タグ:映画 ( 170 ) タグの人気記事

5月に観た映画。

今月前半は、なかなか映画を観に行く暇がなくて、
どうなることかと思いましたが、
後半駆け込みで5本、観れました(*^^)v

まだ週1ペースをキープ中です。優秀!
(なんか、変な義務感に追われてる・・・)

5月に観た映画は、

⑰ 5/15 妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ (試写会)
⑱ 5/16 ラプラスの魔女
⑲ 5/23 GODZILLA決戦機動増殖都市
⑳ 5/26 のみとり侍
㉑ 5/30 恋は雨上がりのように

来月初めには試写会が連続で開催されるんですが、
私も母も、全敗。
うーん、残念(>_<)

レディースデーと、溜まったポイントを駆使するか。

ちなみに来月は、

羊と鋼の森
Vision
万引き家族
空飛ぶタイヤ
ダイナマイトスキャンダル
海を駆ける

あたりを観に行く予定です。

ナントカという賞をとった「万引き家族」と、
イイ男祭りの「空飛ぶタイヤ」は絶対観に行きますが、
6月は忙しいので、他は微妙・・・。

「猫は抱くもの」も、猫はすごく見たいけど、人間がロクなのいなくて断念。
洋画も、なかなか手が出ないし。
ま、7月は観たい映画が満載なので、7月に期待しましょう。



映画の感想(ネタバレあり)
[PR]

by kyonmo | 2018-05-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

4月に観た映画。

映画館が少ないせいで、
都会より圧倒的に公開される映画が少ない、この辺境の地。

都会で人気だった映画が、
2週間限定とかで、上映されることがしばしば。

2週間しかないと、予定が合わなくて、観れないこともあって、
すごく悔しいです。
まあ、最近は1年もすれば地上波でやってくれますけどね~。

さて、4月に観た映画は、

⑬ 4/5  リズと青い鳥(試写会)
⑭ 4/11 blank13
⑮ 4/16 いぬやしき(試写会)
⑯ 4/23 名探偵コナン ゼロの執行人

の4本です。
今月もなんとか週1ペースをキープしてるな(*^^)v

5月は観たい映画が山積みなので、
週1じゃ絶対間に合わないー。

予定では、

ラプラスの魔女
蚤とり侍
GODZILLA決戦機動増殖都市
妻よ薔薇のように(家族はつらいよⅢ)
恋は雨上がりのように

を、観に行く予定です。
キャストが豪華だから、「弧狼の血」も見ようかなと思っていたけど、
PR特番を見て、やっぱりヤクザ映画は向いてない…と気づき、諦めました。


映画の感想。(ネタバレあり)
[PR]

by kyonmo | 2018-04-29 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

3月に観た映画。

いつも映画の感想は、月末最終日にしておりましたが、
今月はもう見る予定がないので、早めにやっちゃいます。

3月に観た映画は、

⑨ 3/7  空海ーKU-KAI-
⑩ 3/11 去年の冬、きみと別れ
⑪ 3/13 坂道のアポロン
⑫ 3/20 ちはやふるー結びー

の4本でした。
週1ペース、キープ(^^♪

3月に観た4本は、どれもお金出して損はない、素敵な映画ばかりでした。
2月がひどかっただけに、救われた気分です(笑)

唯一残念なのは、
「空海」が吹き替えしか上映されなかったこと。

中国が絡んでいるだけに、セットも衣装も超豪華で、
絶世の美女と言われる楊貴妃役の女優さんが、ホントに絶世の美女だし、
ストーリーも、猫が大活躍?するし、切なく哀しい涙なくしては見れない、
素晴らしい作品であるのに!

