
寒いのに、ベッドの外で小さく丸まって寝る始末。

心配症のダンナさん、日中にたまごベッドの練習をして、
夜間は昔のベットを入れてやったらと言いだす。

そんなことをしたら、夜まで我慢するに決まってるじゃないですか。
スパルタkyonmoは許可しません!

とりあえずお気に入りの茶色ベッドの、
一部食い破った裏地をすべて取り去り、それをたまごベッドにはめ込む、
という作戦を決行。

つまり、外側はプラスチックの見知らぬ物体ですが、
中は自分の臭いが染み付いた、慣れた生地なわけです。

とりあえず入って感触を確かめてみなさいよ、と、
無理やり押し込み、閉じ込めてみましたが、余計に恐怖感が増してしまい。
(当たり前か)

前がダメなら後ろからだ、と、
嫌な事をされそうになったら後ずさって逃げるまめちゃんの習性を利用し、
後ずさって逃げたらタマゴに入っちゃった、という状況を3回ほど繰り返す。

で、しばらく隣の部屋に移動し、1人にしておきまして。

30分後ふと見たら、まめちゃん、ちゃっかり入って爆睡しておりました。

長い戦いになるかと思っていた私は、
不覚にも泣いてしまいました。ホッとして。

ダンナさんにはスパルタだ!と強いコトを言いましたが、
やっぱり寒そうに小さく丸まって寝ている姿は可哀そうだったので、
何とか早く慣れてほしいと思ってたんですよね。

結局、1日半で使えるようになりました。

良かった良かった。
a0105396_195330.jpg

入口のふち、噛んで壊さないでね。

by kyonmo | 2013-02-20 23:59 | ねこ・いぬ | Trackback | Comments(0)

久々の試写会ゲット☆

MOVIX主催の試写会が当たりました☆
「ひまわりと子犬の7日間」です。
a0105396_1854271.jpg

a0105396_186929.jpg

最近ハズシまくってたので、超嬉しい!

予告見た時から見る気しかしなかった、この映画。

私と母とダンナさんの名前で応募したら、
母とダンナさんの名前で当選。

ええ、もう応募しすぎて名前がバレちゃってるんでしょうよ。

ペアでご招待、なので、
友達も誘って行ってこようと思います。
楽しみ楽しみ(●^o^●)

当日はタオル持参だな。

by kyonmo | 2013-02-19 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

売るタイミングって難しい。

先週金曜日に満期になった外貨預金。

満期が来たら速攻解約だ!と思っていたら、
最近の円安がG20で責められるという噂のせいで、
またジリジリ円高傾向に(T_T)

それでも解約してしまえば良かったのに、というダンナさんを説得して、
せめて1週間様子を見よう!と、待機。

結局、G20で問題になることはなく、
今日またグイッと円安の動きだったので、贅沢は言うまい!と心を決めて解約する。



一時はどうなることかと危ぶまれたユーロも、
自民党が政権を取ってくれたおかげで、復活してくれて(●^o^●)

3年間預けて、利子はわずかだったけど、
元本割れしなくて済んだのはラッキーだった。

一方、豪ドルは買った時より10円(1豪ドルあたり)高く売れたので、
それを考えれば、良い利子ゲットしたってことで。

同額の円定期3年するよりは、割が良かった。
基準をそこにおいて、儲けを追求してはならない。
という言葉を忘れずにいれば、痛い思いをする確率は減るよね。

でも、先週手放してなくて良かった。

by kyonmo | 2013-02-18 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケート:四大陸選手権2013 その4

BSフジで、四大陸の再放送をやってました。

今日のメインは、女子シングルFSだったんだけど、
なんと、アイスダンスのFSもちらっと放送してくれました。

地上波の時はテッサ&スコットしか見れなかったので、
メリル&チャーリーファンのkyonmoは憤慨してたんですが、
今日はしっかり放送してくれました。

メリルとチャーリーの今シーズンのFSは何度見ても本当に素敵。
鳥肌が立つ!
滑り終えたメリルが毎回、演技に入りこみ過ぎちゃってて、
戻ってくるのに時間がかかるんだけど、それもまた感動(T_T)

しかも、平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンションの演技も放送。
いやー、名前は存じておりましたが、演技は初めて見ましたよ。

しかし、そこまでやったんなら、
ブリナ・オイ&水谷太洋の演技も放送してくれよ。

肝心なところでケチなのは、フジもBSフジも同じだな。

by kyonmo | 2013-02-17 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

海外のアイスショーってすごい。

昨年末、イタリアで行われた「ICE GALA」というアイスショーを
TVで見ました。

アメリカのアイスショーは時々TVで見かけますが、
たいてい、
ちょっと狭いリンク(壁なし)で、生演奏や生歌に合わせて、
現役選手+ちょっと太ってしまってるプロスケーターが演技…な展開ですが、
(あ、決して非難してるわけじゃないですよ)
このICEGALAは初めて見る演出がたくさんありました。

日本からは町田樹、鈴木明子、村主章枝の3選手が招待されてました。
時期的に全日本の後で、明子さんは調子悪いままだったので、
ちょっと可哀そうな感じ(T_T)

飛び抜けて印象的だったのは、
天井から吊ってある2本の布を使って、アクロバティックな演技をしたスケーターと、
フープを大量に使って舞い踊ったスケーター。

前者はスケート靴はいてる意味はあるのかな?ってくらい、
ずっと布演技だったので、靴の刃で布は切れたりしないんだろうかと、ヒヤヒヤ。
だって命綱なかったし、下は氷なんだから、落ちたら間違いなく死ぬでしょ?

フープの演技は、陸上でも大概難しいだろってくらいの量を操り、
しかもちゃんと滑ってたし、スピンもしてたし、あっけにとられてしまいました。

日本でよく放送されるエキシビやアイスショーでも小道具を使う人はいるけど、
せいぜい傘や扇、帽子、椅子、くらい。
(いや、それももちろんすごいコトなんだけど)

こういう迫力あるショーの放送、もっと増えれば良いのにな。

by kyonmo | 2013-02-16 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)

郵政さん?ありがとう。

昨年10月に、郵政グループが新しくなるとか何とかで、
アンケートに答えたら記念品をくれるというキャンペーンがあったのですが。

さらにアンケート渡すときに窓口で年賀状を注文すると、
Wチャンスで粗品が当たるかも?という特典があり、
どうせ年賀状はいるし…と、注文していたのですが。

そのWチャンスに当選したそうで、カタログギフトをいただきました。
a0105396_1355387.jpg

窓口のお姉さんも、「当たった人、初めて見ました~」とな。

ありがとうございます(^-^)

カタログの中からダンナさんが候補を選び、
その候補の中から私が1個を選ぶ、という方法で、「体脂肪付き万歩計」に決定。

主に使うのはダンナさんです。



せっかく当たったんだから、
kyonmoが好きなもの選びなよ、とは言ってくれないのよね。
別に良いけど。

by kyonmo | 2013-02-15 23:59 | シゴト | Trackback | Comments(0)