吹き替えじゃなければ。
ああ、吹き替えじゃなければ!
もっともっと感動できた!!
字幕嫌いの私が言うのだから、間違いない。

っていうか。
自分で吹き替えをやってる染谷くんが、下手すぎる(-"-)
最初から最後までいる役だから、最初から最後までイラッとするのよ・・・。
芝居は上手くても、吹き替えはダメなのねー。

「去年の冬、きみと別れ」は、
キャストの顔ぶれで、期待度50%くらいだっただけに、衝撃でした。
しっかり、だまされました!
斎藤工は、やっぱりコウイウ役、似合うよねー(*´▽`*)

「坂道のアポロン」は原作のファンですが、
上手にカットしてまとめてあったなあと思います。千太郎がいなくなる原因とか。

キャストもイメージピッタリで良かった。
最初、ヒロインを小松菜奈がするって聞いた時は、
えー?ちょっと美少女すぎない?と思ったけど、見事にイモ感が出てた\(^o^)/

さらに、ディーン・フジオカの魅力を最大限に生かし、
セリフは極力少なめ、トランペットをノリノリで演奏、英語で歌も歌わせる!
監督、分かってる~(笑)

やっぱり青春っていいなあと思う、映画でございました。

青春と言えば、「ちはやふる」。

前作の時も叫んでましたが、
個人的なイメージでは、千早と太一はあの2人ではないんだけれども、
でも、広瀬すずは間違いなく、可愛かった。
そして、かるたも頑張ってた。
だけど、千早じゃないんだよなあ・・・(T_T)

でも今回は、
名人の賀来賢人と、クイーンの松岡茉優の魅力が存分に発揮され・・・てはいないけれど、
いい味出してたな~と思います。
スノー丸グッズで着飾った松岡茉優は最高でした。

そうそう、今年1月から始まった「anone」というドラマに出てた彦星くん、
最初見た時、「どっかでみたことある・・・。」とすっごく悩んだんですが、
北央の須藤先輩の人だったんですね。

いやー、いろんな役ができる方ですねえ。ビックリ。


さて、来月は、

blank13
さよならの朝に約束の花をかざろう
名探偵コナン ゼロの執行人
いぬやしき
リズと青い鳥


を見る予定です。

4月から仕事が増えるので、無理かもな~。

[PR]

by kyonmo | 2018-03-20 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

2月に観た映画。

寒波とインフルに怯えながらも、
今年はしっかり映画館に通えてます。

2月に観た映画は、

④ 2/6  グレイテスト・ショーマン(試写会)
⑤ 2/9  不能犯
⑥ 2/18 犬猿
⑦ 2/20 サニー/32
⑧ 2/28 今夜、ロマンス劇場で

の5本でした。
1月が3本だったので、これで週1ペースになれたな(*^^)v

字幕もミュージカルも苦手なのに、
まあ、せっかく試写会が当たったし~、と、
軽い気持ちで出かけた「グレイテスト・ショーマン」。

素晴らしかった!
心が震えた!


冒頭の5分で、感動しすぎて涙が出てきたー。
ただ歌って踊ってるだけで、まだストーリーは始まっていないのに、号泣。

これは絶対映画館の大画面・大音量で味わうべきだね。

中盤、
普通に会話すれば1分で終わるような内容を、
延々と歌い踊り続けられた時は、
「やっぱりミュージカル無理だ・・・(T_T)」と思ったけど(笑)

kyonmoの2018年ベスト洋画ランキング、暫定1位決定☆


と、素晴らしいスタートをきれた2月でしたが、
「不能犯」
「サニー/32」
は、お金を払って観たことを激しく後悔( ゚Д゚)

ミステリーとかホラーとか不可能犯罪とか大好物だけど、
途中で帰りたくなった…。
いやいや、ここから面白くなるかもと心に言い聞かせて観続けましたが、
結局、最後までガッカリ感は消えませんでした。

「不能犯」は、とにかく沢尻エリカがイモで、イライラ。
っていうか、こんなにお芝居下手だったっけ?
っていうか、警察関係全般(安田顕以外)妙にセリフが浮いてた気が。
彼らがもう少し上手くしゃべれるように、
ちょっとくらい脚本変更してあげられなかったのかしら。
あと、テット・ワダ?とかって俳優もひどかったなー。

「サニー」は、麦ちゃん以外、どーしよーもない( ゚Д゚)
っていうか、話の展開が謎。
そもそも、何でこの映画を世に出したかったのか、疑問。
少年犯罪の闇とか社会悪とかが描かれるのかと、期待して行ったのに・・・。

久しぶりに何も得るものがない映画に出会ってしまった。

kyonmoの2018年駄作映画ランキング邦画部門、
早くも1~2位が確定。

更新されないことを祈ります。



「犬猿」は、
兄弟・姉妹の確執という、どこにでもありそうな設定を、
すごく丁寧に描いてあって、
派手な盛り上がりやどんでん返しはないけど、面白かった。

窪田正孝・新井浩文の兄弟と、ニッチェ江上・筧美和子の姉妹が、
とにかく上手くて、このキャスティングした人天才!って思いました。

うーん、同性の兄弟(姉妹)って大変だな~。
うちは兄妹だから、そんなに喧嘩もしないし、嫉妬してどうこうとかもないし。
恵まれてたのかなあ~。
ダンナさんとこは男兄弟だから、いろいろ確執あるみたいだし。

「ロマンス劇場」は、綾瀬はるかの良さをふんだんに詰め込んだ、
美しい映画でした。

最近の綾瀬はるかは、昔の「天然ボケおっとり女子」ではなく、
「強くたくましい、戦う女」の役が多いですね。
似合うけど(笑)

このお話の前半の、

モノクロの世界から出てきたお姫様に、
カラフルな衣装を着せて、
この世の「美しい物」をたくさん見せるというシーン。

色とりどりのバラ、青空、ドロップ、藤棚、虹、蛍などなど。

毎日何気なく生活してるけど、
この世は本当に美しいものに溢れてるんだな~って、
感動しながら、見ました。

冒頭の、
現在のシーン(病院)で、2人の結末はある程度読めてしまいますが、
それでも、
切なく楽しいお話でした。

ツンデレの綾瀬はるかも、純朴青年の坂口健太郎も良いですが、
1番光っていたのは、スタアの北村一輝じゃないでしょうか(笑)
「ハンサムガイ」シリーズ、観てみたいです(*´▽`*)


3月は、

空海
北の桜守
坂道のアポロン
去年の冬、きみと別れ
ちはやふるー結びー


を見る予定です。
ああ、また週1じゃ足りない(-"-)

[PR]

by kyonmo | 2018-02-28 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

1月に観た映画

2017年は、目標の「年間50本」を達成できました。
さて、
2018年は、これを上回ることができるでしょうか?

というわけで、
昨年はインフルエンザが怖かったのと、大雪に阻まれたのとで、
1~2月に全然映画が観れなかったので、
今年はスタートダッシュが大事!と、1月から3本鑑賞。

まず、記念すべき最初の1本は、
昨年12月に観る予定だったのに、予想外に試写会が当たったせいで先延ばしにされた、
「オリエント急行殺人事件」です。
いきなり洋画!
ホントは吹き替えで見たかったんだけど、残念ながら早めに終了してしまったので、
字幕で見てきました。

すごい俳優ぞろいらしいのですが、
向こうの俳優さんに詳しくなく、名前と顔が一致するのはジョニー・デップくらい。
すいません<(_ _)>

オリエント急行は、
数年前にテレビでやったやつしか観たことがなくて、
それも、
松嶋菜々子が出てたことと、殺害方法くらいしか記憶になかったので、
新鮮な気持ちで見れました。

ポアロさんがけっこう武闘派で驚いた(笑)


今年2本目は、
「嘘を愛する女」試写会です。

高橋一生が謎の男を演じるとあって、お金出してでも観たい映画だったので、
試写会当たってラッキー☆

数年同棲した彼と結婚しようとしたら、突然、脳梗塞で彼が倒れ、
搬送された病院で、名前も生年月日も全部嘘だったことが判明し、
自分が愛していた男はいったい何者なのかを、
探偵の力も借り、必死に探しまくる女の話です。

昨年の「散歩する侵略者」と同じ、
「男に振り回されてキーキーなる長澤まさみ」を楽しむ映画。

あたふたする長澤まさみがメインなので、
高橋一生は、冒頭と回想シーンくらいしか出てきませんが、
やっぱり「謎の男」はよく似合います(笑)

でも、観終わって何が1番記憶に残ったかというと、
初音映莉子の、あの笑顔。
夢に出てきそうです(-"-)

今年3本目は、
「祈りの幕が下りる時」試写会です。
2週連続試写会が当たるなんて、こいつは春から縁起がいいや(*^^)v

新参者は、TVシリーズを見てなくて、
再放送か何かで、1~2話見たくらい。
でも、前回の映画「麒麟の翼」は見ました。

なので、加賀恭一郎が日本橋署にいることに、
こんなすごい意味があるなんて、全然知らなくて、感動しました。

我が子を愛する親の、凄まじい想いにただただ涙する映画でした。

ただ、松嶋菜々子を見た時の阿部寛のセリフ、
「やっぱ超キレイだな。」
の、滑舌の悪さには、心の中で大笑い。

ディーンフジオカの「久しぶりだな、鋼の。」といい勝負?

以上、1月は、
① 1/3 「オリエント急行殺人事件」
② 1/18 「嘘を愛する女」
③ 1/25 「祈りの幕が下りる時」
の3本でした。

2月は、

不能犯
今夜、ロマンス劇場で
犬猿
グレイテスト・ショーマン
サニー/32
空海-KU-KAI-


などなどを、観る予定です。

週1じゃ間に合わないなー。

[PR]

by kyonmo | 2018-01-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

2017年に観た映画。50作品。

スタートダッシュにつまづいた割には、
12月の第1週で達成しちゃいましたよ、年間50本(*^^)v

まずは、今年観た映画を振り返ってみましょう。


① 1/12 本能寺ホテル(試写会)
② 1/29 破門 ふたりのヤクビョーガミ
③ 2/2  一週間フレンズ。(試写会)
④ 3/10 彼らが本気で編むときは、
⑤ 3/11 この世界の片隅に
⑥ 3/16 ひるね姫(試写会)
⑦ 3/22 チア☆ダン
⑧ 3/29 3月のライオン 前編
⑨ 4/19 名探偵コナン から紅の恋歌
⑩ 4/25 ラストコップ THE MOVIE(試写会)
⑪ 4/26 3月のライオン 後編(招待券)
⑫ 5/10 追憶
⑬ 5/14 帝一の國
⑭ 5/15 無限の住人
⑮ 5/24 劇場版Free!絆
⑯ 5/25 ちょっと今から仕事やめてくる(試写会)
⑰ 5/29 家族はつらいよ2 (招待券)
⑱ 5/30 夜空はいつでも最高密度の青色だ
⑲ 6/3  バイオハザード・ヴェンデッタ
⑳ 6/7  花戦さ
㉑ 6/14 22年目の告白ー私が殺人犯ですー
㉒ 6/20 こどもつかい
㉓ 6/28 ハクソー・リッジ
㉔ 7/5 劇場版 Free!約束
㉕ 7/7 忍びの国
㉖ 7/9 ライフ
㉗ 7/10 パイレーツオブカリビアン(鑑賞券当選)
㉘ 7/12 メアリと魔女の花
㉙ 7/13 心が叫びたがってるんだ。(試写会)
㉚ 7/19 銀魂
㉛ 8/6  東京喰種トーキョーグール
㉜ 8/17 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(試写会)
㉝ 8/23 君の膵臓をたべたい
㉞ 8/30 ジョジョの奇妙な冒険
㉟ 9/10 関ケ原
㊱ 9/12 散歩する侵略者
㊲ 9/13 新感染
㊳ 9/23 ユリゴコロ
㊴ 9/27 三度目の殺人
㊵ 10/6  ボブという名の猫
㊶ 10/11 亜人
㊷ 10/13 ナラタージュ(鑑賞券)
㊸ 10/24 ナミヤ雑貨店の奇蹟
㊹ 10/31 ミックス。
㊺ 11/8  ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~
㊻ 11/15 特別版Free!ーTake Your Marks-
㊼ 11/22 GODZILLA 怪獣惑星
㊽ 12/5  8年越しの花嫁~奇跡の実話~(試写会)
㊾ 12/6  鋼の錬金術師

すごい邦画率(笑)
洋画、10分の1もないんじゃなかろうか。

もし来年、50本を上回る数を見ようと思ったら、
洋画を入れてかないと、絶対不可能な気がするなー。
あと、苦手で避けてきた、
「ヒロインが複数のイケメンに振り回される胸キュン系」とか。

来年はもっと、上質なホラーとかサスペンスが増えてくれると嬉しいんですけど。

では、記念すべき50作品目は!

「DESTINY 鎌倉ものがたり」(試写会)です。

大好きな堺雅人の主演です(≧▽≦)

原作は未読なので、最初予告を見た時、
ずいぶん年齢差のある夫婦だなあ・・・と思ったんですが、
それにもちゃんとした理由のあるお話でした。

いやー、それにしても、
VFXってすごい!
って、ハガレンの時にも書いたな(笑)

あの世って、あんなに美しいところだったんだ。
ってのが、1番の印象です。

私は辺境の地に住んでるので、
「鎌倉?えっと、何県にあるんだっけ?都会の方だよね?」
くらいの知識しかないのですが、(いい大人なのに)
「海街ダイアリー」とか「鎌倉けしや闇絵巻」とか、
私の好きな漫画家さんがよく鎌倉を舞台にしたお話を描いてるので、
鎌倉のイメージって、ある程度出来上がってます。

ちなみに、
我が辺境の地も、妖怪と同居できる街なんですけどね。
映画の舞台になるほど、歴史はないんですよね(^^;

堺雅人は言うまでもなく良かったけど、
それ以上に、安藤サクラの死神が最高でした。


さて、2018年は何本映画が観れるかな~。

とりあえず、1月は。

オリエント急行殺人事件
ジオストーム
嘘を愛する女
祈りの幕が下りる時


を観る予定です。

試写会が当たりますように。

[PR]

by kyonmo | 2017-12-07 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

『鋼の錬金術師』

今年49本目の映画は「鋼の錬金術師」です。

実写化が発表された時、まだ私は原作未読だったので、
「ふーん、何やら大不評だな。
とりあえず、ディーン・フジオカ(←お気に入り)だけでも観に行くか。」
程度の注目だったのですが、
その後、
心の友から原作とアニメを見せてもらい、
続々と発表されるコスプレ俳優の画像や、映画の予告を見るたび、
「駄作の気配しかしない(;゚Д゚)」
と、逆に楽しみになったものです。


さて、念願のハガレンを見た感想は。

「VFXってすごいねー。」

かな(笑)

アルの役を、本当の鎧で演じたら、
中の人、すんごくたいへんだもんね。


この長い話を2時間で収める工夫を感じましたが、
続編を作りたいなら、悪の親玉はハクロ将軍じゃダメだよね。
続編でいきなりブラッドレイ総統がでてくるのだろうか。
続編作るなら、アームストロングも欠かせないよね。

誰がやるの?(笑)

それと、
クズ人間を演じるには定評のある大泉洋が、
きちんとクズ人間をやり遂げていて、
松雪姐さんが、魅力全開にラストを楽しんでいて、
想像以上に役にピッタリだった佐藤隆太を、心から褒めたい感じです。

で、
黙ってれば文句なしで可愛い本田翼が、
べらべらしゃべって作品を台無しにしていて、
黙ってれば文句なしでかっこいいディーン・フジオカが、
べらべらしゃべって、作品を別の方向に面白くしてました。

冒頭の「久しぶりだな、鋼の。」のセリフでさえ、言えてないし(笑)
でも、予告で何回も聞いてたから、ショックは小さかった。


方々で酷評されてますが、
観た後にあーだこーだとワイワイ騒げるので、
私は観て良かったです(≧▽≦)


さて、
記念すべき50作品目は!
「DESTINY 鎌倉ものがたり」
です。

試写会が当たったので、明日観に行ってきます。

[PR]

by kyonmo | 2017-12-06 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

『8年越しの花嫁~奇跡の実話~』

年間50本映画を観るぞ!を目標に、せっせと映画館に足を運び、
11月30日の時点で47本、見終えました。

さあ、カウントダウンです(≧▽≦)

今年、48本目の映画は、
「8年越しの花嫁~奇跡の実話~」です。
試写会が当たりました。

タイトルと予告から、

・結婚を目前に、花嫁が病気で意識不明に。
・必死の看護の末、目覚めるも、花嫁が記憶喪失
・なんだかんだで、別れることに
・でも、最後には上手くいく

という、かなりの内容が事前に分かっているせいで、楽しめるのか疑問でしたが、
いやー、見ごたえはありました。

結婚間近で、幸せいっぱい元気いっぱいの花嫁(土屋太鳳)が、
珍しい難病にかかり、倒れ、暴れて、その後寝たきり状態になるというあたりは、
太鳳ちゃんの力いっぱいの演技と、特殊メイク?のおかげで、
胸が痛くなりました。


でも、佐藤健好きの友人とも話したのですが、

目が覚めたら記憶喪失だったとしても、
横に佐藤健がいて、「君を愛してる、目が覚めるのを待ってた」と言い、
一応記憶にある両親が、「彼はこんなにお前のために尽くしてくれてたんだぞ」とお墨付きをくれたら、
「うん、じゃあ結婚する!」
と、ワタシなら、言うよ(*´▽`*)

ちなみに、佐藤健好きの友人も同意してくれました(笑)

まあ、贅沢を言えば、
佐藤健じゃなく上川隆也だったら、両親が反対してても、喜んで結婚する!


話がそれた。


最初、タイトルを見た時、
花嫁は8年間目覚めなかったのかと思ったんだけど、
意識不明だったのは2年くらいで、後はリハビリとか、別れてた時間だったんですね。

8年じゃなくて2年だったとしても、
いつ目覚めるか分からない恋人を待ち続けるのは、簡単ではないのですけど。

映画では、
花嫁の両親はずっと出てましたが、
花婿側の両親・家族は(結婚式の時以外)1人も出てこなかったので、
まず反対するであろうその人たちとの闘いをまったく描かないのはどうなのかな?と、
ちょっと思いました。
美談にしすぎじゃないかな?って。
新郎側のご家族も、応援してくれてたのかな?

それと、待つ側が男か女か?というのもありますよね。

待つ側が女性だった場合、周囲の反対はもっとありそう。

偏見ですかね?


明日はハガレンを観に行きます。
いろんな意味で、超楽しみ(^^♪

[PR]

by kyonmo | 2017-12-05 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

11月に観た映画。

2017年も、残すところあと1ヶ月ですね。
「年間50本映画を観る!」
と、目標を定めて、はや11ヶ月。
ようやくゴールが見えてきました(*^^)v

11月に観た映画は3本です。

㊺ 11/8  ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~
㊻ 11/15 特別版Free!ーTake Your Marks-
㊼ 11/22 GODZILLA 怪獣惑星

これで、残りは3本。
余裕だな。

余談ですが、
最近、アニメ映画にはオマケが付くことがあります。
当然選べないので、開けてガッカリの方が多いのですが、
今回はついに、
a0105396_15383930.jpg
怜ちゃんが出ました(≧▽≦)
わーい!

渚か怜の2択の週に行ったから、でる確率は50%だったんだけどね。


12月は、

鋼の錬金術師
オリエント急行
鎌倉ものがたり

を観る予定です。

これで、50本達成!

[PR]

by kyonmo | 2017-11-30 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)

10月に観た映画。

なかなか映画の感想が書けないなーと言い始めて、
3ヶ月経った…。

なんだか余裕のない生活を送っている今日この頃。
いかんいかん!
人生1度きりだぞ(-"-)

というわけで、映画に関しては、
体に鞭打ってでも出かけております。

10月に観れたのは、

㊵ 10/6  ボブという名の猫
㊶ 10/11 亜人
㊷ 10/13 ナラタージュ(鑑賞券が当たった)
㊸ 10/24 ナミヤ雑貨店の奇蹟
㊹ 10/31 ミックス。

の5本でした。

最近、試写会は少ないし、出しても当たらないし、
有料鑑賞が増えているけれど、
10月に観た5本はどれも、お金出して損はない映画ばかりでした。

年末にかけて、
お子ちゃま用アニメ映画が増えてくるので、
11月中にしっかり見ておかねばです。

11月に観る予定の映画は、

特別版Free!
ラストレシピ
怪獣惑星GODZILLA


です。

目標の年間50本達成まであと6本。

12月に、

鋼の錬金術師
鎌倉ものがたり


は、観る予定なので、
あと1本。

何を観ようか・・・。

ポリシーをまげて、胸キュン系を観るか?
いやいや、試写会ならまだしも、お金出してまでは。ねえ。

洋画でも観るか。
字幕苦手だけど(-"-)

[PR]

by kyonmo | 2017-10-31 23:59 | お芝居 | Trackback | Comments(0)